トップページ > 電波新聞拾い読み > 2009年4月

電波新聞拾い読み 2009年4月

ASUS 9.3時間駆動実現のネットブック

 ASUSはEee PCシリーズで最長の9.3時間駆動を実現したネットブック「100HE」を4日から発売する。店頭予想価格は4万7800円。Office Personal 2007搭載モデルは5万7800円。

2009年4月1日


MSI ネットブック2機種7モデル

 MSIコンピュータジャパンはネットブックの新製品として、新デザイン外装を採用した「U123」と、U100シリーズの春の新色モデル「U100 Plus」の2機種計7モデルの予約を開始し、11日から発売する。
 店頭予想価格は「U123」が4万9800円、「U100 Plus」が4万2800円。
 「U123」は、10型ノングレアワイド液晶を搭載し、最新のインテルAtomプロセッサN280を採用している。
 顔認証でログインできる「Easy Face」とIEEE802.11n(Draft2.0)対応の無線LANを搭載。大容量6セルバッテリを採用。

2009年4月1日


日本エイサー eMachinesブランドのデスクトップPC

 日本エイサーは、コストとパフォーマンスのバランスを追求したeMachinesブランドのデスクトップPC「EL1600/1300/1800」を10日から発売する。店頭予想価格は、EL1600が3万5000円前後、EL1300が5万円前後、EL1800が6万円前後。
 EL1600はCPUにインテルAtomプロセッサ230を搭載。写真・ビデオの閲覧、電子メールに最適。
 EL1300はNVIDIA GeForce 6150SEを搭載。
 EL1800はWindows Vista Home Premium SP1搭載により、充実したエンターテインメント機能、セキュリティ機能を実現した。

2009年4月1日


BDレコーダ市場 本格的に拡大

 電子情報技術産業協会(JEITA)によると、国内BDレコーダ市場は、07年の19万5000台から、規格が一本化した08年は、157万6000台と一気に8倍に膨れあがった。
 機器面で平均単価が10万円前後となるなど、手ごろ感も出てきたほか、メーカー各社もラインアップ拡充を進めるなど、取り組みを強化している。今年の春商戦でも長時間記録や映像配信サービス対応など、BD内での差別化を図り、機器としての魅力拡大が進んでいる。
 これらの動きから、09年も1-2月は約3倍で推移するなど、順調な普及が進み、08年比ほぼ倍増の281万台に達する見込み。
 今年はレコーダとして台数ベースで65%を占めると見られており、録画機器の主力商材として成長。10年には最盛期まで含めてもBD関連機器が半数以上を占める見込み。

2009年4月1日


イー・アクセス 東北インテリジェント通信のADSL事業を譲受

 イー・アクセスは3月31日付で、東北インテリジェント通信(TOHKnet)が運営するADSL事業を譲り受けることで合意した。
 TOHKnetは東北電力の関係会社で、東北6県と新潟県を拠点に独自の光ファイバ網による通信サービスを提供している。

2009年4月1日


ラオックス ノジマへの店舗売却取りやめ

 ラオックスは3月30日、東京、神奈川、など1都3県の郊外型店舗15店をノジマに売却するとした基本合意を27日付で解消し、対象店舗を9月までにすべて閉鎖すると発表した。これにより、2月時点で24あったラオックスの郊外型店舗は全店閉鎖になる。

2009年4月1日


世界のパソコン夜間電源オフで超高層ビル30年分の電力節減

 世界で10億台を超えるパソコンの電源を一晩切るだけで、米ニューヨークの地上102階建てのエンパイア・ステート・ビル30年分の電力節減が可能−米民間非営利団体とソフトウエア会社が共同で、こんな調査結果をまとめた。
 この調査は、非営利団体アライアンス・トゥー・セーブ・エナジーなどが昨秋、欧米でPC 1万台以上を保有する有力企業を対象に実施。米国だけでデスクトップを中心に5400万台の企業PCが夜間および週末に電源オフにされていないことがわかった。
 この間に電源を切れば、年間で28億ドル(約2700億円)の経費と、乗用車400万台分のCO2排出量約2000万トンを削減できるという。

2009年4月1日


トップの入社式訓辞

JVC・ケンウッドホールディングス
 昨年統合したJVC・ケンウッドグループとして、一つの会社の一員という意識を持ち、自分の仕事で報酬を稼ぐプロとして、依頼先から「頼んで良かった」と思われるような仕事をしてほしい。そして、自らの知恵と忍耐で問題を解決していくと、品格を感じさせる言動を心がけ、1人ではなくチームとして情報を共有し、目標に向かって行動してほしい。


アイコム
 当社は今、市場の変化に柔軟に対応して、100年に一度の経済危機を100年に一度のチャンスとするよう改革に取り組んでいる。どんな困難にも立ち向かい、やりぬく気概をもって業務に取り組み、チャレンジ精神を大いに発揮して、1日も早く戦力になることを期待している。

2009年4月2日


パナソニック 薄型のコンパクトステレオシステム

 パナソニックは、薄さ69mmにiPod/CD/SD(HC4のみ)が楽しめる「D-dock」コンパクトステレオシステムSC-HC4/3の2機種を18日発売する。
 実売予想価格はHC4が4万円前後、HC3が3万5000円前後。
 新製品は、スピーカのコーン部に竹繊維素材を採用した。軽くて剛性が高いため信号に対して忠実に振動し、広帯域な再生を実現する。前後にパッシブラジエータを配置し、ノイズ源となる不要な振動を少なくする振動キラー(振動低減)技術を搭載した。くっきり聞きやすいボーカル再生が楽しめる。
 iPdo2をドッキングすれば音楽の再生・充電ができ、リモコン操作も可能。
 HC4はSDスロット搭載で、音楽CDやラジオ番組をSDカードに最大8倍速で録音できる。
 業界トップクラスの待機時消費電力約0.08Wを実現し、環境にも配慮した設計となっている。

2009年4月3日


2月のデジカメ国内出荷 

 CIPA(カメラ映像機器工業会)は1日、2月のデジタルカメラ国内出荷実績を発表した。
 2カ月連続で前年を下回っていたが、コンパクトカメラの新商品投入などの動きで、2月は台数ベースで前年実績を上回った。
 2月全体の実績は、87万台の前年同月比101.9%、169億7000万円の同80.6%となった。内訳は、レンズ一体型のコンパクトが83万台、同109.8%、レンズ交換式の一眼レフが4万台、同41.0%となった。
 コンパクトの新商品投入により、台数ベースで実績を伸ばしたが、昨年末からの在庫調整のため、単価ダウンは続いており、金額ベースでは厳しい状況が続いている。

