電波新聞拾い読み 2004年6月

4月末の国内ブロードバンド加入1500万件超

 国内のブロードバンド通信の加入件数が、4月末時点で1500万件を突破したことが5月31日、総務省のまとめでわかった。
 総務省の利用者数調査によると、4月末でADSLが1151万件、FTTHが124万件、CATVが262万件で、合計は1537万件だった。
 特にFTTHの加入者は超高速でデータ通信ができるためADSLからの変更も多く、1年間で約3.6倍と大幅に伸びた。

2004年6月1日


セイコーエプソン 国内ホームテレビ市場に参入

 セイコーエプソンは5月31日、1インチ1万円以下で大画面を実現、プリンタ搭載のホーム用リアプロジェクションテレビを国内ホームテレビ市場に投入すると発表した。
 新製品の液晶プロジェクションテレビ「LIVINGSTATION(リビングステーション)」は画面サイズ57V型(56万円)と47V型(46万円)の2モデル。北米では3月から発売を開始しており、累計で2000台を出荷している。
 国内ではPC・周辺機器を扱うエプソンダイレクトを通じてダイレクト販売を5月31日から開始。
 専用Webサイト、受注センターなどから注文を受け、約一週間で納品、輸送・設置・結線まで一貫してサポートする。当面はエプソンダイレクトのサポート体制を生かした直販だけで展開していく。

2004年6月1日


総務省 6月のアナ変受信対策地域、8県9地域3万2000世帯

 総務省は5月31日、地上デジタル放送の開始に向けたアナログ周波数変更対策に関して6月に開始する受信対策地域を発表した。
 6月中に対策を開始する地域は9地域の約3万2000世帯。関東が2県2地域で、茨城県日立市と群馬県太田市、館林市、邑楽町などが含まれる。
 北陸は2県2地域で富山県氷見市、高岡市と石川県能都町。禁忌し1県1地域で和歌山県田辺市。中後は2県2地域で、岡山県岡山市と広島県大崎上島町、蒲刈町など。四国は1県2地域で香川県善通寺市、庵治町、高松市などが含まれる。

2004年6月1日


情報通信月間 今年で20回目

 情報通信の普及・振興を目的に、電気通信市場の自由化が行われた1985年から実施されている「情報通信月間」は、今年で20回を迎えた。
 今回のテーマは「知りたい近づきたい ふくらむ好奇心ユビキタス・ジャパン!」。
 政府が推進しているe-Japan戦略をベースに「社会全体が元気で、安心して生活でき、新たな感動を享受できる、これまで以上に便利な社会」実現の一環として、情報通信月間推進協議会と総務省が一体となり、全国規模で多彩な行事を開催する。
 月間は、民間と行政が一体とになってIT化に積極的に取り組むための活動として重要な役割を果たす。実施期間は5月15日-6月15日。
 恒例行事としては毎年6月1日に、全国各地において実施される。記念式典では、情報通信に関し貢献のあった個人・団体・システムについて総務大臣表彰、情報通信月間推進協議会会長表彰、地方総合通信局長表彰が行われる。
 今年は無線、インターネット、放送など幅広い分野で多彩な催しが385件予定されている。

2004年6月1日


コンピュテックス台北04開幕

 「COMPUTEX台北2004」台北ワールド・トレードセンターで1日から5日の会期で開幕した。PC市場が復調しており、台湾メーカ各社は絶好調の薄型テレビ、携帯電話、セットトップボックスやデジタルAV機器などにも事業を拡大。展示内容はデジタル・コンシューマ機器へのシフトが色濃く出ており、次世代規格PCI Expressと高速メモリDDRII対応製品の発表も行われることから、初日から活発に商談が展開され、入場登録ブースは終日列ができた。
 COMPUTEX台北2004主催の対外貿易発展協会の許董事長は「出展社1347社、総面積5万8730平方メートルの規模を持つ世界第二のITショーに成長した」と開会式で報告した。

2004年6月2日


日本AMD デスクトップ用プロセッサ4製品

 日本AMDは1日、AMD Athlon64プロセッサファミリの新製品「AMD Athlon64 FX53プロセッサ」(91,885円)、「AMD Athlon64プロセッサ3800+」(82,800円)、「同3700+」(81,650円)「同3500+」(57,500円)を発表した。価格は1000個ロット時。
 このプロセッサは、今後リリース予定のマイクロソフトのWindowsXP ServicePack2との組み合わせにより、デスクストップPCおよびノートPCに専用のEnhanced Virus Protection機能を提供するほか、トップクラスの性能と安全なコンピューティング環境を提供する。
 また、AMD64プロセッサはメモリコントローラとI/OをCPUに直接接続する専用のダイレクト・コネクト・アーキテクチャを採用しており、システム全体の性能と効率を向上させる。このアーキテクチャはフロント・サイド・バスが1600MHzで動作する。

