トップページ > 電波新聞拾い読み > 2009年5月

電波新聞拾い読み 2009年5月

イメーション 2.5型ポータブルハードディスク

 イメーションはポータブルハードディスク2.5型「Apollo Expert UX 500GB」(店頭予想価格1万9800円前後)と、外付けハードディスク3.5型「Apollo Pro UX 500GB」(同1万2800円前後)、「同750GB」(同1万5800円前後)、「同1TB」(同1万7800円前後)を6月4日から発売する。
 「Apollo Expert UX 500GB」は縦置き、横置きともに対応するため回転スタンドを採用している。
 ケーブルで電源供給できるためACアダプタが不要。

2009年5月1日


MSI グラフィックスカード新製品

 MSIコンピュータージャパンは4月28日、AMDの最新GPUを搭載したグラフィックスカード「R4770-T2D512」(店頭予想価格1万2800円)を発売した。
 同製品は、業界初の40ナノメートルプロセス技術を採用したコンシューマ向けGPU「ATI Radeon HD 4770」を搭載した。メーンストリームクラス初のGDDR5メモリー(512MB)を搭載している。

2009年5月1日


3月のデジカメ国内出荷 回復の兆し

 CIPA(カメラ映像機器工業会)は3月のデジタルカメラ国内出荷実績を発表した。
 3月の国内出荷実績は96万台の前年同月比79.4%、209億円の同67.3%となった。
 そのうち、レンズ一体型のコンパクト機は87万台の同80.2%、166億円の同70.7%で、レンズ交換式の一眼レフタイプは9万台の同72.4%、43億円の同56.8%となった。
 いずれも前年実績には届いていないが、前月と比べるとすべての数値が上回っている。特に一眼レフは、台数は前月比230.3%、金額は同213.4%と2倍以上の伸びを記録。回復の兆しが見え始めている。

2009年5月4日


ASUS ワイヤレスWAN搭載のネットブックPC

 ASUSは10型ワイドTFTカラー液晶を採用し「ワイヤレスWAN」機能を搭載した「Eee PC 1003HAG」を16日から発売する。店頭予想価格は6万9800円。
 NTTドコモのFOMA HIGH-SPEED対応の「ワイヤレスWAN」機能を搭載。FOMAハイスピードエリア内で受信最大7.2Mbpsの高速通信が可能。
 インテルAtomプロセッサN280を採用、メモリー1GB、160GBHDDを搭載。キー間隔をあけ、打ちやすくした新型キーボードを採用。
 ボディカラーはホワイト、ブラック、ピンク。重さ約1.4kg、駆動時間は約4.3時間。

2009年5月4日


MSI 新グラフィックカード

 MSIコンピュータージャパンは、NVIDIA GeForce 9800GTを搭載するグラフィックスカード「N9800GT-T2D512 V2」を発売した。店頭予想価格は1万2000円前後。
 また、ブラケット部を標準装備し、ATI Radeon HD 4870を搭載する「R4870-MD1G」を発表し、12日から発売する。店頭予想価格は2万3800円前後。
 ヒートパイプ内蔵のオリジナルGPUクーラーを搭載。標準モデル比で約半分の静音化を実現する大型9cmファンを採用した。
 MTBF値9000時間の超耐久タイプの固体コンデンサと、ノイズに強い新型ソリッドチョークコイルを採用している。

2009年5月6日


NEC ECOモード搭載の無線ルータ

 NECは無線LANルータのAtermシリーズに初めて「ECOモード」を搭載した「WR8150N」「WR4100N」を発表し、4月23日から販売活動を開始した。出荷実績は今月中旬。
 「ECOモード」は、PCなど接続機器を使用していないときに無線LANを停止し、電源ランプ以外のLEDランプを消灯する機能。本体のボタン操作ひとつで、待機時の消費電力を最大で約3割低減することが可能。
 WebであらかじめECOボタンの動作時間を設定しておくことで、自動切り替えもできる。
 また、4月1日に施行された「青少年インターネット環境整備法」(青少年が安全に安心して利用できる環境の整備などに関する法律)に対応したフィルタリングサービスや、「インターネット悪質サイトブロックサービス for BBルーター」の利用も可能。