2009年4月3日


パナソニック 防水ポータブルワンセグTV

 パナソニックは、防水仕様のポータブルワンセグテレビ「VIERAワンセグ」の新製品として、FM/AMラジオを搭載した上位モデルSV-ME850Vを28日から発売する。実売価格は5万円前後になるもよう。
 新製品は、室内/室外はもちろん、お風呂やキッチンなどでも楽しめる防水仕様(JIS保護等級IPX6/IPX7相当)の5V型ワイドQXGA液晶テレビ。
 電池容量をアップすることにより、約11時間ワンセグ視聴が楽しめる。さらに、バッテリチャージャスタンドを同梱し、置くだけで簡単に充電できるようにした。
 ワンセグ放送の録画ができるので、お気に入りの番組を予約しておき、あとでゆっくり自分の部屋やお風呂で楽しむことができる。
 このほか、SDオーディオ再生、デジタルフォトフレーム機能、2GBカード付属などの特徴も備える。
 色はブラックとホワイト。

2009年4月6日


ソニー 「IBC」出展見送り

 ソニーが、9月にアムステルダムで開かれる欧州最大の放送機器展「IBC」への出展を見送ることになった。日系の大手放送機器メーカでは、パナソニックが06年以降、出展を取りやめ、今年も参加しない方針。
 このため、ソニーの中止でフランスのトムソンを含め、放送機器の世界ビッグスリーのうち、2社がIBCからの撤退の公算が強くなった。

2009年4月6日


大日本印刷 既存の設備で印刷でき低電圧で発光する新材料

 大日本印刷は3月30日、既存の印刷機を使って紙や布などへの印刷ができ、低電圧で光る発光材料を開発したと発表した。
 同材料は、高輝度の得られる特殊な金属化合物を使用し、蒸発しないイオン液体を電解質に用いることでガラスやフィルムなどで封止することなく、大気中での発光を可能にしている。
 3.3Vの乾電池でも駆動できるわずかな電圧で、携帯電話の白色有機EL程度の200カンデラ/平方メートルの高い輝度が得られる。
 同社は今後、発光性能の向上を図り、ポスターやPOPなど印刷物への応用、フレキシブルディスプレイなどの用途への開発を進め、5年後の実用化を目指す。

2009年4月6日


石川県珠洲市で地デジ移行をリハーサル

 総務省は6日、2011年7月に予定するテレビ放送の完全デジタル化を控え、石川県珠洲市で、アナログ放送を先行停止するリハーサルを行うと発表した。放送中継局単位で、先行してアナログ放送を部分的に停止することで、本番に向けた問題点を洗い出しするのが狙い。早ければ今夏にも実施する。
 珠洲市のアナログ放送停止は、当初は日中の数分間程度の短時間から始め、数時間単位に拡充、10年度中に先行して完全にデジタル放送に一本化したい考え。また、総務省は来年度に他の地域でもリハーサルを実施する方針。

2009年4月7日


ASUS 新ビデオカード

 ASUSは、最新のAMDクラフィックスチップ「ATI Radeon HD 4890」を搭載するビデオカード「EAH4890」の出荷を2日から開始した。店頭予想価格は3万6000円前後。
 付属のオーバークロックソフトにより、画面上でGPUクロックやメモリークロック、GPU電圧を見ながら簡単な操作でビデオカードのオーバークロックが行える。
 また、動画再生時に画質を向上させる映像エンジン技術により、自然で鮮やかな絵作りを行う。家庭用TVなみの鮮明な動画をPCの画面上で体験できる。

2009年4月7日


コジマ 展示品ドットネット開始

 コジマは、各店補の展示処分品など「お買い得な商品」が見られる掲示板「展示品ドットネット」をコジマホームページ上で4日から開始した。
 各店舗が展示処分品など特価で販売している目玉品を、Web上で毎週更新して公開。顧客は、インターネットで全国のコジマ各店舗の特価商品が確認できる。
 対象商品については、店舗により異なるため、それぞれ各店頭だけでの販売となるとしている。

2009年4月7日


IBM サン買収の交渉決裂か

 米ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は5日、米IBMによるサン・マイクロシステムズ買収に向けた交渉が事実上決裂していると報じた。
 関係筋の話として伝えたもので、サンの取締役会は4日、買収提示額が低すぎるとして、IBMによる正式な買収提案を拒否したという。

2009年4月7日


08-09世界ITリポート 日本は17位

 世界経済フォーラムが発表した、世界各国のIT活用度合いなどを評価した「08-09世界ITリポート」によると、デンマーク、スウェーデンが3年連続で1位、2位をキープ、米国が昨年の4位から3位に上昇、日本は昨年の19位から2ランク上昇して17位だった。
 アジア太平洋地区ではシンガポールの4位が最高で、韓国(11位)、香港(12位)、台湾(13位)、オーストラリア(14位)と続き、日本を含め上位20カ国に6カ国がランクインした。
 日本は企業の整備状況で11位、企業の活用状況で4位、個人の活用状況が13位など高ランクだったが、環境面で税率が102位、教育支出が96位と大きく出遅れ、ICT関連の法整備は32位だった。また電話料が住宅用で67位、企業向けで62位と厳しい。

2009年4月8日


ヤフー TV向けネットサービス

 ヤフーは、テレビ向けネットサービス「テレビ版Yahoo!JAPAN」の提供を開始した。
 新サービスは国内のテレビメーカーのインターネット対応テレビに標準搭載されたブラウザに対応したサービスで、テレビ専用にデザインされた画面でインターネットサービスを提供するもの。テレビ向け独自でテレビリモコンでも簡単操作で可能な検索方法、操作性を実現。情報を文字入力によって検索するのではなく、選択によりたどっていく検索性を実現している。

2009年4月8日


3月末の国内携帯・PHS契約数 4.4%増、1億1205万件

 電気通信事業者協会(TCA)が7日発表した3月末の国内携帯電話・PHSの契約数は1億1205万件で、前年同月比4.4%の増加。携帯電話のみでは1億748万6600件で、同4.6%増えた。
 事業者別純増数はソフトバンクが38万1700件で23ヵ月連続首位を維持。次いで、NTTドコモが27万8200件、KDDIが22万3100件、イー・モバイルが12万1900件と続いた。
 累計の契約数はNTTドコモが5460万700件、KDDIが3084万2800件、ソフトバンクが2063万2900件、イー・モバイルが141万200件となった。