2004年6月2日


アイオーデータ TVチューナBOX

 アイオーデータ機器は、ノートパソコンなどに外付けするだけでアナログテレビ放送を高品位に受信できるUSB2.0専用バスパワー動作テレビチューナBOX「GV-BCTV7/USB2」(12,500円)を6月上旬から発売する。
 ACアダプタはもちろんUSBオーディオ機能に対応するためオーディオケーブルの接続も不要。専用ロッドアンテナを添付し、USBケーブル1本の簡単接続でテレビ視聴が可能。
 外形寸法は2.6×7.9×11.4cm。質量は210g。

2004年6月2日


ソニー クリエ新製品を欧米で停止

 ソニーは1日、欧米市場で今秋以降、PDA「クリエ」の新製品発売を見合わせることを明らかにした。
 日本市場では新製品発売を続けるが、インターネットに接続できる高機能の携帯電話が世界的に普及、電子メールの送受信などで機能的に競合するPDA市場が急速に縮小しているため、PDA事業を見直すことになった。

2004年6月3日


ビジネスシヨウOSAKA2004開幕

 新しい価値創造を実現するビジネスビジョンの提案の場「ビジネスシヨウOSAKA2004」が2日、大阪市のインテックス大阪で開幕した。出展社数は昨年より6社多い122社。各企業が自社の最新のシステムや製品を披露する。会期は4日まで。テーマは「ビジネスルネッサンス−新しい価値創造の実現」。

2004年6月3日


テレビ神奈川 地上デジタルテレビ放送免許申請

 関東総合通信局は2日、テレビ神奈川から提出された地上デジタルテレビ放送の免許申請を受け付けた。
 申請によると、最大出力は1kW、受信チャンネルは18ch。送信所は現行のアナログ放送の送信所と同じ横浜市鶴見区。

2004年6月3日


ヤフーとオーバーチュア キーワード連動広告を独占表示で合意

 ヤフーとオーバーチュアは1日、ヤフーのポータルサイトに表示するスポンサーサイトで、オーバーチュアのキーワード連動広告「スポンサードサーチ」を独占表示することで合意したと発表した。
 従来は、グーグルの「アドワーズ」とオーバーチュアの「スポンサードサーチ」を交互に表示していたが、オーバーチュア1社に絞り込んだ。米ヤフーが昨年、米オーバーチュアを買収した事による影響だとみられる。
 検索連動型広告は、サイト利用者のニーズに即した広告が検索結果と同画面に表示されるので、広告への誘導率が高い。文字だけの表示なので広告単価は比較的安いが、費用対効果が高いことを理由に、ネット広告業界で急成長を遂げている。

2004年6月3日


トロン協会 トロンプロジェクト20周年記念式典

 トロン協会は2日、「トロンプロジェクト20周年記念式典」を東京都内のホテルで開催した。
 トロンプロジェクトは、1980年に坂村健東大教授が「どこでもコンピュータ」の基本構想を提唱し、その実現に向けて84年から産学協同プロジェクトとしてスタートした。現在、ITRON仕様OSは、組み込みシステムの業界標準OSとして、携帯電話、デジカメ、自動車のエンジン制御などに幅広く採用されている。システムに組み込まれる16/32ビットマイコンの中で、半分はITON仕様OSが搭載されている。
 トロンはオープンアーキテクチャで、ロイヤルティフリーだが、他の商用OSを参考に推定すれば「トロンが貢献した世界的な経済効果は10兆円」と算出する。

2004年6月3日


デル プリンタ事業に参入

 デルは3日、インクジェット複合機「デル・オールインワンプリンタ922」(13,800円)とモノクロレーザプリンタ「デル・レーザプリンタ1700n」(29,800円)の2機種を発表し、プリンタ事業に参入すると発表した。
 日本では後発になるが、直販で培った「デルモデル」を生かし、低価格、簡易購入システム、サポート力などで差別化を図りシェア獲得を狙う。
 「新規事業は、常に小さく生んで大きく育てるというコンセプト」というデルの方針に基づき、まずは2機種で市場の声を集める。それらを踏まえ「年内にラインアップを拡げる」と機種のを拡充する考えを明らかにした。
 オールインワンプリンタ922は、プリンタ、カラーコピー、スキャナ機能を備えたインクジェット複合機。普及価格ながらカラーで14PPM、モノクロで19PPMの高速プリントを実現。またPCを立ち上げることなくモノクロコピーとカラーコピーの使い分けができる。
 レーザプリンタ1700nは、1.5円以下のランニングコストと25PPMの高速印刷を実現したほか、ネットワークを標準装備。またトナー交換はフロントカバーを開けてカートリッジを抜き差しするだけなど、メンテナンス作業も簡単。

