トップページ > 電波新聞拾い読み > 2010年6月

電波新聞拾い読み 2010年6月

パナソニック 太陽電池に本格参入

 パナソニックグループは、太陽電池事業に本格参入する。「住宅用太陽光発電システムHIT215シリーズ」を7月1日に発売。12年度には国内で450MW販売を目指しトップシェアとなる35%以上に引き上げる。15年度に世界でトップ3を目標に掲げる。

2010年6月1日


三菱電機 3D対応レーザーリアプロテレビを夏に

 三菱電機は5月31日、液晶テレビの新商品発表と併せ、夏に3D対応テレビを国内発売すると発表した。米国で発売しているレーザーリアプロテレビを国内投入するもので、秋口には3D対応のBD・HDD内蔵液晶テレビを投入する。

2010年6月1日


シャープ 3Dテレビに参入

 シャープは5月31日、独自の4原色液晶技術「クアトロン」を採用したテレビ「AQUOSクアトロン3D」LVシリーズ4機種を7月30日に発売し、3D対応テレビ市場に参入すると発表した。

2010年6月1日


ティアック レコードなどの音源を手軽にCD-R化

 ティアックは、レコードやカセットテープをCD-R/RWに手軽にダビングできるターンテーブル付きCDレコーダの新製品、LP-R450/LP-R480を今月25日から発売する。
 同製品は、ラジカセ間隔でアナログレコードやカセットテープ、ラジオからの音源を音楽用CD-R/RWに簡単にダビングできる。CD-Rへの録音時に便利なオートトラック機能を搭載する。
 手持ちのオーディオシステムやカーオーディオでの再生に加え、携帯オーディオへの転送もパソコンを使って簡単に行える。
 長期保存で磁気転写や減磁、品質劣化などの影響を受けやすいカセットテープや保管が難しいレコードは、CD-R化することで、さらに長期に保存が可能になる。

2010年6月1日


6月1日 電波の日

 6月1日は電波の日。1950年6月1日の電波法・放送法・電波監理委員会設置法施行を記念して51年に制定された記念日で、60年の節目を迎えた。
 LTE元年となる今年の情報通信月間は(5月15日-6月15日)のテーマは「夢が広がる、世界とふれあう、デジタル・ニッポン」で、情報通信月間推進協議会と総務省が一体になり、全国各地で300件の行事が実施される。


 電波法が制定された50年の無線局数は5000局ほどで、放送局や警察無線など公的なものに限定されていた。85年に電気通信が自由化され、携帯電話が属する移動通信分野の民間利用が急拡大して今や1億局を突破し、誰もが無線局を活用する時代を迎えている。
 地デジ化は、利用数が増え続ける電波をさらに有効活用する目的で実施されている。完全移行を目前に、地デジテレビは電子産業全体を活性化するパワーを発揮している。アナログテレビでも地デジが受けられるチューナなども準備され、スムーズな移行に向けた取り組みが本格化している。
 国内では、VHF、UHFのアナログテレビ放送で使われている90-108MHzと170-220MHz、470-770MHzが有効利用の対象となる。VHF帯が放送・自営通信に、UHF帯のうち710-770MHzが自動車向けのITSと携帯電話などの電気通信に割り当てられる。
 従来の簡易無線局や、ラジコンに利用されている無線も、混信を防ぐ目的と、年々増加する利用数に対応するため、デジタル通信方式の導入が本格化した。
 従来の音声通話中心からデータ伝送システムとしての利用、レンタル需要への対応など、新しい活用シーン創造が期待されている。
 "5つの電波新産業創出"を目指した動きもある。@LTEやWIMAXなとのモバイル環境や、スーパーハイビジョン衛星放送などを実現する「ブロードバンド無線」A非接触ブロードバンドや電源の無線化を実現する「家庭内無線」。超小型・薄型端末や眼鏡タイプディスプレイなどを実現する「インテリジェント端末」B気象向け広域センサーネットやレーダー・車と車間の通信、列車・航空無線などによる「安心・安全無線システム」C体内埋め込み無線LANやロボット操作など「医療・少子高齢化対応」 − の5つ。
 新規の技術開発を伴うもので、先進のブロードバンド環境が開発の基盤となる、日本だから取り組める最先端の取り組みとなる。戦略をまとめた電波政策懇談会では、無線インフラ、無線基本サービスをベースに、アプリケーションサービス、無線新サービスと関連分野普及を加えた市場規模は、20年には80兆円を超えると予測している。

2010年6月1日


コンピュテックス台北開幕

 ICT(情報通信技術)の最先端の成果を反映した製品が出展されるコンピュテックス台北が1日に開幕した。30年の節目を迎えた今回は新規商材も多く、電子ブックリーダ、タブレットPC、3D映像、高速通信などが注目を集めている。高速化・無線化・小型化・大容量化に呼応して変革を遂げた技術、途上国にも広がる市場変貌を背景に、台湾電子産業界では"200億ドルの商機"と期待している。

2010年6月2日


スパコン世界ランキング 中国製「星雲」初登場で2位

 世界の高性能スーパーコンピュータランキング「TOP500」最新版5月31日に発表された。LINPAK(最大性能)ベンチマークにより世界最速にランキングされた機種は、前回(09年11月)に続いて米クレイ社製の「ジャガー」。2位には中国メーカ曙光の「Nebulae(ネビュラ=星雲)」が入った。
 初登場で2位に入った曙光の「ネビュラ」は、インテルのプロセッサ「X5650」とエヌビディアのGPU「テスラC2050」を搭載したブレードシステムで構築。LINPAKでは、クレイの「ジャガー」に及ばなかったものの、理論ピーク性能は2.9843ペタFLOPS(1秒間に2984兆回の浮動小数点演算処理)でトップに立つ。
 中国製では、国防科学技術大学(NUDT)の「天河-1」が7位に入ったほか、上位500位内には24機種が入り、米国(282機種)、英国(38機種)、フランス(27機種)に次いでドイツと並ぶ4位。日本勢は、日本原子力研究開発機構に導入された富士通の「BX900」の22位を最高位に、18機種が入った。

2010年6月2日


米アップル iPad、200万台突破

 米アップルは5月31日、同28日に日本を含む米国外でも販売が始まった多機能携帯端末「iPad」の世界販売台数が累計200万台を突破したと発表した。ジョブズCEOは声明で「世界中の顧客が魅力を体験し、愛してくれている」などと手応えを示した。