2009年4月8日


政府・与党 省エネ家電5ポイント還元

 政府・与党が追加経済対策に盛り込む、省エネ家電製品普及策の概要が8日、明らかになった。販売価格の5%分を、国の負担で他の省エネ製品購入に充てられる「エコポイント」として還元。一方、環境対応車への買い替え促進では、13年以上経過した車を廃棄し新車を購入する際、普通車1台あたり25万円前後補助する。これらエコ関連施策で計約6700億円の財源を手当てする。
 「エコポイント制度」の対象は、消費電力が大きいテレビ、エアコン、冷蔵庫。このうちテレビは、2011年7月の地上デジタル放送への完全移行を踏まえ、地デジ対応型には5%分のポイントをさらに上乗せする。約3000億円を国が支援する方向で調整している。

2009年4月9日


MSI 「Radeon HD 4890」搭載グラフィックスボード

 MSIコンピュータージャパンは2日、AMDの「ATI Radeon HD 4890」を搭載したグラフィックスボード「R4890-T2D1G-OC」を発売した。店頭予定価格は2万9800円前後。
 最新GPUを採用したオーバークロックモデル(コア880/メモリー3996MHz)で、最高1.36テラFLOPSの演算性能を装備している。GDDR5メモリー1GBを搭載した。

2009年4月9日


2月の携帯・PHS国内出荷 41%減、300万2000台

 電子情報技術産業協会(JEITA)が8日発表した2月の携帯電話・PHSの国内出荷台数は300万2000台で、前年同月比40.6%減と8ヵ月連続でマイナスとなったが2ヵ月ぶりに300万台を超えた。
 携帯電話は295万3000台、同38.4%減と8ヵ月連続マイナス。うちワンセグ対応製品は229万4000台、同22.2%減でワンセグ搭載率は77.7%となった。
 PHSは5万台、前年同月比80.6%減と8ヵ月連続マイナスとなった。
 JEIYA手は「ワンセグ対応製品が相次いで出現し、牽引した前年好調の反動や、10月以降の急激な景気後退の影響を受けているものと思われる。最大の商戦期である春商戦も際だった特徴がなく、緩やかなスタートになったことも影響している」と見ている。

2009年4月9日


中国総合通信局 FMハムスターに予備免許

 中国総合通信局は3月26日、エフエムハムスターに対して、コミュニティ放送局の予備免許を付与した。
 同放送局は、広島市の安佐南区、東区、安佐北区、西区の一部を放送エリアとして、教育機関と行政機関のコラボレーションによる地域情報を提供する。5月から放送開始予定。

2009年4月9日


近畿総合通信局 ARISSのアマ局に免許

 近畿総合通信局は1日、アマチュア無線クラブ「Kawanishi Seiwadai Community Center ARISS」から申請のあったアマチュア無線局の免許を付与した。
 同無線局は、少年少女が国際宇宙ステーションの滞在する若田宇宙飛行士とアマチュア無線による交信(スクールコンタクト)を行い、科学技術に対する理解と関心を深めるために開設されるもの。

2009年4月9日


シャープ、パイオニア 光ディスク事業を統合

 シャープとパイオニアは9日、DVD機器などの光ディスク事業について、10月1日までに共同出資会社を設立することで基本合意したと発表した。製品開発から製造・販売に至る両社の光ディスク事業を新会社に移管し、統合する。出資比率は未定だが、パイオニアが過半数を取得する見通し。6月25日までに契約を締結する。

2009年4月10日


日立マクセル 320/160GBのカセットHDD

 日立マクセルはカセットHDD「iV」の320GBと160GBを5月25日から発売する。市場想定価格は320GBが2万500円前後、160GBが1万6000円前後。
 同商品は日立製作所が展開するiVDR規格対応の専用スロット「iVポケット」を搭載する薄型テレビ「Wooo」などに対応している。
 320GBモデルはハイビジョン映像を約256時間録が・保存することができる。データの最大転送速度はBDの約5倍に相当する726Mbpsに向上した。

2009年4月10日


08年12月末CATV加入2280万、普及率44%

 08年年12月末の国内ケーブルテレビの加入世帯は2280万世帯、普及率は43.6%で、同年9月末より21万世帯増加した。総務省のまとめによる。ケーブルテレビは不況下でも強い放送サービスとされ、08年度は四半期ごとに20万以上着実に加入数を増加させていることになる。
 ケーブルテレビ利用のインターネット接続の契約者数は08年12月末時点で408万3072件、前年同期より6万の純増、着実にインターネット契約者も増えている。

2009年4月10日


米マイクロソフトとヤフーが提携協議加速

 米ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)は10日、関係者の話として、米マイクロソフトとヤフーがインターネット広告事業をめぐる提携協議を加速させていると報じた。景気悪化に伴う広告市場縮小を背景に、マイクロソフトとの検索事業統合も排除していないという。
 このほど、マイクロソフトのバルマー、ヤフーのバーツ両CEOが直接会い、複数案を協議。パソコン上で入力した検索語句に連動し、閲覧サイトに広告を張り付ける検索連動型広告の市場で取引先の広告を相互供給したり、広告の効果や収入を高めるとノウハウを共有したりする案が話し合われたという。
 ヤフーは昨年、マイクロソフトによる全社買収提案などを拒否後、社運をかけたグーグルとの広告事業提携交渉が頓挫、ヤン前CEOが引責辞任した経緯がある。
 1月に就任したバーツ新CEOは、仕切り直しの交渉に意欲的なマイクロソフトの呼びかけに応じ、オープンに検討する意向を強調していた。

2009年4月14日


ヤマダ電機 テックランドNew幕張本店移転オープン

 ヤマダ電機は10日、「テックランドNew幕張本店」(千葉市花見川区幕張町)を開店した。車で数分の距離にあった級・テックランド幕張店を移転し、売場を倍の6726平方メートルに増床してのオープン
 新店舗は、JR総武線・幕張駅の西約800mに立地。商圏内のJR京葉線・海浜幕張を中心に形成される幕張新都心には、幕張メッセや千葉マリンスタジアムを核にさまざまな大型商業施設が林立し、住宅地区の幕張米タウンには中高層マンションが建ち並び、今後の発展がますます期待されるロケーション。
 隣接するファミリーレストランなどとの教養駐車場と併せて484台分を用意。

2009年4月14日


コジマ NEW西東京店オープン

 コジマは11日、「NEW西東京店」(西東京市向台町3)をオープンした。
 西武新宿線田無駅から徒歩15分程度のIHI田無工場跡地に立地し、売場面積は2359平方メートル。1階にはスーパーのサミットが入り、2階がコジマ、3階が駐車場。駐車場は199台分を確保し、従業員は30人。