2009年5月6日


世界半導体販売額 前月比プラスに転換

 世界の半導体販売額は6カ月ぶりに前月比プラスに転じた。1日発表間米半導体工業会(SIA)による今年3月の世界半導体売上高は前年同月比29.6%減の146億7000万ドル。しかし前月比では3.3%増加したため、08年10月以来続いた前月比マイナスは5カ月で終息した。
 3月の地域別売上高では日本を除くすべての地域で前月を上回ったが、前年同月比では各地域とも2ケタの減少にある。
 SIAでは、今年3月の実績について「前月比3.4%増だった昨年より低いものの、需要がわずかに安定してきた証明。スマートフォンやネットブックPCに明るさが見られる。しかし自動車、企業向けIT、デジタル家電と行った主力市場に確かな回復の兆しはまだ出ていない」と分析している。

2009年5月6日


3月時点の地デジ普及率60.7%

 総務省は7日、地上デジタル放送受信機(ワンセグ除く)の3月時点の世帯普及率が60.7%に上昇したと発表した。
 昨年8月の北京五輪後に見込んでいた普及率50%の目標を約半年遅れで達成したことになる。
 都道府県別の世帯普及率は復位が68.6%でトップとなり、三重、滋賀が続いた。再開は37.1%の沖縄で、岩手、長崎、青森を加えた4県が50%を下回った。

2009年5月7日


ヤマダ電機3月期連結決算 前年比5.9%増収

 ヤマダ電機が7日発表した09年3月期連結決算は、前年比5.9%増と増収を維持した。流通業として高水準ながら収益面では経常利益20.9%減など苦戦した。
 3月期の連結業績は、売上高が1兆8718億2800万円、営業利益は24.3%減の495億2200万円、経常利益は646億400万円、当期純利益が32.5%減の332億700万円。
 厳しい経済環境に対応するため、下期から重点的に店舗効率の向上改革、キャッシュフローの改善、経費削減など推進。在庫回転年12回転を実現し、キャッシュフローの大幅改善に結びつけるなど成果が出た。
 一方、デジタル製品を中心とする単価ダウン、携帯電話機の苦戦など既存店舗売上げが4%弱の減少となるなど景気悪化の影響を受けた。

2009年5月7日


イー・モバイル 3.9世代の基地局開設を申請

 イー・モバイルは1日、3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局開設計画の認定申請を、総務省に提出した。
 3.9世代移動通信システムは、LTE(Long Term Evolution)などの国際標準技術。LTEは3世代移動通信システムW-CDMAの高速データ通信規格HSPAをさらに進化させた通信規格で、3GPP(第3世代移動体通信システムの標準化プロジェクト)が標準化を進めている。

2009年5月7日


市原FM放送のコミュニティ局に免許

 関東総合通信局は、市原FM放送から申請のあったコミュニティ放送局を予備免許し、4月22日に交付した。
呼出符号 JOZZ3BR-FM
呼出名称 いちはらエフエム
周波数 76.7MHz
空中線電力 20W
演奏所 千葉県市原市五井中央東
送信所 千葉県市原市国分寺台中央

2009年5月7日


DXアンテナ 地デジチューナで攻勢

 DXアンテナは、地上デジタルチューナで攻勢をかける。普及価格を実現した市販モデルの新製品DIR810(実売予想価格1万円前後)を今月下旬に発売する。同社では単体地デジチューナを、アナログテレビの廃棄抑制、ひいては地球環境保護に貢献する商品として、積極的にアピールしていく方針。
 新製品のDIR810は、店頭販売用にデザインしたブラックボディの薄型・スリムタイプで、30×180×138mmのコンパクト設計。アナログテレビの上やテレビ台などの狭いスペースでも設置できる。
 Dpa簡易地デジチューナ仕様に適合。アナログ放送停波後も継続して使用できるので廃棄抑制に役立つ。電源はACアダプタ方式。地デジアンテナからのケーブルを入力端子に節即し、映像・音声の出力端子から付属のコードでアナログテレビにつなぐだけで、簡単に取り付けることができる。
 より高品質な信号伝送に威力を発揮するSビデオ出力端子を搭載。リモコンは、主要各社のテレビが操作できる便利機能を装備している。
 周波数変換パススルー方式に対応し、画面サイズ選択機能やズーム機能も装備している。