2010年6月2日


日立GST 厚さ7mmの2.5型HDD3種

 日立GSTは1日、厚さ7mmの薄型、軽量2.5型HDD「Zシリーズ」の3製品を発表した。
 新製品は、低消費電力、提唱劇製、低騒音などの特徴を持つ。7mm厚の1枚円板構成で、最大容量320GBを実現。
 ノートPC向けTravelstar Z7K320は業界初の毎分7200回転を実現。リート/ライト動作モードで1.8W、ローパワーアイドル時0.8Wの低消費電力。音楽や映画の視聴に配慮した低騒音特性を持つ。
 同Z5K320は毎分5400回転。低消費電力と環境に配慮した。
 CinemaStar Z5K320は、業界初の情報家電機器向け7mm厚製品。7mm厚で最も低騒音を実現した。
 日立GSTは、従来の9.5mm厚の2.5型HDDから7mm厚の製品への移行を先導する。

2010年6月2日


JPCAショー開幕

 電子回路関連技術の総合展示会「JPCAショー2010」が東京ビッグサイトで2日、開幕した。会期は4日まで。関連展示会としてラージエレクトロニクスショー2010、2010マイクロエレクトロニクスショー、JISSO PROTEC2010も併催される。08年後半からの世界同時不況を達し、新たな成長を期して、454社が1483小間で最新技術を紹介するとともに、中長期成長戦略を創造する。
 高密度化、高機能化に向けた技術ロードマップの進展に加え、LED、太陽光発電、エコカーなどの環境、省エネ市場に対応した技術が公開されている。主催者のJPCAでは国内外から10万人を超える来場者を期待している。

2010年6月3日


地デジ パラグアイも日本方式

 総務省は2日、南米のパラグアイが地上デジタルテレビ放送の規格として日本方式の採用を決めたと発表した。

2010年6月3日


世界半導体売上げ 4月単月で過去最高

 米半導体工業会(SIA)が1日発表した4月の世界半導体売上げは、前年同月比50.4%増、前月比では2.2%増の236億ドル。単月売上げとしては、07年11月のの230億7000万ドルを上回る過去最高額となった。
 SIAでは、現在の半導体売上げの伸びを支えている要因として、世界的に第3世代携帯電話の普及が進んでいることや継続的なインフラ投資、さらに企業や自動車、産業分野で需要が回復していることなどを挙げる。
 ただ、以前予想したとおり、世界的な景気低迷で大幅に落ち込んだ09年に対しての著しい伸び幅、また前月比ベースの伸びも若干緩やかになってきており、今後は通常の季節的パターンに戻る、とSIAでは予想している。

2010年6月3日


NHK 衛星デジタルチューナを貸与

 NHKでは1日、山間部などで地上波が届かないため、現在衛星アナログ放送で番組を視聴している世帯に対し、衛星デジタル放送のチューナを貸与する方針を発表した。
 11年7月に地上波と同時に予定している衛星アナログ放送の完全デジタル化に伴う措置。対象は約3000世帯。

2010年6月3日


ソニーがCDラジカセ

 ソニーは、便利な機能を数多く搭載し、使いやすさにこだわったCDラジカセCFD-A110(市場推定価格2万円前後)を6月21日から発売する。
 新製品は、03年に発売以来、特に50歳代以上のユーザから好評を得ているCFD-A100TVから、アナログテレビ放送音声受信機能を除いたもの。
 住んでいる地域のカードをセットするだけで、その地域の主要な放送局を自動設定できる「カード式簡単放送局設定」や、ラジオ、CD、テープ、それぞれの操作ボタンを独立させて配置し、程よいクリック感が伝わるソフトタッチを採用した「光るソフトタッチボタン」、けいこ事の録音やカラオケ練習にも使いやすい「録音マイク内蔵&外部マイク対応」などが特徴となっている。

2010年6月3日


HLDS 光学ディスクドライブとソリッドステートドライブコンボ製品

 日立製作所と韓国LGエレクトロニクスの合弁企業、日立LGデータストレージ(HLDS)は、世界初の光学ディスクドライブ(ODD)とソリッドステートドライブ(SSD)のコンボ製品「HyDrive」を発表した。
 「HyDrive」は、SSD容量32GBバンド64GB版の2種類があり、それぞれSATA3.0Gbit/秒のインターフェースに対応する。
 HLDSでは11年3月に、256GB SSD搭載、SATA6.0Gbit/秒対応の第2世代製品をリリースする予定。
 台湾のASUSも「HyDrive」の採用を決定しており、第1世代製品はオールインワンPC「Eeeトップ」シリーズに搭載。また、第2世代製品もノートPC「N61DA」に採用する計画という。
 HLDSは、01年に日立とLGが合弁設立した光学ドライブ専業企業。設立から9年間、世界の光学ドライブ市場でシェア1位を維持している。

2010年6月4日


三洋電機 ポータブルナビ上位機種

 三洋電機コンシューマエレクトロニクスは、ポータブルナビゲーション「ゴリラ」・ライト」の上位機種NV-LB60DT(実売想定価格5万5000円戦後)を9月1日から、また、AV一体型インダッシュナビ「AVゴリラ」の新製品NVA-GS1610FT/1410DTを6月25日発売する。
 LB60DTは、昨年11月に発売してヒットした「ゴリラ・ライト」第1弾のLB50DTの上位モデル。モニターサイズは、同じ5.0型ワイドながら、新たにナビゲーション起動時に素早く自社位置を測位するクイックGPS搭載、大容量8GB SSD地図ソフト搭載、GPSが受信できない環境でも、高精度に自社位置を表示するゴリラジャイロ2搭載、高速処理CPU採用など、ナビゲーション機能の充実、使いやすさの向上を図った。
 GS1610FTは、16GB SSD、地デジチューナ内蔵で、実売想定価格14万円前後。GS1410DTは8GB SSD、ワンセグチューナ搭載で、実売価格12万円前後。

2010年6月4日


日本エイサー ゲートウェイブランドのノートPC

 日本エイサーはゲートウェイブランドからデジタルエンターテインメント向けノートPC「NV53A-H32D/S」を発売した。店頭想定価格は7万円前後。
 新製品は、15.6型16対9のHD液晶ディスプレイを搭載。CPUにAthlonUデュアルコア・プロセッサN330を採用。メモリーはDDR3 2GB、HDD容量は500GB、グラフィックスにATI Radeon HD4250を搭載。

2010年6月4日


NEC/NECアクセス WiMAXルータ

 NECとNECアクセステクニカは、WiMAXサービスに対応することで、回線工事なしにインターネット接続が可能なホームWiMAXルータ「エータームWM3400R」を商品化、7月下旬から販売を開始する。
 新商品は、回線側も宅内側も無線接続でインターネット利用が可能なダブルワイヤレスのルータ。宅内でWiMAXサービスをブロードバンド回線として使用することを想定し、下り最大40Mbps、上り最大10MbpsのDSL回線並みの高速通信が可能。
 IEEE802.11n/11b/11g規格の無線LAN機能を内蔵しており、WiMAXサービスの1回線契約でパソコン、ネットワーク対応テレビ、無線LAN対応携帯電話、ゲーム機など複数機器のインターネット接続が可能。LANポートも付いており、有線LANも使用できる。