2009年4月14日


"先取りエコポイント" 家電量販店各社が実施

 ヤマダ電機は「緊急先取りエコポイント」を9日から一部店舗で先行してスタートし、10日から全店で実施している。薄型テレビやエアコンなど対象商品に対し「エコポイント5%還元」または「エコ特典5%値引き」を、従来のポイントなどに上乗せして付加する。
 コジマは同社指定の省エネ家電商品を、自社の「コジマお客様カード」で購入した場合、5%分のポイントを進呈するキャンペーンを10日から全店舗で開始した。
 ベスト電器は、指定の省エネ商品購入に対して、ベスト電器のポイントをさらに5%上乗せする企画を実施する。
 実施期間は11日から5月10日まで(予定)。
 ビックカメラは、グループのソフマップとともに。11日から「省エネ家電 先取り エコポイントアップキャンペーン」を開始した。
 同社は、環境大臣認定の「エコ・ファースト企業」となっており、経済対策に盛り込まれた省エネ家電の販売促進に協力する趣旨。
 同社指定の省エネ家電を購入すると、ビックポイント基本10%(ソフマップはソフマップポイント)がさらにプラス5%アップする。併せて、統一省エネラベル5つ星の同社指定省エネ家電2点同時購入で、1万ビックポイントをプレゼントする。期間は5月10日まで。

2009年4月14日


NEC 個人向けPC 38モデル

 NECは、個人向けPC「LaVie」「VALUSTAR」シリーズ7タイプ38モデルを16日から順次発売する。店頭予想価格はノートLL750が19万円前後、LL700が17万5000円前後、デスクトップVN790が23万5000円前後、VN770が21万5000円前後、LuiモデルVR500が18万5000円前後など。
 新商品では、普及価格帯にもブルーレイディスクドライブ搭載モデルを拡大し、フルHD液晶を17モデルに採用するなど、美しい映像を訴求している。

2009年4月15日


ソニー ウォークマンのフラグシップモデル

 ソニーは高音質・高画質を追求したウォークマンのフラグシップ「NW-X1000」シリーズ2機種を25日に発売する。
 新商品は32GBのフラッシュメモリー内蔵の「NW-X1060」(店頭予想価格5万円前後)と「NW-X1050」(同4万円前後)。
 フルデジタルアンプ「S-Master」やデジタルノイズキャンセリング機能など、6種類のデジタルクリアオーディオテクノロジーを採用した。ホームオーディオなども含めた同社のオーディオ技術を小型ボディに結集している。
 3.0型ワイド有機ELディスプレイを採用し、高画質な動画・静止画再生が可能。ボタンとタッチパネルによるハイブリッドオペレーションとし、タッチパネルによる直感的な操作とポケットに入れたまま扱えるボタン操作を組み合わせ、軽快で快適な操作性を実現する。
 無線LAN、ワンセグテレビ、FMラジオ、マルチコーデック対応などの多彩な機能も備えている。

2009年4月15日


JVC・ケンウッドホールディングス 3月期業績予想を下方修正

 JVC・ケンウッドホールディングスは09年3月期の業績予想を下方修正した。
 構造改革などにより下期は100億円を超える改善効果が得られたが、在庫過剰による価格下落の影響を大きく受けた。
 売上高は前回予想比100億円減の3100億円、営業利益は同30億円減の収支均衡、経常損失が同25億円悪化し55億円、当期純損失が30億円悪化し180億円に修正する。

2009年4月15日


日本エイサー ネットブックの新モデル

 日本エイサーは15日、「Aspire one 10.1inch」の進化版として、薄さ約25mm、重さ約1.07kgの新モデルを発表し、24日から全国の量販店で発売する。
 新製品は、軽量・コンパクトに加え、スリム化を実現し、携帯性を向上。
 小電力のインテルAtomプロセッサN280を採用。最大駆動時間7.5時間で4色のカラーバリエーションを用意した。

2009年4月16日


工人舎 10.1型ワイド液晶のモバイルノートPC

 工人舎は14日、10.1型ワイド液晶を搭載したモバイルノートPC「MTシリーズ」を発表し、Webサイトで同日から受注を開始した。価格は4万9800円。
 OSにWindowsXP Home Edition SP3を採用。CPUにはインテルAtomプロセッサN270、メモリー1GB、HDD 160GB。
 インターネットやTVを10.1型ワイドの画面で楽しめるほか、キーピッチ17.5mmのキーボードにより、文書やメール作成などの入力作業も容易。
 バッテリ駆動時間は約5.2時間。ボディカラーはブラックとホワイトの2色。サイズは、幅266×奥行き202×厚さ22.3-33mm、重さは約1.2kg。

2009年4月16日


ウィルコム システム手帳に挟んで持ち運べるデータ通信端末

 ウィルコムは15日、システム手帳に挟んで持ち運べる、インターネットに特化した携帯情報端末(東芝製)を発表した。24日に発売する。
 新端末「WILLCOM NS」は、「新しい情報がいつも手帳の中に」をコンセプトに開発。システム手帳に収まる薄さ11mmのコンパクトなサイズで、システム手帳とセットで持ち運べる。いつでも、どこでも、新しい情報をすぐに入手したいというニーズを受け、音声機能は一切持たず、データ通信に特化した。

2009年4月16日


三洋電機 アルミ電解コン事業をサン電子に譲渡

 三洋電機は、アルミ電解コンデンサ事業を関係会社のサン電子工業に譲り渡すことが15日明らかになった。
 全社挙げて推進している事業構造改革の一環。今月24日付で三洋電機が所有するサン電子工業の株式の大半をサン電子工業に譲渡し、アルミ電解コンデンサ事業をユーザを含め、サン電子工業に譲り渡す。
 サン電子工業は三洋電機の関係会社から外れ、自主自立経営でアルミ電解コンデンサ事業を拡大している。