2009年5月11日


コジマ 携帯電話・モバイル機器専用クリーナー

 コジマは9日、ウエットティッシュタイプの携帯電話・モバイル機器専用クリーナー「スッキリコート」(398円)を店頭、同社ホームページで販売開始した。
 同社のオリジナル商品で、軽く拭くだけですっきり汚れを落とし、帯電防止成分が表面をコーティングし、汚れを付きにくくする。

2009年5月11日


テクノロジア 秋葉原にロボ専門ショップ

 テクノロジアは8日、秋葉原にロボット専門ショップ「Robot Shop テクノロジア」をオープン。パーソナルロボット市場、ロボット教育市場の活性化を図り、未来の若い技術者育成を支援していく。
 店舗のみならずインターネット通販も今週から始めるほか、技術サポート、活用提案、関連会社とのコラボレーションによる製品開発、イベント企画まで対応していく。

2009年5月11日


ケーズHD09年3月期連結決算 営業利益66%増

 ケーズホールディングスは09年3月期連結業績をまとめたが、前年比1.1%増と微増ながら創業以来続く増収をキープした。収益面は営業利益が約66%増となるなど大幅な増益となった。
 秋以降、消費が低迷する中でRC店(直営店)の出店39店、FC1店舗を新規に出店する一方で、RC22店を閉鎖するなど積極的な店舗展開。FC提携先の事業統合などを加え、売上高は5741億8800万円で、創業以来の増収を維持した。営業利益は65.9%増の118億800万円、経常利益は14.7%増の186億1500万円、当期純利益は17.4%増の102億3600万円と高収益を維持した。

2009年5月12日


コミュニティ局FM戸塚に免許

 関東総合通信局は4月28日、エフエム戸塚から申請があったコミュニティ放送局を免許した。
呼出符号 JOZZ3BQ-FM
呼出名称 とつかエフエム
周波数 83.7MHz
空中線電力 10W
演奏所、送信所 横浜市戸塚区川上町

2009年5月12日


米マイクロソフト 「Windows7」年末商戦で発売へ

 米マイクロソフトは11日、ロサンゼルスで開いた会合で、約3年ぶりに全面刷新するパソコン用次期OS「ウインドウズ7」を、例年11月に始まる年末商戦で一般発売すると発表した。
 発売国・地域や価格など詳細を明らかにしていないが、世界でほぼ同時発売に踏み切るとみられる。

2009年5月13日


セイコーエプソン 高速カラリオ・プリンタ

 セイコーエプソン/エプソン販売は、カラリオ・プリンタの新商品としてA3ノビ対応、全色顔料インク搭載の「PX-1001」(店頭予想価格3万円代前半)を7月下旬に発売する。
 新商品は「高速MACHヘッド」を採用し、3列のノズル構成のうち2列をブラックに配列することで、A4モノクロ文書で1分間に約30枚の高速出力を可能にした。

2009年5月13日


JAIA定時総会 新会長にケンウッド・相神氏

 日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)は13日、第39回定時総会を開き、事業計画・予算審議と理事選任を行った。
 09年度のアマ無線市場は、無線機・アンテナ・関連機器ともに不振で、国内は前年比16.8%の減、輸出も同12.9%の減となった。工業会では、経済環境の不活発さと養成課程講習会の開催減少、アマ無線免許取得者の減少などが影響したとみているが、団塊世代のカムバックの兆候もあり、アマ無線業界活性化への期待も表明した。
 新年度は、日本アマチュア無線連盟(JARL)、日本アマチュア無線振興協会(JARD)、日本無線協会などの関連団体との協力を強化し、消防団・レスキューバイク従事者、マリーン・ハイキングなどの愛好家に向けてPRを行い、アマ無線の普及を図る方針。
 新会長にはケンウッドの相神一裕氏が就任した。