2010年6月4日


パナソニック デジタル一眼カメラ

 パナソニックは、デジタル一眼カメラの新製品として、コンパクトで簡単操作を実現したエントリモデル「LUMIX」DMC-G10K(標準ズームレンズ付き)を18日に発売する。実売想定価格は7万円前後。
 ライブビューファインダとホールディング性高いグリップデザインの一眼レフスタイルながら、ミラーレス構造などで小型・軽量化を追求し、ボディ重さ約336gという世界最軽量を実現した。
 また、コンパクトカメラでも好評の「おまかせiAモード」を搭載。「超解像技術」「自動シーン判別」「暗部補正」「追尾AF」「デジタル赤目補正」「全自動逆光補正」「個人認識」機能により、失敗のない写真が、誰でも簡単に撮影できる。
 写真撮影に加え、Motion JPEG動画記録に対応し、1280×720のハイビジョン動画撮影が可能。モードダイヤルを切り替えることで、誰でも簡単に動画撮影が楽しめる。
 小型・軽量・高性能な標準ズームレンズ(14-42mm/F3.5-5.6)を同梱している。

2010年6月8日


東芝 3Dブルーレイ再生のノートPC

 東芝は、ノートPCとして業界で初めてブルーレイ3Dタイトルの再生機能を搭載した3D対応の「dynabookTX/98MBL」を、7月下旬から発売する。想定価格は25万円前後。
 新製品は、NVIDIAの3D機能を採用し、ブルーレイ3Dタイトルも再生可能なプレーヤソフト「WinDVD BD for TOSHIBA」を搭載する。
 ディスプレイは、120Hz倍速駆動方式の15.6型ワイドLED液晶。3D表示はアクティブシャッタ方式で、倍速駆動方式の液晶画面が左目用と右目用の映像を1秒間に60コマずつ交互に高速に映し出すと同時に、同梱のワイヤレス3Dグラス着用により、3Dグラスが各コマと同期して、左右交互に高速開閉することで立体視化する。
 グラフィックスプロセッサ「NVIDIA GeForce GTS 350M」と1GBビデオRAM搭載によって、ゲームなどの3D映像高速に処理する。

2010年6月8日


ノジマ アリオ北砂店オープン

 コジマは4日、同日オープンしたショッピングセンター「アリオ北砂」内に「アリオ北砂店」(東京都江東区北砂2)をグランドオープンした。
 「アリオ北砂」は、都営新宿線西大島駅から南へ徒歩約10分。明治通り沿いにあり、アクセスも良い。
 フロア全体の照明にLED電球を使用、空気清浄機も天井とフロア併せて27台配置、「省エネ商品への提案につながっていけば」と高尾店長は話す。
 462平方メートルとコンパクトな売場だが、150台以上のテレビを展示。店頭には3Dテレビを体験できるコーナーもある。
 人員は約40人体制。

2010年6月8日


米アップル iPhone4、24日発売

 米アップルは7日、多機能型携帯電話機「iPhone」の新製品「iPhone4」を、24日に日米など5カ国で発売すると発表した。刷新されたOSと自社開発の高性能半導体を武器に、ビデオ通話機能を新たに導入したほか、複数のソフトを並行作動できるのが特徴。
 新製品は、小型カメラを前後両面に装備。解像度を4倍に高めた動画閲覧機能を楽しんだり、動画を送りながら通話したりなど、多彩な活用法が想定されている。また、人気の電子書籍や楽曲、Webサイト、電子メールなどの複数機能を同時に立ち上げたり、交互に迅速に切り替えたりできる。
 厚さは9.3mmと現行製品に比べてスリムな外観。バッテリ性能が最大4割アップし、動画で連続10時間再生が可能という。
 米国での最低価格は199ドル(約1万8200円)で、日本での価格も近く公表予定。

2010年6月9日


5月の国内携帯・PHS契約数 4%増、1億1713万件

 電気通信事業者協会(TCA)が7日発表した5月末の国内携帯電話・PHSの契約数は1億1713万2900件で、前年同月比3.9%の増加。携帯電話だけでは1億1318万9500件で、同4.7%増加した。
 事業者別純増数は、ソフトバンクが25万1100件、次いでNTTとコモが11万3200件、イー・モバイルが5万5800件、KDDIが5万4700件となった。

2010年6月9日


ソニー PC夏モデル

 ソニーは、パソコン「VAIO」の夏モデルとして、テレビ視聴・録画ソフト「ギガ・ポケット・デジタル」による視聴・録画機能の強化に加え、性能やカラーバリエーションを充実させた、ボードPC(2シリーズ)とノートPC(6シリーズ)を今月19日以降順次発売する。
 新製品は、フルHD液晶でテレビを楽しむ利便性が向上した。デジタルテレビチューナにAVCトランスコーダを2個搭載することで、2番組同時録画ができるだけでなく、同時に録画された2つの番組をそれぞれ長時間モードで録画できる。
 Jシリーズは21.5型フルHD液晶搭載で、テレビ、レコーダとしても使える1台3役のボードPC(VPCJ119FJ/B・W、VPCJ118FJ/BI・WI・P、VPCJ117FJ/BI・WI・P)。
 録画は。約1TBのHDDに最長約571時間、ブルーレイディスクに最長約33時間の記録が可能。奥行き18.5cmで、キーボードを液晶下に収納できるコンパクトなデザイン。キーボードとマウスは無線時を選択できる。
 指で直感的な操作ができる光学式タッチパネル機能も搭載と、Windows7のタッチ機能を生かせる。タッチ対応お絵かきソフト「YouPaint」も搭載。直感的なアプリケーション選択が可能なランチャ「バイオ・ゲート」など、タッチパネルを活用した様々なアプリケーションも搭載している。

2010年6月9日


NEC PC夏モデル 7タイプ60モデル

 NECは8日、個人向けPCの夏モデルを発表した。ノートPC「LaVie」、デスクトップPC「VALUESTAR」シリーズ7タイプ60モデルを商品化し、17日から順次発売する。
 想定価格は、ノートLL370/BSが14万5000円前後、デスクトップVW970/BSが24万5000円前後など。
 ノート型では、地デジの視聴・録画が手軽に楽しめる15.6型ワイドのエントリモデル「LL770/BS」「LL370/BS」、ワイヤレスTV機能を搭載する16型ワイドの上位モデル「LL870/BS」を新たに商品化。
 テスクトップでは、TV機能搭載の一体型で23型ワイド・フルHDの「VALUESTAR W」や、TV機能搭載のスタイリッシュな省スペース型「VALUESTAR N」などを用意した。
 全モデルに「Office2010」を搭載。