2009年4月16日


ルネサス、NECエレ 統合報道を否定

 16日、ルネサステクノロジーとNECエレクトロニクスが経営統合に向け最終交渉に入ったとする一部報道に対し、両社は「決定した事実はない」とのコメントを発表した。

2009年4月17日


パナソニック カードに有効期限を音声通知するETC車載器

 パナソニック オートモーティブシステムは、ETC車載器の新製品として、業界初の「ETCカード有効期限お知らせ」機能を搭載した2機種、アンテナ分離型CY-ET909D/KD(1万4000円)とアンテナ一体型CY-ET809D(9500円)を5月20日から発売する。
 新製品は、ETCゲートでのトラブルの一つとなっている「ETCカード有効期限切れによる通信エラー」を未然に防ぐため、有効期限を音声で知らせる機能を業界で初めて搭載した。
 このほか、カード未挿入、抜き忘れなどの音声案内のON/OFFが自由に設定可能、最新履歴100件の利用日と料金を音声確認可能など、音声機能を充実させている。
 なお、音声は、声優の日高のり子さん(TVアニメ「タッチ」の浅倉南役など)が担当している。

2009年4月17日


MSI GeForce GTX275搭載のグラフィックスボード

 MSIコンピュータジャパンは、最新のGPU「NVIDIA GeForce GTX275」を搭載したグラフィックス「N275GTX Twin Frozr」を17日から発売する。店頭予想価格は3万1800円前後。
 5本のヒートパイプとPWMファン2つを使ったオリジナルGPUクーラーを採用し、GDDR3メモリー896MBを搭載した。オーバークロックモデル(コア666MHz/メモリー2322MHz)で、オール個体コンデンサを採用。

2009年4月17日


レノボ ネットブックに新色追加

 レノボ・ジャパンは、ネットブックPC「IdeaPad S10e」のカラーバリエーションに、ユーザから要望の高かったマットブラックを追加し、22日から発売する。店頭予想価格は4万9800円。

2009年4月17日


NECが世界第1位 遺留指紋照合技術評価テスト

 NECは、米国技術標準局(NIST)が実施した「遺留指紋照合技術評価テスト」で、世界第1位の指紋照合技術を有するという評価を獲得した。
 遺留指紋は、犯罪現場に残っている指紋。同テストは、あらかじめ登録した1万人分の指紋画像に対して、遺留指紋画像835件を全自動で照合したときの認識率を評価したもの。
 同テストは、遺留指紋照合処理自動化の可能性を検証することを目的に実施された。世界の主要指紋照合システムベンダーが参加し、NECの認識率は97.2%と、2位の87.8%を大きく引き離した。
 遺留指紋画像は、いくつかの指紋が重なっているなど状態が良くないことが多く、指紋鑑識専門家による手作業に時間がかかっていることから、照合自動化へのニーズが高まっている。

2009年4月17日


CIPA 来年3月に新たな写真・映像分野の展示会「CP+」

 カメラ映像機器工業会(CIPA)は17日、来年3月に新たな写真・映像分野の展示会「CP+」を立ち上げることを発表した。
 国内の写真・映像関連展示会ではPIEがCIPAを含む4団体主催で行われていたが、毎年各団体持ち回りで主催団体が変わる開催に「中期的な継続性がなく発展が望めないことから独立し、新たな展示会を立ち上げることを決めた」。
 新展示会「CP+」は「Camera&Photo Imaging Show」の意。民生とビジネス両面を扱う総合的カメラ映像展示会とし、従来の写真の枠に収まらないデジタルイメージングの世界が本格化するなか「撮る・見る・つながる」楽しさを提供する。
 第1回は、日本写真映像用品工業会の協賛や横浜市などの協力により、来年3月11-14日に横浜市のパシフィコ横浜で開催する。

2009年4月20日


1-3月世界PC出荷 6.5%減、6721万台

 米ガートナーによると、09年第1四半期(1-3月)の世界PC出荷台数は前年同期比6.5%減の6720万9000台だった。
 同社は「PC市場では、米国を中心に流通経路における在庫を補充する動きも出てきた」と指摘。しかし「これをエンド・ユーザの需要の回復とみることはできない。世界のPC市場が底を打ったかどうかは依然として明らかでない」と説明した。
 また同社によると、ほとんどの地域で低価格のノート型がPC産業の成長を牽引し続けたが、同PCの平均販売価格は低下しており、結果としてPC全体の売上高の激減につながってくるという。
 ベンダー別出荷台数シェアのランキングは、米HPが1330万5000台、シェア19.8%を占め、首位を維持。2位が米デルで13.1%。次いで3位が台湾エイサー、4位が中国のレノボ、5位東芝の順だった。

2009年4月20日


ベスト電器 コンプライアンス遵守を徹底

 ベスト電器は16日、郵便料金の割引制度を悪用した郵便法違反で元販売促進部長が逮捕されたのを受け、株主、お客、取引先へのおわびと大阪地検特捜部による捜査に全面的に協力、さらには法務・コンプライアンス部門のチェック体制を強化するとした。

2009年4月20日


ACCS 3月の著作権侵害警告件数など発表

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、著作権侵害への警告や情報提供数の3月分データを発表した。
 警告件数は、ヤフーオークションへの削除要請数33件、Youtubeへの削除要請数1203件、その他削除要請・警告数23件、合計1259件となった。
 著作権侵害の情報提供数は、海賊版ソフトなどのメディア流通404件、動画投稿サイト・P2Pなどのアップロード53件、情報の売買・機器販売など、その他情報106件、合計563件となった。

2009年4月20日


ヤマダ電機 テックランド北茨城店オープン

 ヤマダ電機テックランド北茨城店(茨城県北茨城市中郷町上桜井)が17日、オープンした。
 北茨城市の郊外開発地区に立地、国道6号や常磐自動車道などを利用した車の来店が多いロードサイド型店舗。近隣にはケーズデンキ北茨城パワフル館、ワンダーグーなど郊外型店舗が集積する。
 売場面積は2662平方メートル、駐車場は116台収容、従業員は60人。

2009年4月20日


ケーズ 横浜町田インター店オープン

 ケーズホールディングスは16日、「横浜町田インター店」(東京都町田市鶴間3)をオープンした。
 東京田園都市線南町田駅前のショッピングモールに隣接し、駅からは徒歩5分ほど。
 カルフール南町田店跡に出店したため、施設は内装を変えたほかは、そのまま使用している。売場は2階で、1階と屋上が駐車場となっており、560台収容可能。従業員は45人。

2009年4月20日


東芝 ノートPC 31モデル

 東芝は、ノートPC 11機種31モデルを24日から順次発売する。  「QosmioG50」「同F50」には、独自の映像専用エンジンを搭載。インターネット動画の映像に最適なフレームの生成やデジタルノイズリダクション、色補正などにより、動画をなめらかで、くっきりと表示する。iPodなどで再生可能なMP4形式に変換する機能や、DVDなどの映像の高画素化機能も搭載している。
 また、「dynabook」シリーズとして新たにネットブック「dynabook UX」(店頭予想価格6万-7万円前後)を発売する。10.1型ワイド液晶で、バッテリ駆動は4時間。
 HDDは故障を起こしにくくする独自技術「東芝HDDプロテクション」、PC本体の電源がオフの状態でも携帯デジタルオーディオプレーヤなどに充電できる「東芝USBスリープアンドチャージユーティリティ」を搭載した。