2009年5月14日


東芝 512GB SSD搭載のモバイルノートPC

 東芝は、世界で初めて512GBの大容量SSDを搭載したモバイルノートPC「dynabook SS RX2/WAJ」を同社直販サイトで14日から発売した。価格は42万3000円と39万8000円。
 新商品は、従来機種の4倍になる512GBの大容量ストレージを搭載しつつ、ボディは約1095gの軽さと、最薄部19.5mmの薄さを同時に達成した。
 また、従来機種に搭載しているSSDと比べると、読み出し速度で約2.5倍にあたる230MB/秒、書き込み速度で約4.5倍の180MB/秒の高速データアクセスを可能にした。
 また、HDDとの比較でも、読み出し速度で約3倍、書き込み速度で約2.5倍を実現した。

2009年5月15日


3月の携帯電話・PHS出荷 前年同月比39.9%減

 電子情報技術産業協会(JEITA)が13日発表した3月の携帯電話・PHSの国内出荷台数は290万2000台で、前年同月比39.9%減と9カ月連続でマイナスとなった。
 携帯電話は279万台、同39.6%減と9カ月連続マイナス。うちワンセグ対応製品は239万8000台、同19.5%減で3カ月連続マイナス。ワンセグ搭載率は85.9%となり、端末の子機能化が進んでいる。
 PHSは11万1000台、同40.5%減と9カ月連続のマイナスとなった。
 08年度の累計では3585万3000台、同30.7%減となっており、JEITAでは、ワンセグ対応製品が相次いで出現して牽引した前年好調の反動や、春商戦も際だった特徴がなく盛り上がりに欠けた影響もあるが、米国金融危機に端を発した10月以降の急激な景気後退を強く受けていると思われる、としている。

2009年5月15日


欧州委員会 米インテルに制裁金1400億円

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は13日、米インテルが、欧州市場で支配的な地位を乱用し、パソコンメーカなどに競争相手のCPUを搭載したパソコンを販売しないようリベートを提供するなど、EU競争法(独占禁止法)に違反したとして、10億6000万ユーロ(約1400億円)の制裁金を課したと発表した。
 インテルはこれを不服とし、欧州第1審裁判所に提訴する方針を表明した。
 欧州委員会は、インテルが02年10月-07年12月の間、パソコンメーカに対し、競争相手のCPUを搭載したパソコンの販売を遅らせたり、中止したりする見返りに、リベートを提供したと指摘。
 その結果、競争や技術革新が阻害され、消費者の選択肢が狭められたとし、同社の行為を違法と認定。欧州委員会はこうした行為を即時停止するよう命令した。同委によると、当時、インテルのシェアは少なくとも約70%に達していた。
 欧州委員会は、インテルの競争相手である米AMDの訴えを受けて約9年、調査を行ってきた。インテルが圧力を掛けたパソコンメーカとしては、NECや米デル、中国・レノボなどを挙げている。

2009年5月15日


アイコム 3月期連結決算、減収減益

 アイコムの3月期連結業績は、売上高が前年比10.8%減の295億7500万円、営業利益が同42.2%減の27億8400万円、経常利益が同46.2%減の25億400万円、当期純利益が同65.7%減の9億9700万円で、減収減益となった。
 10年3月期は、景気回復に時間がかかる見通しである上、将来に向けて研究開発投資ならびに営業活動を積極的に行う計画。

2009年5月18日


日本アンテナ 220gの軽量地デジチューナ

 日本アンテナは、業界最小クラスの地上デジタルチューナ「GDT30」を今月末に発売する。
 新商品は幅120×高さ30×奥行き40mm。重さ220gの業界最小、最軽量クラスで、テレビラックの隙間、テレビの上などに設置できる。
 一週間分の番組を表示でき、視聴予約も可能。AV出力を簡素化、接続が簡単に行え、操作性を考慮した大きいボタン操作のリモコンを付属した。ACアダプター付属。
 同社現モデル比、47%の省電力化を実現している。

2009年5月18日


東芝 DVD関連特許の侵害で米で8社を提訴

 東芝は、米国イメーションなど8社を東芝が保有するDVD関連特許の侵害を理由に、米国ウィスコンシン州西部地方裁判所に提訴した。
 東芝は今回の提訴で被告8社に対し、過去の特許権侵害に基づく損害賠償と、特許権に関連するDVD記録ディスクの販売、製造、米国への輸入差し止めを請求した。
 東芝はDVD規格に必要な特許を外部にライセンスしているが、被告8社は書き込み可能なDVDディスクの特許を保有する東芝やDVD特許のライセンスグループDVD6Cとライセンス契約を締結することなく、無断でDVD記録ディスクの輸入・販売をしていると判断、DVD関連のライセンス活動を阻害するとみて提訴に踏み切った。