2010年6月9日


アイコム 特定小電力トランシーバ

 アイコムは、一段と省電力化を進めたハイエンド向け特定小電力トランシーバIC-4810(4万1790円)を今月中旬から発売した。
 徹底した省電力設計により、一度の充電での連続使用時間は約46.5時間を実現した。しかも、音声出力回路の改善により、騒音に負けない700mW(内部スピーカ時)の大音量出力を可能にしている。
 混信時に自動でチャンネルを移動する「サブチャンネルスキャン機能」や、緊急時の迅速な連絡をサポートする「エマージェンシー機能」などを搭載したほか、無線機/VoIPコンバータVE-PG2(別売)を利用したIP回線への接続にも対応する。VoIP接続によって通話範囲の拡張が行える。
 最高水準の防水・防塵性能(JIS7防浸形、JIS5防塵型)を有し、業種・シーンを選ばず使用できる。

2010年6月9日


パナソニック 152V型など3D PDP3機種を業務用ルートで来月から

 パナソニックは9日、152V型、103V型、85V型の、世界初の超大画面フルHD・3D対応PDP3機種の受注をグローバルの業務用ルートを対象に7月1日から開始すると発表した。今秋から日米を皮切りに市場導入し、グローバルに展開する。
 参考価格は103V型が750万円前後、85V型が500万円前後、薄型ディスプレイとしては世界最大となる152V型は5000万円以上になるもよう。
 新製品は、民生用の「3Dビエラ」で実現しているネイティブコントラスト500万対1による圧倒的な「黒」の再現力や高速駆動技術、二重像低減技術などをプロ仕様3Dディスプレイ向けにさらに進化。人物も実物大で表示できる152V型では、発光時間を従来の4分の1に低減する「超・高速駆動」を実現した上、4K2K(4096×2160,884万画素)の高精細表示も実現する。

2010年6月10日


富士通 PC夏モデル21機種

 富士通は9日、個人向けPC「FMVシリーズ」のラインアップを一新。計8シリーズ21機種を夏モデルとして発表した。17日から販売する。
 想定価格は、デスクトップPC「FH550/3AM」が20万円前後、「FH900/5AD」が22万8000円前後など。
 新製品はの液晶一体型「FH550/3AM」は、世界初の「3つの3D体験」を実現。3Dコンテンツを「見る」、2D映像を3Dに「変える」。内蔵のWebカメラでオリジナルの音声付き3D動画や写真を「作る」という、3つの体験ができる。
 エンターテインメント液晶一体型「FH900/5AD」は、フルハイビジョン対応の23型ワイド液晶を搭載し、デジタル放送をフルハイビジョン画質のまま2番組同時に長時間録画が可能。
 1TBのHDDを搭載し、最大約865時間の録画ができる。

2010年6月10日


レノボ PCを6機種

 レノボジャパンは8日、コンシューマ向けPCの新製品6機種を発表した。  ノート型は、IdeaPadシリーズ「Z560」「U160」の2機種、デスクトップは、IdeaCentreシリーズ「B305」「K320」、Lenovoシリーズ「C200」「H320」の4機種。
 25日から順次発売する。想定価格は、「Z560」が9万-13万円台、「U160」が7万-9万円台、「B305」が7万-9万円台など。
 ノート型「Z560」は、マルチメディア環境に適したメーンストリームモデル。15.6型ワイドの高解像度液晶を搭載。音響効果も重視。ブルーレイを搭載し、充実したエンターテインメント環境を提供。
 「U160」は、インテルの新しい超低電圧(ULV)高性能プロセッサを採用。最薄部22.5mm、約1.25kgの薄型・軽量。約7時間駆動を実現する。

2010年6月10日


NEC 09年度22万台のPC再資源化

 NECは9日、09年度中に約22万台の使用済みPCやディスプレイを回収し、再資源化を行ったと発表した。
 回収台数の内訳は、事業系が約11万台、家庭系が約11万台。
 資源再利用率は、デスクトップPCで80%、ノートPC52%、CRTディスプレイ67%、液晶ディスプレイ62%となっている。

2010年6月10日


日本エイサー デスクトップMシリーズ3機種

 日本エイサーは、デスクトップMシリーズの新製品3機種を、11日から順次発売する。
 M3910シリーズは、DVD鑑賞、ネット検索、動画編集まで、パワフルに実行するスタンダードモデル。
 CPUにインテルCore i3-540/i5-650プロセッサを採用。メモリーはDDR3 4GB、HDDは500GB/640GBを搭載。プロセッサ内蔵のインテルHDグラフィックスがクリアな描画性能を発揮する。
 M5910シリーズは、ハイスペックモデル。
 CPUにインテルCore i5-750プロセッサを採用。メモリーはDDR3 4GB、HDDは1T6Bを搭載。グラフィックスカードにNVIDIA GeForce GT320を搭載。

2010年6月11日


ソニー ブラウン管TV使用中止を呼びかけ

 ソニーは10日、90年末までに生産したブラウン管カラーテレビのうち長期使用による内部部品の劣化で、発火につながる可能性があると発表した。使用中止を呼びかけている。

2010年6月11日


米モトローラ 手のひらサイズのスマートフォン

 米モトローラは、「アンドロイド」OSの最新版「2.1」を採用した手のひらサイズのスマートフォン「FLIPOUT」を発表した。
 同製品は67×67×17mmの正方形の端末。2.8インチのマルチタッチ対応ディスプレイパネルを搭載するほか、スライド時で回転可能なQWERTYキーボードを装備。重量は120g。
 モトローラ独自のモバイル・データ同期サービスに対応しており、フェイスブックやマイスペース、ツイッターなどのSNSサイトからの各種データを同期、表示することが可能。
 グーグルの各種サービスを利用できるほか、グーグルが提供するアプリ販売サイト「アンドロイド・マーケット」に接続可能。300万画素カメラ、MP3機能なども備える。

2010年6月14日


日本HP PC夏モデル

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、個人向けノートPCの夏モデルとして15.6型ワイド液晶を搭載する4機種を発売した。
 「dv6i」はインテルの最新プロセッサは搭載するハイパフォーマンスモデル。ブルーレイなどの選択が可能。「dv6a」はAMDの最新プロセッサを搭載する、コストパフォーマンスの高いスタンダードモデル。「dv6p」はアルミニウムを採用した、高級感のあるメタリック筐体のプレミアムモデル。「G62」はシンプルなデザインに基本機能を装備した、低価格のスタンダードモデル。