2009年4月21日


ASUS ハイエンドマザーボード

 ASUSは、NVIDIAの最新チップセットnForce 980e SLI MCPを採用するハイエンドマザーボード「M4N82 Deluxe」を今月中旬から出荷開始した。店頭予想価格は2万2000円前後。
 新製品は、ビデオカードでのグラフィックス処理をマザーボードでも行い、性能を大幅に向上する「Hybrid SLI」に対応している。
 同製品が備える3本のPCI Express 2.0 x16スロットは、複数のビデオカードで分散処理を行うことにより、グラフィックス性能を向上するNVIDIA SLIに対応している。最多で3枚のビデオカードの同時使用が可能。

2009年4月21日


JEITA/JAS 5月1日はサラウンドの日

 電子情報技術産業協会(JEITA)と日本オーディオ協会(JAS)は、5月1日の「サラウンド日」にあわせて、4月25日から5月31日に全国でサラウンドの日体感試聴会をオーディオメーカなどと連携して開催する。体験をベースにサラウンドの魅力を伝え、機器の需要活性化を進めていく。
 サラウンドの日は、両協会が5.1ch方式にちなんで昨年制定した。サラウンドを身近なものとして知ってもらい、多くの人にの生活文化として定着することを目指している。

2009年4月21日


総務省 地デジ、問い合わせ急増

 11年7月に予定されているテレビ放送の完全デジタル化まで2年半を切り、国民の地上デジタル放送への関心が高まってきた。民放各局のPRなどが奏功した格好で、総務省が設置したコールセンターには問い合わせが殺到。オペレータ不足を補うため、同省は今年度内に1日あたりの対応人員を3倍の75人に増やす計画。
 今年度は生活保護世帯などへの地デジ受信機の支給や、購入費の補助事業を始めるため、関心がさらに高まるのは確実。同省は問い合わせが2.6倍の100万件に達すると見ている。

2009年4月21日


省エネ家電のエコポイント 5月15日購入分から付与

 政府は21日、省エネ性能の高いグリーン家電製品の「エコポイント」の付与について、5月15日購入分から対象にすると発表した。
 ポイント付与の対象は、省エネ性能を示す星印が4つ以上のエアコン、冷蔵庫、地上デジタル対応テレビ。エアコンと冷蔵庫は価格の5%、地デジ対応テレビには10%を一律に還元する。買い換えの場合には、リサイクル料金分のポイントを上乗せして付与する。
 政府は、制度の詳細を早急に詰め、夏にもポイントが使えるようにしたい考え。ポイント付与には購入日と購入店がわかる「保証書」と「領収書」を必要とする方針で、政府は消費者に保管を呼びかけている。リサイクル料金のポイントには「家電リサイクル券の排出者控え」も必要になる。

2009年4月22日


富士通 PC夏モデル10シリーズ

 富士通は21日、個人向けPC「FMVシリーズ」のラインアップを一新し、夏モデル計10シリーズ19機種を発表、23日から販売を開始する。
 店頭予想価格は、ノートPC「NF/D75」が19万円前後、「NF/D70」が17万円戦後、ネットブック「LOOX M/D10」が6万円前後、デスクトップPC「LX/D90D」が23万円前後、「CE/D50」が20万円前後。
 今回ネットブック新製品「LOOX Mシリーズ」をラインアップした。
 ミルクホワイトとルビーレッドのカラーバリエーションを用意。10.1型ワイド液晶の筐体に約17.2mmのキーピッチを確保した。電子辞書も搭載している。

2009年4月22日


シャープ 光センサー液晶パッド搭載の「メビウス」

 シャープは、タッチパッド部に世界で初めて「光センサー液晶」を採用し、新しいセンシング(感知)方式により、手書き入力と直感的なタッチ操作を実現したノートパソコン「Mebius」PC-NJ70Aを5月下旬から発売する。
 新製品に搭載した4型の光センサー液晶パッドは、従来のマウス機能に加えて、ペンによる絵や字の手書き入力(中国簡体字、ハングル文字対応)、複数の指でのマルチタッチ操作による表示内容の拡大・縮小・回転が可能。
 例えば、画面上の写真に手書きでサインを加えてメール送信したり、2本の指を開閉してホームページを拡大・縮小し、みたいサイズに調整したりすることができる。
 さらに、本をめくるように指を動かして電子ブックのページを送る、サムネイル画面を左右に送るジェスチャでスライドショーの写真を選ぶ、といった操作もできる。
 従来方式のタッチパネルで必要なタッチセンサーや保護膜を液晶パネル表面に張り付ける必要がないため、図や写真などをより鮮明に表示できる。
 10.1型液晶、1.46kgのコンパクトボディに、入力しやすい17.5mmピッチのキーボードを採用した。OSはウインドウズビスタ・ホームベーシックSP1、メモリー標準1GB、HDD約160GB。

2009年4月22日


ケーズ 9月に釧路進出

 デンコードー(仙台市)は、北海道釧路市に「ケーズデンキ釧路店」を9月にオープンさせることを明らかにした。
 新店舗の建設地は、釧路市中心街から約4km西北の鳥取大通3丁目5番。国道38号沿い。
 釧路店の店舗面積は6125平方メートルで、駐車場は311台収容。オープン予定は9月24日としている。

2009年4月22日


MSI 自社ブランドでPC市場に参入

 MSIコンピュータジャパンは22日、自社ブランドによるPCシステム市場へ進出することを発表し、スリムノートPC「X340シリーズ」、世界最薄のオールインワンPC「Wind NetOn AP1900」などを5月16日から発売する。
 店頭予想価格は「X340 Super」が9万9800円前後、「X340」が8万4800円前後、「AP1900」が5万9800円前後。
 「X340」はCPUにインテル省電力版Core2Soloを採用。消費電力が少なく発熱の小さなCPUの採用により、冷却や排熱の制約から自由になり革新的なデザインを実現。
 13型モニターを搭載し厚さ1.98cm、質量1.3kg。4セルリチウムバッテリで3.5時間駆動を実現。