2009年5月18日


ソニー 初心者向けデジタル一眼レフ

 ソニーは、デジタル一眼レフ「α」のエントリクラス商品の新商品3機種を6月25日に発売する。"難しい""大きい・重い""高い"という三大障壁に挑み「はじめて一眼」として初心者でも使いこなせるわかりやすさを訴求する。
 初心者層をメーンターゲットとした新商品は"α380"「DSLR-A380」(本体店頭予想価格8万5000円前後、1420万画素)、"α330"「DSLR-A330」(同6万5000円前後、1020万画素)、"α230"「DSLR-A230」(同5万円前後、1020万画素)の3機種。
 3機種ともに、大幅な軽量・小型化を実現するほか、一眼レフカメラの初心者でも簡単に使いこなせる機能を充実。わかりやすいグラフィック表示で、撮影設定と効果を表示し、設定が簡単であるほか、絞りやシャッタスピード、レンズの効果などの相関関係が学べる機能を搭載した。
 HDMI端子も装備し、テレビで写真を見ることかできるほか、初めてメモリースティックとSDメモリーカードの両対応とした。

2009年5月19日


NECエレクトロニクス USB3.0準拠ホストコントローラLSI

 NECエレクトロニクスは、世界で初めてUSB3.0に準拠したホストコントローラLSIを製品化し、6月前半にサンプル出荷を開始すると発表した。量産は9月から実施し、早ければ09年末発売のパソコンに搭載される。
 USB3.0は、現行のUSB2.0と比べ伝送速度が10倍以上速い、毎秒5Gbitの高速伝送を特徴とする。
 同社が開発したホストコントローラLSI「μPD720200」は、主にパソコン、デジタル家電に搭載される半導体製品。
 一つのチップに2ポートのUSB3.0の物理層(PHY)とUSB2.0PHYを搭載。PCなど製品内部のインターフェイスとしては「PCI Express」を採用している。サンプル価格は1500円。

2009年5月19日


エコポイント3点セットの保管 小売業者は購入者に周知を

 エコポイント活用によるグリーン家電普及推進室(経済産業省、環境省、総務省で構成)は小売業者に協力を求めている。
 対象製品の販売にはポイント交換が始まるまで
@購入日、購入店がわかる保証書
A購入日、購入店、購入製品、購入者名がわかる領収書/レシート
Bリサイクルした場合、家電リサイクル券の排出者控え
いわゆる「エコポイント3点セット」の保管を購入者に周知することが購入者の信頼を高め、後々のトラブルを防ぐ。
 同推進室は5月の連休明けから家電業界団体や量販店、地域家電店など小売業者に広く協力を依頼している。

2009年5月19日


日立製作所 出力世界最高の第4世代車載用リチウムイオン電池

 日立製作所と日立ビークルエナジーは19日、自社で量産注の車載用リチウムイオン電池と比較し、出力密度が1.7倍の4500W/kgとなる世界最高出力のリチウムイオン電池を開発し、今秋からサンプル出荷を開始すると発表した。量産開始時期は、13年を予定。
 新開発の電池は、第4世代リチウムイオン電池として開発したもので、電池の内部抵抗を軽減するため、電極にマンガン系の新規の正極材料を採用したほか、電極の薄膜化、集電方法および形状の工夫をした独自の電池構造で、世界最高出力を実現した。
 第4世代リチウムイオン電池の仕様(開発レベル)は、サイズ120×90×18mm、重量0.24kg、平均電圧3.6V、容量4.8Ah、出力密度4500W/kg。

2009年5月20日


レノボ・ジャパン ソフトバンクと協業、ネットブックを販売

 レノボ・ジャパンは19日、ソフトバンクモバイルの通信モジュールを搭載するネットブック「IdeaPad S10」(通信モジュール搭載モデル)」の開発を発表し、夏以降、ソフトバンクモバイルから発売する。価格は未定。
 本製品は、幅250×高さ196×厚さ22(最薄部)mm、重さ約1.38kg。
 ディスプレイはLEDバックライト付き10.1型TFT液晶を採用。フルキーボード、160GB HDDなどを搭載。
 両社の協業により、ネットブック市場での新たなビジネスチャンスの創出が期待される。