2010年6月14日


フィリピン 地デジ、日本方式を採用

 日本地上デジタルテレビ放送方式が日本以外のアジアで初めてフィリピンで採用されることになった。11日、フィリピンの電気通信委員会(NTC)が採用を決める規則に署名した。

2010年6月14日


東芝 ノートPC 23モデル

 東芝は、ノートパソコン「dynabook」の新製品として、全モデルにLED液晶ディスプレイを採用した6機種23モデルを17日から順次発売する。
 新製品は、CELL技術を応用した映像専用エンジン搭載でAV性能の高いQosmio V65(店頭想定価格18万円前後)、入力がしやすいタイルキーボードや「harman/kardonステレオスピーカ」搭載のハイスタンダードなTX(同17万円前後)、地デジチューナ搭載でオーディオなども含め、1台で4役の充実した機能搭載のTV(同15万円前後)など。
 新製品のうち、4機種11モデル(V65、TX、TV、EX/66・56)に、DVDの映像をHD解像度にアップコンバートする独自の超解像技術を搭載した。
 また同4機種には、デジカメ映像や写真、音楽ファイル、「YouTube」の動画を、リビングなどのテレビに無線LANで出力できる機能を搭載。ケーブルでつながなくても、すぐに大画面でオリジナル映像を楽しめる。
 OSは「Windows7」。32ビット版と64ビット版を選べるセレクタブルOS搭載モデルも増やした。全モデルに利便性が向上した「Office Home and Business 2010」か「Office Personal 2010」を搭載する。
 TXは画面サイズ16型。インテルCorei5-450Mプロセッサ(2.4GHz)、HDD 500GB、メモリー4GB搭載。

2010年6月15日


ASUS タッチスクリーンPC

 ASUSは、EeePCシリーズで指先タッチの直感的な操作ができる、オールインワンPC「ET1610PT」を発売した。想定価格は5万2800円。
 新製品は、薄さ2.4cmのコンパクトでスリムな設計。家中どこにでも設置でき、指先だけで手軽にインターネットやビデオチャットなどを楽しめる。
 15.6型ワイドのタッチスクリーン液晶ディスプレイを搭載。OSにウインドウズ7HomePremium32ビット正規版、CPUにインテルAtomプロセッサD410を採用。メモリーは2GB、HDDは約250GB。

2010年6月15日


乾電池夏商戦 各社、独自の販促策

 夏の需要期を迎え、乾電池各社が、キャンペーンなど独自の販促策を打ち出し、店頭を盛り上げている。成熟が進む乾電池市場だが、販売店にとっても利益率が高く魅力的な商材。商戦期を前に、メーカー各社は販売店との協力で仕掛け作りに取り組んでいる。
 パナソニックは、新商品「充電式EVOLTA e」の認知度拡大を推進。発売記念キャンペーンとして、7月31日まで「電池でエコ生活始めよう!充電式EVOLTAエコサイクルキャンペーン」を実施。抽選で電動自転車などをプレゼントし、"環境"を切り口に関心を集めていく方針。
 東芝ホームアプライアンス電池事業部は、乾電池の販促策として、6月1日から8月31日まで、Tシャツプレゼントキャンペーンを開催している。セレクトショップ「LAUNDRY」のオリジナル親子Tシャツをプレゼントするもので、高性能アルカリ乾電池「インパルス」などの販促につなげる。
 日立マクセルは、「液もれ対策」を徹底したNEW「ボルテージ」をアピール。おもちゃ病院協会の推奨を受けるなど、様々なルートからの評価も高まっており、夏商戦ではWebでのキャンペーンも通じ、浸透を深めていく方針。
 FDKは、昨年一時休んだ夏のキャンペーンを行う。47品目の食品ギフトのうち一つが当たるもの。Wチャンスなども用意し、売場を盛り上げていく。

2010年6月15日


コジマ マウスコンピューター製PC 3機種

 コジマは、マウスコンピューター製オリジナルパソコン「STRAIGHT PC」シリーズに、ウインドウズ7をプリインストールし、フルHD対応の液晶ディスプレイをセットにしたスリム型タワーPCモデルを2機種、タワー型デスクトップPCモデルを1機種発売した。
 全モデルにMicrosoft Officeと互換性のある「KINGSOFT Office 2010 Standard」を搭載し、ウインドウズ7の機能も利用できる。

2010年6月16日


日立マクセル 「iVレコーダ」提案の幅広げる

 日立マクセルは、iVDR規格準拠のカセットHDD「iV(アイヴィ)」に録画できる「iVレコーダ」への取り組みを強化。来年7月24日の地上デジタル放送完全移行が迫るなか、録画機能付き地上デジタル放送対応チューナとしての提案を強めていく。
 同社が展開する「iVレコーダ」は、あらゆるテレビに接続して「iV」にデジタルハイビジョン映像を直接録画・保存できる録画再生機。
 従来は、同社が展開する「iV」関連機器としての提案を中心に行ってきたが、地上デジタル放送完全移行を来年に控え、既存アナログテレビ環境の有効活用にも注目が集まるなか、テレビのデジタル化と録画機器のデジタル化を両立する商品として、提案の幅を広げていく方針。
 既にイオンでアナログテレビと組み合わせた売場づくりなどを進めているほか、量販店各社でも売場づくりを進める。また、売場についても、チューナ売場や録画機器売場など、多彩な売場提案を仕掛け、認知を高めていく方針。

2010年6月16日


MSI 21.5型ワイド液晶搭載の一体型PC

 MSIコンピュータジャパンは、21.5型ワイドのフルHDマルチタッチパネル液晶を搭載する一体型PC「AE2220」を19日から発売する。
 価格はオープン。想定価格は8万9800前後。
 OSはウインドウズ7 Home Premium 64ビット正規版、CPUにインテルCeleron Dual CoreプロセッサT3100を採用。メモリー2GB、HDD 320GBを搭載。NVIDIA IONプラットフォームによりラ快適な動画性能を実現。通常の指操作はもちろん、筆によるお絵描きも可能。
 また、USB2.0,eSATA、HDMIなど、豊富な外部接続端子を装備し、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスレーザーマウス、リモコンを付属する。