2009年4月23日


日本HP ミニノート2モデル

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は16日、ミニノートPC「Mini 2140 Notebook PCシリーズ」にWindowsXP Professional SP2をプリインストールした2モデルを発表し、受注を開始した。4月下旬からオンラインストアなどを通じて販売する。
 価格は160GB HDD搭載モデルが6万9930円、80GB SSD搭載モデルが7万9800円。
 新製品は、インテルAtomN270プロセッサを搭載した。メモリーは2GB。10.1型ワイドHD液晶ディスプレイを採用。

2009年4月23日


3月のTV国内出荷 薄型TV好調続く

 JEITA(電子情報技術産業協会)が22日発表した民生用電子機器国内出荷実績によると、3月のカラーテレビ(CRT+10型以上の液晶+PDP)は103万1000台の前年同月比12.8%増となり、2ケタ成長を維持した。
 そのうち、10型以上の液晶テレビは93万1000台、同114.2%。インチ別で特に伸びたのが30-36V型で、29万8000台、同31.9%増となった。
 価格下落により購入しやすくなってきたことから、従来20型台が多かった新生活需要でも、30型台の販売が進んだことなどが貢献した。
 PDPは、9万3000台の同27.1%増で3割弱の伸びとなった。PDP全体数量の7割を占める43型以下は7万3000台の同115.0%となった。

2009年4月23日


パイオニア USB2.0接続のポータブルDVD/CDライター

 パイオニアはUSB2.0接続のスリム型ポータブルDVD/CDライター「DVR-XD08」(店頭予想価格1万5000円前後)を5月上旬に発売する。
 新商品はPCメーカ向けにOEM生産で実績のあるスリムドライブ技術を応用し、ポータブルドライブ用として新設計した。USB2.0バスパワー駆動のため、手軽にノートPCなどに使用できる。
 スリムドライブ型としては初めて、オーディオ再生時に音声データをより忠実に読み取れる「PURE READ(原音再生)」機能を搭載した。
 キズ・指紋など汚れのついたDVDディスクや、書き込み品質の劣る記録型DVDディスクも再生できる可能性を高めるDVD再生支援機能を搭載した。

2009年4月24日


ASUS 小型マザーボード

 ASUSは20日、AMDのPhenomUプロセッサに対応する小型マザーボード「M4A78-VM」の出荷を開始した。店頭予想価格は1万500円。
 同製品は、3Dグラフィックス処理も行える高機能なグラフィックス機能を搭載している。
 電源ボタン補オスだけでPCのパフォーマンスが変えられるTurbo Key機能により、あらかじめ設定したオーバークロック設定に切り替え、動作の軽重に対応できる。
 PC全体の電力消費を管理する専用のプロセッサ「EPU」を搭載し、消費電力を抑えている。

2009年4月24日


3月のパソコン国内出荷 台数16%減、102万台

 電子情報技術産業協会(JEITA)は23日、3月のパソコン国内出荷実績を発表した。
 デスクトップ、ノートを合わせた全体の出荷台数は、前年比15.9%減の102万台、うちデスクトップが同24.4%減の28万3000台、ノートが同12.1%減の73万6000台で、ノート比率は72.2%。出荷金額は、前年比27.7%減の1003億円、うちデスクトップが同32.8%減の269億円、ノートが同25.7%減の734億円。
 また、08年度(08年4月-09年3月)の出荷台数は879万2000台(前年比5.5%減)、うちデスクトップが282万8000台(同13.4%減)、ノートが596万3000台(同1.2%減)。出荷金額は9758億円(同14%減)である。
 JEITAでは、3月の概況について、ノート比率は単月実績としては過去最高となった。コンシューマ市場は春の商戦期に入り、ノートを中心に堅調に推移した。一方、ビジネス市場は前月より持ち直したが、依然として景気不透明の影響から厳しい状況が続いていると見ている。
 08年度については、コンシューマ市場は引き続きノートの販売が好調で、1年を通じて堅調に推移。特に秋口以降からネットブックの台頭もあり、市場は活性化されている。ビジネス市場では、夏場まで好調に推移していたが、米国発の金融危機の影響もあり、特に下半期からは急激に悪化。その結果、市場全体では年間で前年を5%ほど下回る出荷実績となった、と分析している。

2009年4月24日


パナソニック レッツノート夏モデル

 パナソニックはモバイルノートパソコン「Let'snote」の夏モデルとして、基本性能を強化したCF-F8/W8/T8/R8シリーズを5月22日から順次発売する。
 新製品は、最新のモバイル向けプラットフォーム「vProテクノロジー インテル Centrino 2」を採用した。
 インテルCore2Duo超低電圧版SU9400(1.40GHz)、モバイル インテル GS45 Expressチップセット、インテル WiFi Link 5100(IEEE802.11a/b/g準拠、IEEE802.11nドラフト2.0準拠)を搭載した。
 省電力CPU搭載、大画面長時間駆動のF8モデルが店頭限定で新たに登場。バッテリ駆動時間約10時間を実現し、WXGA液晶(1280×800ドット)を搭載した。

2009年4月27日


ティアック CDプレーヤ+カセットデッキ

 ティアックはひとつの筐体にCDプレーヤとカセットデッキを搭載したCDプレーヤ/リバースカセットデッキ「CD-A550」(6万3000円)、「同A750」(8万9250円)を5月20日から発売する。業務用システムだが、量販店でも展開する。
 「CD-A550」は、一般音響設備から一般オーディオシステムとの組み合わせによる小規模システムまで、幅広い対応が可能なシステム。
 3Uラックマウントサイズに、CDプレーヤとカセットデッキの2つの機能を搭載している。CDプレーヤとカセットデッキはそれぞれ独立した操作が可能で、CDからカセットテープへのダビング、CDとカセットテープの連続再生などの機能を搭載している。

2009年4月27日


MSI マイクロATX仕様のマザーボード

 MSIコンピュータジャパンは、マイクロATX仕様のマザーボード新製品2機種を24日から発売している。
 「X58M」(店頭予想価格2万800円前後)はATI CrossFire X対応のインテルX58 Expressチップ設置を搭載した。
 「G41TM-E43」(同7980円前後)はHDMI/DVI-D/D-Sub15ピンの出力端子を装備している。
 両製品ともハードウエア制御により、OSを問わず電力供給を最適化する省エネ電源回路を採用した。
 また、オール個体電解コンデンサと、全チョークコイルにノイズ漏れを大幅に低減するシールドタイプを採用している。