2009年5月20日


イメーション ブルーレイのクリーニング・キット

 イメーションは、"TDK Life on record"ブランドで「ブルーレイ クリーニング・キットを6月1日から発売する。市場想定価格は乾式が1980円前後、湿式が2380円前後。

2009年5月20日


MSI マザーボード新製品

 MSIコンピュータジャパンは、NVIDIA SLIとATI CrossFire Xの両方に対応する、インテルX58Expressチップセット+NVIDIA nForce200搭載のマザーボード新製品「Eclipse Plus」を発表し、22日から発売する。店頭想定価格は4万8800円前後。
 新製品は高効率低発熱のDrMOS搭載の電源回路を採用。ハードウエア制御により、OSを問わずに電力供給を最適化できるのが特徴。

2009年5月21日


ビックカメラFC第1号店 ベスト山口本店が新装

 ベスト電器とビックカメラの共同出資会社B&Bは、ベスト電器山口本店をリニューアルし、ビックカメラのフランチャイズ第1号店「ビックカメラ山口店」として6月5日開店する。
 売場面積は3538平方メートル、駐車場は188台。

2009年5月21日


東芝 携帯電話の国内生産停止

 東芝は20日、携帯電話端末の国内生産を9月で停止し、10月から海外企業への委託生産に切り替えると発表した。

2009年5月21日


HOYA デジタル一眼レフのトップモデル

 HOYAはデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-7」を6月末から発売する。店頭予想価格は、ボディ単体13万円前後。
 同社はスタンダードモデル「K20D」、エントリモデル「K-m」を展開しているが、「K-7」はトップモデルの位置づけになる。
 「K-7」は、視野が広くピントや構図の確認がしやすい視野率約100%の光学ファインダを搭載したほか、動きの速い被写体を連続して撮影する際に便利な、最高約5.2コマ/秒で連続40コマの高速連写が可能。
 動画撮影にも対応。1280×720画素、30fpsのHD動画が撮影できる。

2009年5月22日


米インテル 格安PC向け半導体セット

 米インテルは19日、携帯型の低価格パソコン「ネットブック」など向けの省電力型MPU「アトム」を組み込んだ最新版の半導体セット「パイントレイル」を発表した。今年10月以降に出荷をはじめる。
 パイントレイルには、アトムを中核に、MPUと記憶装置とを仲立ちするメモリー・コントローラや画像処理機能を統合。一段と薄型のPC設計が可能になるほか、性能アップやバッテリ駆動時間向上も見込めるという。出荷価格は未定。

2009年5月22日


千葉県警 海賊版ソフト販売の男を逮捕

 千葉県警は20日、ヤフーオークションを悪用し無断で複製したコンピュータソフトを販売していた東京都江東区の男を著作権法違反の疑いで逮捕し、21日、千葉地検松戸支部に送致した。
 男は3月、アドビシステムズの「Adobe Creative Suite4 Master Collection 日本語版(30日間体験版)」を複製したDVD-Rを販売していた。

2009年5月22日


日本エイサー ノートPCの新シリーズ

 日本エイサーは22日、acerブランドからノートPCの新シリーズ「Aspire Timeline」シリーズをはじめ、プレミアムにノートPC「Aspire8935G」、シネマクオリティが楽しめるAVノートPC「Aspire5738」、美しく強く進化したネットブック「Aspireone751」の各シリーズと、コンパクトボディのハンディデスクトップをそれぞれ発表し、6月5日から順次発売する。
 新シリーズ「Timeline」は「Core2Duo/8時間駆動/価格8万円台(一部)」を実現。今後、ノートPCのメーンストリームとして位置づけていく。
 店頭予想価格は、13.3型の「AS3810T」が8万9800円前後/10万9800円前後、15.6型「AS5810T」が9万9800円前後/11万9800円前後。

2009年5月25日


CIAJ 新会長に篠塚・OKI社長

 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は22日の定時総会で、間塚会長の後任に篠塚勝正氏(OKI社長)を選んだ。任期は1年。