2010年6月17日


米E3開幕 任天堂、メガネ不要の3Dゲーム機初公開

 国際ゲーム見本市「E3」が15日、ロサンゼルス・コンベンションセンターで開幕した。
 現行機種に対する需要一巡が主力のソフト販売減につながっていることを踏まえ、各社とも市場の再活性化の起爆剤として、3次元(3D)の先端技術や人気の「体感型」ゲームの操作性向上を相次いで打ち出している。
 任天堂は、特別なメガネなしに3Dの動画ゲームや映画などが楽しめる新携帯型機「3DS」を初公開。3D画面の奥行きを手動で調節できるという。日米欧などで来年3月末までに売り出すが、価格は未定。
 一方、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、据置型機「プレイステーション3(PS3)」用に高性能カメラや無線コントローラなどで構成する新システム「MOVE(ムーブ)」を発表。得意の3D技術を生かし、臨場感のある映像で直感的な操作が楽しめるとした。欧米で9月に先行発売し、日本では10月21日から店頭で販売。セットと価格は5980円。

2010年6月17日


日本HP PC夏モデル

 日本ヒューレット・パッカードは、個人向けPCの夏モデルとして、「HPパビリオン・ノートブックPC」2シリーズと「HPパビリオン・デスクトップPC」7シリーズを商品化し発売した。
 今回発売のノートPC夏モデルは、17.3型ワイド液晶搭載のフラグシップモデルdv7/CT夏モデルと、コンパクトながら動画再生も楽しめる11.6型ワイド液晶搭載dmla夏モデルの2機種。
 dv7/CT夏モデル、トップカバーとパームレストにアルマイト処理とヘアライン加工を施したアルミニウム素材を用いて、高級感あるデザインを実現、インテルCorei7-840QMプロセッサや、ATI Mobility Radeon HD5650グラフィックを搭載した最上位機種。
 dmla夏モデルは、AMDの新プラットフォーム搭載により、薄型軽量ながら、HD動画再生支援機能に対応したグラフィック機能を備える。
 価格は、dv7/CT夏モデルが9万9960円から、dmla夏モデルが7万9800円から。
 デスクトップの夏モデルは、機他機能を強化したラインアップ。フラグシップモデルのHPRシリーズは、AMD PhenomeUX6 6コアプロセッサを採用し、エンターテインメント性能にこだわった。
 価格は、HPEシリーズの量販店モデルが20万円前後。

2010年6月18日


京セララソーラースクエア 川口市にオープン

 京セラソーラーコーポレーションは、京セラ製住宅用太陽光発電システムを取り扱う販売代理店「京セラソーラースクエア」(埼玉県川口市前川1)を12日、イオンモール川口キャラにオープンさせた。
 同店は、昨年5月に提携したイオンと京セラの協業の一環で、事業運営は、太陽光発電システムの施工業者、日本エコシステム。この携帯の店舗は全国で2店舗目。関東地方では初となる。川口市を中心に埼玉県全域を商圏とする。
 店内は、太陽電池パネルの実物配置や、住宅用設置事例のパネル展示を行い、親子で環境について学べるキッズスペースを設けるなど、大人から子供まで、幅広い客に太陽光を身近に感じてもらえるようにしている。

2010年6月18日


カシオ ブルーLEDライト搭載の電波時計

 カシオ計算機は、標準電波を受信して正確な時刻に自動修正する電波クロックの新製品として、高輝度ブルーLEDライトを搭載し、黒と白のライトをモノトーンカラーでデザインしたTQT-350J(5775円)を発売した。
 3針のアナログ表示は、アラームを設定すると秒針を停止するので、就寝時に耳障りな針の駆動音が気にならない。
 部屋の温度や湿度を知らせるデジタル表示、日付と曜日が確認できるカレンダー表示も備えている。

2010年6月21日


三菱電機 業務無線用高効率MOSFET

 三菱電機は、業務無線用MOSFETとして、高出力、高効率で表面実装に対応した新製品2種を7月1日から発売する。サンプル価格は、50W級品が3000円、25W級品が2500円。
 新製品2種は、業務無線機の電力増幅器用の12.5V動作MOSFET。2製品ともにUHF帯、VHF帯の双方に対応できる。
 増幅器に供給された電力が高周波電力に変換される際の効率(ドレイン効率)はUHF帯で60%以上、VHF帯で70%と高く、消費電力低減に貢献する。

2010年6月21日


東芝ノートPC25周年 4機種7モデル

 東芝は、ノートPC25周年に当たり、世界初の2画面タッチパネルを採用したウインドウズミニノートPC「libretto W100」(想定価格12万円前後)など、4機種7モデルを25日以降、市場投入する。
 新製品はのラインアップは、世界最軽量を実現した13.3型ワイド植木賞搭載「dynabook RX3」、世界最速でブルーレイディスクに書き込める、大画面高画質間液晶一体型AVPC「dynabook Qosmio DX」、アンドロイドプラットフォームで「NVIDIA Tegra250プロセッサ」と、ハードウェアキーボード搭載の"クラウドブック"「dynabook AZ」。
 新製品のうち、libretto W100は、8月下旬発売。2つの7.0型ワイド画面を搭載、10月ワイド画面相当をの情報を閲覧できる。独自の高密度実装技術で約699gの小型軽量化した。
 1画面をキーボード表示し、ノートPCのように入力した、縦方向に持ちかえて本のように書籍コンテンツを読むなど、様々な使い方ができる。

2010年6月22日


イメーション SATA対応ノートPC用SSDキット

 イメーションは、取り出したHDDを外付けハードディスクとして使用できる外付けハードディスク用ケースを同梱した、SATA対応ノートパソコン用「2.5型SSD M-CLASSアップグレードキット」を7月21日発売する。キットによるSSDへの交換で、ノートPCを高速化できる。
 発売するキットのSSDは、ブート時間、アプリケーション起動、ファイル検索、ランダムアクセスでHDDより高速。シーケンシャルリード、ライトは、それぞれ毎秒230Mbyte、同170Mbyte。HDDの約半分の電力で動作するため、発熱が抑えられ、冷却エネルギーが節約できる。厳しい環境下での耐久性と、性能維持を考慮した設計により、摩耗や傷にも強い。
 データの移行は、添付のソフトにより、難しい操作なしで簡単に行える。
 発売するのは、容量64GBのSSD-SATA25M-64G-UGA(想定価格3万2000円前後)と、128GBの同128G-UGA(同5万5000円前後)。

2010年6月22日


ベスト電器 さくらやを解散

 ベスト電器は、19日開催の取締役会で100%子会社のさくらやを30日付で解散することを決議した。
 06年度に資本参加し、08年3月に100%子会社となったが再建のメドが立たず、09年2月期中にさくらや事業の撤退と清算を決定、事業の整理、諸作業の進行状況などを勘案し、このたび解散することとなった。清算結了は11年4月予定。