2009年4月27日


ブルートゥース3.0発表

 Bluetoothの普及団体Bluetooth SIGは、スピードと帯域幅を拡張したBluetooth3.0を発表した。
 規格の正式名称は「Bluetooth Core Specification Version3.0+High Spees」。802.11を利用し、最大24Mbpsデータ伝送を実現する。また同規格を採用したモバイル機器は拡張されたビルトインコントロール機能によって、さらなる省電力化を実現できる。
 同規格を採用した機器は有線接続を必要せずに、ビデオ、音楽、写真などの大きなデータファイルを転送することができる。

2009年4月27日


ヤマダ電機 テックランド新山下店オープン

 ヤマダ電機は24日、「テックランド新山下店」(横浜市中区新山下)をオープンした。
 JR根岸線・石川町駅の東約2kmの首都高速狩場線・新山下ランプ交差点角地、オーウェーブ新山下店の駐車場敷地内にリッチ。道路を挟んで向かいには島忠ホームズを核とした商業施設があり、周辺広域からの集客力が見込まれる。
 売場面積は約5062平方メートル、駐車場は複合516台分を用意。従業員は約70人。

2009年4月27日


NECエレとルネサス 来年4月に事業統合

 NECエレクトロニクス、ルネサステクノロジ、NEC、日立製作所、三菱電機の5社は27日、NECエレとルネサスの事業を統合する方向で、今後、統合条件に関する協議を開始することで合意したと発表した。事業統合時期は10年4月1日をメドとし、統合新会社はNECエレを存続会社とし上場を維持することを前提に検討する。
 統合する両社の09年3月期売上高見通しの合計は1兆2000億円を超える。世界半導体市場で米インテル、韓国サムスン電子に次ぐシェア3位となり、国内最大の半導体メーカとなる。
 両社はともにマイコン事業、システムLSI事業、個別半導体事業の3事業が主力であり、それぞれで相乗効果が期待できる。
 特に柱となるのが、ルネサスが世界首位、NECエレが世界2位のシェアを持つマイコン事業。新会社の世界シェアは現在3位の米フリースケールを大きく引き離す31%に達し、トップメーカとして世界展開を狙う。

2009年4月28日


マイクロソフト 中古PCにOSライセンス提供

 マイクロソフトは24日、市場に流通する中古PCに正規のウインドウズOSライセンスを提供する「Microsoft Authorized Refurbisher(MAR)プログラム」のサービスを始めると発表した。
 同プログラムは、正規のウインドウズがインストールされていた中古PCに再度ライセンスを提供するもの。プログラムに参加する主要中古PC販売会社が、データ消去などの適正な処理を行った後ウインドウズをインストールして販売する。
 プログラムには、ヤマダ電機、ソフマップなど全9社が参加し、25日から正規ウインドウズOSをインストールした中古PCの販売を始めている。
 中古PCは、内部データを消去後販売されるが、データとともにOSなどのソフトウエアも消去する場合が多く、ハードウエアだけの中古PCが多く流通している。
 このソフトを持たないPCに、流通過程で不正にウインドウズがインストールされる、海賊版をインストールするなど、不正OSの導入が頻繁に行われており、不正OSによるウイルス被害も発生している。

2009年4月28日


JVC・ケンウッド・HD 3月期連結決算

 JVC・ケンウッド・ホールディングスが28日発表した09年3月期の連結決算は、構造改革などにより、下期は営業利益段階で100億円を超える改善効果を得たものの、円高や販売減少の影響が大きく、営業利益は残したものの、見込みに対しては下回る実績となった。
 同社は、昨年10月に日本ビクターとケンウッドが経営統合した共同持ち株会社。初となる決算は、パーチェス会計方式でケンウッドの通年と日本ビクターの下期実績を連結して行った。
 経営統合と同時に収益構造改革を行い、コスト削減効果約90億円、コストシナジー効果約14億円、会計上効果約14億円を合わせる約118億円の効果を創出、営業利益は黒字化。経常損益、純損益は見込みに対しては下回ったが、前年参考値に対しては改善を見せた。


09年3月期連結決算
売上高 3097億円
営業利益 100億円
経常利益 -68億円
当期純利益 -187億円

2009年4月29日


JVC・ケンウッド・HD 河原会長が社長を兼務

 JVC・ケンウッド・ホールディングスは28日、6月24日付で河原春郎会長が社長を兼務するトップ人事を発表した。佐藤国彦社長は退任する。

2009年4月29日


ASUS 12.1型ワイドで8.2時間駆動のモバイルPC

 ASUSは12.1型ワイド液晶を搭載し、バッテリ駆動約8.2時間を実現したモバイルPC「S121」を発表、5月2日から発売する。店頭予想価格は8万9800円。
 高さ23mmのスリムボディを採用したスタイリッシュなモバイルツールで、「S」シリーズの最新上位モデル。
 OSにWindowsXP Home Edition SP3を採用した。CPUはインテルAtomZ520、メモリー1GB、HDD160GB。
 スワロフスキー製クリスタルガラスの装飾やパームレストの本革仕様などデザインにもこだわった。

2009年4月29日


マイクロソフト オフィス・システム・SP2の提供開始

 マイクロソフトは29日、「2007 マイクロソフト・オフィス・システム」の各アプリケーション製品をアップデートする「2007 マイクロソフト・オフィス・システム・サービス・パック2日本語版(SP2)」の提供を始めた。
 「SP2」は、安定性やパフォーマンス、相互運用性を大幅に改善。セキュリティのアップデートのほか、利用者の声を反映して修正した多数のアップデートが行われている。

2009年4月30日


ヴイストン 秋葉原にロボットセンター

 ヴイストン(大阪市西淀川区)は29日、東京・秋葉原に首都圏初の直営店舗「ヴイストンロボットセンター」をオープンした。
 同社製品の販売にとどまらず、他社製品や工作キットなど300種類以上を取り扱う。同時に技術サポート、ロボット関連商品の活用提案、情報発信、コラボレーションの場としても考えており、ロボット市場全体の活性化を図る。
 「ユーザーサポートの拠点として重要な位置づけ」としており、同社技術者が駐在し、ユーザの声を聞きながら規格などの発信をしていく。

2009年4月30日


山口放送山口局が300Wに増力

 中国総合通信局は、山口放送に対して、同社「山口放送局」の変更申請を許可した。
 山口市などの弱電界エリアの受信環境改善および夜間の外国波混信対策のために変更されるもの。
 空中線が100Wから300Wへ増力されるとともに、周波数もこれまでの1458kHzから周南放送局と同じ765kHzに変更される。
 5月上旬から本放送が開始される。

2009年4月30日



トップページ > 電波新聞拾い読み > 2009年4月