2009年5月25日


4月テレビ出荷 薄型テレビ、台数22%増

 電子情報技術産業協会(JEITA)が25日発表した4月の民生用電子機器の国内出荷実績は、前年同月比86.3%減の2003億円となり、不景気の影響を受けて7カ月連続のマイナス成長となった。薄型テレビやBDレコーダなどが数量ベースでは好調を続けるものの、不況の影響から単価志向が強まっており、金額ベースでの厳しさは続いている。
 4月のカラーテレビ(CRT+10型以上液晶+PDP)は82万4000台で前年同月比19.6%増と、2ケタ成長を維持した。
 そのうち10型以上の液晶とPDPを合わせた薄型テレビの実績は同22.4%増の82万台と、依然として好調な実績を維持。サイズ別では30-36V型が25万台、37V型以上が27万4000台となった。4月は新商品が続々登場しており好調な売れ行きが出荷増を支えているとみられる。
 なお、4月の実績から10型以上の液晶テレビとPDPを統合して「薄型テレビ」という区分にした。

2009年5月26日


日本エイサー GatewayブランドPC、ケーズと上新で発売

 日本エイサーは20日、Gatewayブランドのネットブック1機種、デスクトップPC 3機種7モデルを発表し、今月下旬からケーズデンキ、上新電機で順次発売する。
 店頭想定価格は、ネットブック「LT3000シリーズ」が6万円前後、デスクトップPCの「FX6801-27」が19万円前後、「SXシリーズ」が5万-9万円前後、「DXシリーズ」が7万-11万円前後。
 「LT3000」は11.6型、厚さ26.4mmの超スリム。手帳感覚で持ち歩きできるネットブック。ブラックとレッドの2色を用意。
 「FX6801-27」はGatewayブランドの最先端・最高性能テクノロジーを搭載したゲーミングPC。OSは64ビット版Windows Vista Home Prenium、CPUはインテルCore i7-920プロセッサを採用。1GBHDDを搭載。

2009年5月26日


ソニー ネックバンドスタイルのウォークマン

 ソニーはヘッドホンコードがないネックバンドスタイルを採用したウォークマンWシリーズ「NWD-W202」(店頭予想価格1万円前後)を6月13日から発売する。
 新商品はヘッドホンと本体が一体化することでヘッドホンコードをなくしたほか、約35gの軽量化を実現。動きながらもずれにくいことから、エクササイズ時などあらゆる場面での使用を想定する。
 操作部は、右耳部に集中。ジョグダイヤルを採用し、曲の再生や検索が簡単にできるほか、曲の盛り上がり部分をダイジェスト再生できる「ZAPPIN(ザッピン)」機能を搭載した。
 また「Sonic Stage」による音楽ファイル転送に加え、そのほかの音楽管理ソフトウエアでPC上に保存した音楽ファイルについても、ドラッグ&ドロップでの転送ができる。
 カラーは4色を用意し、容量は2GB。

2009年5月27日


ユニデン 小型・軽量・低消費電力の地デジチューナ

 ユニデンは地デジチューナ「DTH10」(直販価格1万2800円)を6月5日から発売する。  新商品は現行機種と比べて、本体サイズ・質量ともに約半分となる手のひらサイズを実現した。消費電力も約46%削減し、小型・軽量・低消費電力化を実現した。
 操作性については、チャンネル切り替え時間を約10%向上し電源オフからの起動時間を約4秒短縮した。付属リモコンはテレビメーカ23社まで拡張した。
 テレビ画面で視聴チャンネルの番組表を7日先まで見ることができる。
 字幕放送に対応しているほか、CATVパススルー方式にも対応している。

2009年5月27日


4月の国内PC出荷 台数0.7%、金額17.7%減

 電子情報技術産業協会(JEITA)は26日、4月のパソコン国内出荷実績を発表した。
 全体の出荷台数は、前年比0.7%減の73万1000台、うちデスクトップが同10.4%減の21万台、ノートが同3.9%増の52万1000台で、ノート比率は71.2%となった。
 JEITAでは、4月の概況について、コンシューマ系のノートが引き続き堅調で、市場全体も回復傾向にある、とみている。