2010年6月22日


地デジ 受信機出荷7700万台突破

 地上デジタル放送受信機器の出荷が7700万台を突破した。今年5月までの関連機器の出荷合計は1000万台を突破し、順調な出荷が続いている。
 電子情報技術産業協会(JEITA)によると、5月の地上デジタル放送対応機器出荷は192万2000台となり、累計での機器出荷は7771万8000台となった。
 5月の出荷実績の内訳は、テレビが前年同月比156.9%の125万8000台、BSレコーダが同159.1%の28万4000台、デジタルレコーダは微減し同98.0%の8万9000台だった。チューナも好調を続け同314.2%の9万3000台となっている。
 また、チューナ内蔵PCが同187.7%の5万4000台、CATV用STBが同113.6%の14万5000台となるなど、完全移行まであと1年半を切るなか、様々な形でのデジタル化対応に関心が高間、実際に出荷も伸びている。
 2台目、3台目のテレビ環境のデジタル化が今年大きく注目を集めるなか、テレビの購入に加え、チューナ地上デジタルチューナ内蔵PCで置き換えるケースも拡大。特にPCは、ウインドウズ7発売以降、タッチパネル採用などで、デスクトップPCが回復傾向を示しており、PCとパーソナルユーステレビとを兼用できる商品としての提案が進んでいる。
 7月24日には地上アナログ放送終了1年前を迎える。総務省が5月に発表した3月末の地上デジタル放送の世帯普及率は83.8%となり、当初目標を上回るペースで進んでいる。
 ただ、全環境のデジタル化に向けては、まだ予断を許さない状況が続く。アンテナや共聴施設など、関連受信環境の整備や、録画機器のデジタル化の対応など、まだまだ見逃されている全デジタル化対応も数多く残されており、これらについての啓蒙も含め、さらに積極的な普及活動が求められている。

2010年6月23日


10年のPC世界出荷予測 20%増の3億5480万台

 米IDCによると、10年の世界のPC出荷はノートPCや新興市場の好調に支えられ、前年比20%増の3億5480万台に達すると見通し。
 10年第1四半期のPC出荷は前年同期比27%増加、特に新興市場は37%増と好調だった。市場の主流は中小型だが、デスクトップも08年第2四半期以来、初めて前年比プラスとなり、「オールインワンPC」が人気で、個人向けデスクトップの売上げも増加した。
 年間でも新興市場が27%、成熟市場が14%それぞれ増加し、PC市場売上高は08年に記録した最高売上高を上回ると予想。今後も個人、商用ともにノートPCが成長を牽引し、13年にはノートPC出荷が全出荷の70%を超えるという。
 電子書籍リーダー、メディアタブレットのような新しい端末が従来型のPC利用法を大きく変え、PCの評価はコンピュータの圧倒的なパワーではなく、持ち運びやすさや、コンテンツの作成/利用に対する消費者のニーズに如何に応えるかという「柔軟性」で評価されることが次第に多くなるという。

2010年6月23日


ケーブルテレビショー 東京・池袋できょう開幕

 ケーブルテレビショーが24日、東京・池袋のサンシャインシティで開幕する。会期は26日まで。出展企業数は175社で昨年より4社多い。
 今年は昨年までの2団体(日本ケーブルテレビ連盟、日本CATV技術協会)共催から、新たに衛星放送協会が加わり、番組サプライヤーとの関係が一段と強まった。
 土曜日開催も2年ぶりに復活、週末には会場が家族連れで賑わうことも予想される。

2010年6月24日


米アップル iPad販売台数300万台を突破

 米アップルは22日、「iPad」の販売台数が21日時点で300万台に達したと発表した。4月3日の米国での販売開始から、わずか80日での大台突破。

2010年6月24日


東芝 無線通信機能内蔵SDカードの普及促進団体を設立

 東芝は、Wi-Fiに準拠した無線通信機能を内蔵したSDカードの普及促進を図るため、「無線LAN内蔵フラッシュメモリーカード共同規格策定フォーラム」(仮称)を29日に設立する。
 同フォーラムには、幹事会社である東芝、同規格の共同提案者であるシンガポールのPC周辺機器メーカ、トレック2000インターナショナルが参加した。
 今後については、デジタルカメラメーカなどに広く参加を呼びかける。共通仕様の策定や、対応製品展開に必要な技術情報の交換を行っていく。

2010年6月24日


5月のパソコン国内出荷 台数で15%増

 電子情報技術産業協会(JEITA)は23日、5月のパソコン国内出荷実績を発表した。
 デスクトップ、ノートを合わせた全体の出荷台数は前年比15.0%増の63万2000台、うちデスクトップが同17.5%増の18万2000台、ノートが同14.0%増の45万台。
 5月の概況について、出荷台数は9カ月連続で前年同月を上回った。特に、昨年12月以降は2ケタの伸びを6カ月続けている。用途別では、引き続き法人向けが好調で、需要が冷え込んでいた前年を上回るばかりでなく、前々年も上回っている、とJEITAでは説明している。

2010年6月24日


「iPhone4」発売

 米アップルの「iPhone4」が24日、アップルの直営店やソフトバンクモバイル、家電量販店などで発売を開始した。

2010年6月25日


「パソコンも地デジカ」 WDLCがキャンペーン

 WDLC(ウインドウズデジタルライフスタイコンソーシアム)は24日、NHKおよび民放局と連携し、パソコンを地デジ対応にして、テレビを一層楽しむスタイルを推進する「パソコンも地デジカ」キャンペーンの開始を、東京・秋葉原でのUDXで発表した。
 キャンペーンは、総務省、日本民間放送連盟、デジタル放送推進協会(Dpa)の後援で実施するもので、地デジの完全移行が完了する11年7月まで、150万人への認知拡大を目指して推進する。
 堂山会長(マイクロソフト代表執行役副社長)は「地デジの普及をリビングだけでなく、寝室など、セカンドルームにまで広げたい。今回のキャンペーンは、単なるPCTVというのではなく、ライフスタイルも変える楽しい使い方を提案する」などとあいさつした。

2010年6月25日


日本エイサー 壁掛け対応の超薄型液晶ディスプレイ

 日本エイサーは、エイサーブランドから、ホワイトLEDバックライトを搭載する壁掛け対応の超薄型液晶ディスプレイ「S1シリーズ」の3機種を全国の量販店で順次発売している。想定価格は2万-2万5000円前後。
 新製品は、ホワイトLEDバックライトによる無水銀パネルを実現した。省電力タイプの従来品と比較し、最大で28%の消費電力を削減する。
 また、本体の厚み15mmスカ、重さも最軽量モデルで2.8kgに抑え、壁掛けに対応できるようにしている。

2010年6月28日


ナナオ 地デジチューナ搭載の液晶モニター

 ナナオは、地上デジタルTVチューナを搭載するフルHD対応の23型カラー液晶モニター「EIZO FORIS FX2301TV」(オープン価格)を発売した。
 新商品は、個室などプライベート空間で使用する小型TV向け液晶モニター。リアルで滑らかな映像を再現する倍速表示を実現し、手持ちのヘッドホンで手軽に臨場感のあるバーチャル5.1chサラウンドが体感できる。
 地デジ放送の視聴だけでなく、PC、ゲーム機、AV機器の接続など1台で様々なコンテンツを楽しむことができるのが特徴。

2010年6月28日


ITUまとめ 携帯電話 世界人口の90%カバー

 国際電気通信連合(ITU)がまとめた09年末の世界の通信サービス加入状況によると、世界人口の90%が携帯電話ネットワークにカバーされたという。
 09年末の固定電話加入者数は12億900万件で、06年末より5700万件減少した。09年末の権威耐電を加入者数は46億件で、06年末より19億件増加。開発途上国での増加は16億件を超え、先進国では3億件を下回った。この結果、開発途上国の地方に住む家庭の半数以上に携帯電話が普及し、中国、インドの農村部の90%以上が携帯電話へアクセス可能となった。
 TVは世界中の家庭の75%に普及したが、インターネットは25%にとどまる。インターネットは先進国人口の3分の2に普及したが、開発途上国人口の5分の4は、いまだにインターネットアクセスが不可能な状況にあるという。
 しかし、05年末から09年末までに世界中で新たにインターネットを利用するようになった7億7700万人のうち、開発途上国が6億人を占め、08年末にはインターネット利用者数では先進国を上回った。

2010年6月28日


マカフィー 米国でアップル製端末のセキュリティソフト

 マカフィーは、アップル製モバイルデバイスで、危険なオンライン活動から子供を保護するソフトウエア「マカフィーファミリープロテクションiPhone、iPod Touch、iPadエディション」の米国国内における提供を開始した。日本での提供は未定。

2010年6月29日


ASUS 回転式タッチスクリーンのネットブック

 ASUSは、Eee PCシリーズで、180度回転式のタッチスクリーンを搭載する「T101MT」発売した。想定価格は6万2800円。
 新製品は、直感的な操作ができるマルチタッチ対応のコンバーチブル仕様。インターネットやドキュメント作成用のノートPC、アルバム用のデジタルフォトフレーム、手書き用のタブレットなど、様々な利用シーンに合わせて使用できるのが特徴。
 10.1型ワイド液晶を搭載。OSにウインドウズ7 Home Premium32ビット正規版、CPUにインテルAtomプロセッサN450を採用。メモリーは2GB、HDDは約320GBを搭載する。重さ約1.3kg、バッテリ駆動は約5.4時間。

2010年6月29日


日本エイサー イーマシーンズブランドのデスクトップPC

 日本エイサーは、イーマシーンズブランドのテスクトップPCの新製品「ET1862-N32C」を発売した。想定価格は5万4800円。
 新製品は、コストとパフォーマンスのベストバランスを追求したスタンダードモデル。OSは、ウインドウズ7 Home Premium32ビット正規版。CPUにインテルCore i3-540プロセッサを採用し、高いパフォーマンスを発揮する。
 チップセットは、インテルH57 Expressを搭載。プロセッサ内蔵のインテルHDグラフィックスが優れた描画性能を発揮し、HD映像の細部までクリアに映し出す。
 メモリーはDDR3 2GB、HDDは320GBを搭載。

2010年6月29日


BDA 最大128GBの新規格「BDXL」

 ブルーレイディスクの規格推進団体「BDA」は25日、最大128GBの大容量のブルーレイディスクの新規格「BDXL」を最終的に決定した。
 「BDXL」規格は、放送や医療、大容量の文書保管が必要な事業部栢を主な対象としており、記録層が3層の100GBの追記型ディスクと、書き換え可能ディスク、記録層が4層の128GB追記型ディスクを定義する。また、BDレコーダが普及している地域や市場では、民生用のHD放送や衛星番組放送なども対象とする。
 新規格は、既存ブルーレイディスク技術の拡張であり、今後開発されるBDXL規格の端末は、現存の25GBや50GBのブルーレイディスクに対応する設計も容易にできる。

2010年6月29日


PV Japan 2010開幕

 太陽光発電協会とSEMI(半導体製造装置と材料関連の国際団体)主催の太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2010」がパシフィコ横浜で、30日開催する。会期は7月2日までの3日間。
 出展者数は311社611小間。
 会場内では、太陽光発電の川上から川下までを「太陽光発電システム/周辺機器」「太陽電池/応用製品」「各種施工」「検査/測定機器」「製造装置」「部品/材料/施設」の6ゾーンに分けて紹介。
 特別展示エリアとして、PC産業・市場の最新動向、太陽光発電研究開発の変遷とこれから、環境・エネルギー技術と人材育成ビジョン、世界に羽ばたく高校生の手作り太陽電池、図解太陽電池製造工程−の5つのコーナーを設けている。

2010年6月30日


ソニー 語学学習機能搭載の薄型デザインラジオ

 ソニーは、奥行き7cmで置き場所を選ばない薄型デザインを採用し、語学学習に便利な機能を搭載したCDラジオ「ZS-E70」(店頭予想価格1万円前後)を7月21日に発売する。
 新商品は、CD再生、FMステレオ/AMラジオに対応したCDラジオ。CD再生時に、7段階のスピード調節ができるスピードコントロール機能や、ワンタッチで3秒戻し、10秒スキップなどが行えるイージーサーチ機能を備えており、語学学習用などで便利に利用できる。

2010年6月30日


iPhone4世界販売 3日間で170万台

 米アップルは28日、日米など5カ国で24日に売り出した多機能型携帯電話機「iPhone4」の世界販売実績が26日までの3日間で計170万台に達したと発表した。
 ただ、在庫不足で購入できない人も出ており、ジョブズ最高経営責任者(CEO)は、声明で「不十分な供給をお詫びしたい」と述べた。

2010年6月30日


09年携帯・PHSリサイクル 本体、12%増の692万台

 電気通信事業者協会(TCA)と情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)が29日、発表した09年度の携帯電話・PHSや電池、充電器などの回収状況によると、携帯本体の回収台数は前年度比12%増の692万台だった。
 携帯電話は近年、多機能化と高機能化が進み、個人データの保管用として、処分しないで会社や自宅など手元に置かれているケースが多い。このため回収台数は減少気味。しかし、09年度はTCAやCIAJの地道な努力、政府の取り組み強化、ユーザの環境への関心の高まりなどから、直近4年間では最高の回収台数となった。

2010年6月30日



トップページ > 電波新聞拾い読み > 2010年6月