2009年5月27日


ダイキンが実証 鳥インフルウイルスを3時間で分解・除去

 ダイキン工業は26日、ベトナム国立衛生疫学研究所との共同研究により、強力なストリーマ放電技術が「強毒性ヒト由来鳥インフルエンザウイルス:A型H5N1」を3時間で100%分解・除去することを世界で初めて実証したと発表した。
 04年にダイキン工業が開発したストリーマ放電技術は、これまで困難とされてきた「高速分子」を安定的に発生させることに成功した空気浄化技術。
 今回の実証では、ウイルス量の減少度合いを測るTCID50試験と、培養後の細胞変性を測るCPE試験を実施。比較対象として測定した「ストリーマ照射なし」の鳥インフルエンザウイルスは100%残存した状態であったのに対し、ストリーマ照射した同ウイルスは1時間後に約97%、2時間後に約99.8%、3時間後には100%分解・除去されたことが確認されたという。

2009年5月27日


ソニー WinXP搭載のポケットサイズPC

 ソニーは、ポケットスタイルPC「typeP」にWindowsXPを搭載したモデルを6月6日から発売する。
 新商品は「VGN-P50」(店頭予想価格8万5000円前後)。
 NTTドコモ「FOMA HIGH-SPEED」通信サービスに接続可能なワイヤレスWAN通信機能を内蔵しており、下り7.2Mbpsの高速通信で、いつでもどこでもインターネットにつながる。

2009年5月28日


オンキヨー SSD搭載のミニノートPC

 オンキヨーは、SOTECブランドで展開しているミニノートPCの新製品として、SSDを搭載した「SOTEC C204A3」を6月1日から発売する。実売価格は税込み4万9800円前後。
 新製品は、10型ワイド液晶を搭載したミニノートPCでは最薄・最軽量となる薄さ23mm・軽さ約960gを実現。衝撃に強くデータ読み込みが高速の32GB SSDや、リチウムイオンポリマー電池を採用した。キズに強く、美しいデザインを実現するUVコーティングを本体天面に施し、本体側面には赤色をアクセントに加えて、高級感のある質感に仕上げた。
 キーピッチ17mmキーボードと、広くて使いやすいタッチパッドを搭載。10.1型ワイド輝き液晶にはLESバックライトを採用。

2009年5月28日


ソフトバンクモバイル 「ネット渋滞」解消へ通信制限、6月に試験開始

 ソフトバンクモバイルは26日、携帯電話の「パケット定額サービス」に加入し、一定の時間帯に集中して大量のデータ通信を行う利用者に対し、通信速度を制限する試験を6月1日から始めると発表した。
 一部利用者の大量使用により、それ以外の利用者のデータ通信速度まで落ちてしまう「ネット渋滞」を解消し、通信網利用の公平性を確保する狙い。試験は10月31日までで、11月をメドに正式運用に移行する予定。
 通信制限については既に、KDDIが昨年10月から、NTTドコモは今年4月から本格実施している。

2009年5月28日


ソニー 9V型高精細パネル搭載のポータブルDVDプレーヤ

 ソニーは、コンパクトな本体に9V型の高精細液晶パネルを搭載したポータブルDVDプレーヤ「DVP-FX930」(店頭予想価格3万5000円)を6月19日に発売する。
 新商品は、解像度800×480画素の高精細液晶パネルを採用するが、連続再生時間は最長約6時間を可能としている。
 液晶部分は180度回転が可能で、視聴環境に応じて使い分けできる。
 また、軽く触れるだけで操作できる「ソフトタッチキー」を採用しており、操作によって画面を動かしてしまうことなく、快適な視聴が楽しめる。

2009年5月29日


MSI GeForce GTX260搭載のグラフィックスカード

 MSIコンピュータジャパンは、NVIDIAのGPUを搭載したグラフィックスカード新製品「N260GTX-T2D896 V2」を販売開始した。店頭予想価格2万3980円。
 新製品はシェーダプロセッサ216基板「NVIDIA GeForce GTX260」を搭載した。
 GDDR3メモリー896MB搭載のオーハークロックモデル(コア655MHz/メモリー2100MHz)で、オール固体コンデンサを採用している。

2009年5月29日



トップページ > 電波新聞拾い読み > 2009年5月