2004年6月4日


アイオーデータ PC用液晶ディスプレイ100万台突破記念モデルを限定で

 アイオーデータ機器は、97年7月に製品化したパソコン用液晶ディスプレイの累計出荷台数が、今月下旬で100万台を突破の見込みと発表、数量限定の記念モデルを今月中旬から発売する。
 100万台達成記念モデル「LCD-AD152CBF」(48,500円)は、15型スピーカ内蔵デジタル&アナログ液晶ディスプレイとガラス製保護フィルターのセットモデル。「液晶ディスプレイ3年間保証」に対応。1000セットの数量限定。

2004年6月4日


キヤノン コンパクトデジカメ「PowerShot S60」

 キヤノンは、コンパクトボディに上位機種並みの撮影機能を有したデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの新モデル「S60」(店頭予想価格6万円前後)を今月中旬から発売する。
 新商品はガラスモールド非球面レンズとして世界最高の屈折率を誇る新開発「UAレンズ」を採用。これにより3.6倍光学ズーム、28mm相当の広角化など撮影の基本性能を向上しつつ、従来機種「S50」に比べて約3.2mmのスリム化、約30gの軽量化に成功している。有効画素数は約500万画素。
 撮影機能も、起動時間を約2.3秒に大幅短縮したほか、マクロ撮影時の最短撮影距離を4cmに短縮。最大約4.1倍のデジタルズームに加え、最速シャッタースピードを従来機種約1.3倍の1/2000秒にアップ、プリセットホワイトバランスに水中撮影モードを加えるなど、さまざまな点で進化している。

2004年6月4日


ATI 新GPU「RADEON X600」シリーズ発表

 ATIは、コンピュテックス台北で、高速接続規格のPCI Expressに対応したGPU「RADEON X600」シリーズを発表した。
 このGPUは従来製品の倍のデータ伝送が可能で、最大256MBのDDRメモリが搭載できる。
 画像表現にも優れ「高精細テレビに劣らないデジタル三次元動画をスムーズに再現できる世界最高のパフォーマンスを持つ」と、デビッド・E・オルトン社長が語った。

2004年6月4日


リコー 513万画素デジタルカメラ

 リコーは、デジタルカメラの新製品として、有効513万画素CCDと光学3倍ズームの搭載による高性能、ダイヤル操作での絞り優先AE/マニュアル露光など各種マニュアル設定機能、外部フラッシュやフィルタなど専用/汎用アクセサリによる拡張性など、プロユースにも対応した機能を備えながら、手軽な価格とコンパクト設計を実現した「Caplio GX」の販売を開始した。
 ワイドズームレンズは、新設計の7群9枚構成により、ワイド端での周辺光量も十分に確保。また、非球面レンズ4枚と高屈折率低分散レンズ4枚を適切に配置することで、全ズーム域で収差をバランス良く補正する。
 片手でカメラをホールドしたまま指先でのダイヤル操作で、絞り優先AEの絞り設定やマニュアル露出設定、ホワイトバランス調整、ISO感度変更などのマニュアル設定が可能。価格は7万円(税別)。

2004年6月5日


米NVIDIA AMDなどとデスクトップPCプラットフォーム開発で提携

 米NVIDIAは、セキュリティ性に優れたデスクトップPCプラットフォームの開発で、米AMDおよび台湾のASUSTeK、MSIと提携した。
 ネットワークレベルのハッカー攻撃やその他セキュリティ上のリスク対策への関心が高まっているのを受け、4社は、AMD64コンピューティング・プラットフォームとNVIDIAの「nForce」を基板としたセキュリティ性の高いプラットフォームを共同開発し、デスクトップPCの他ワークステーション、サーバー向けとして供給する。
 NVIDIAは、MCP(メディア・コミュニケーション・プロセッサ)の最新製品に、独自のセキュリティ技術「NVIDIAファイアーウォール」を採用するなど、AMDとの提携以前にもシリコンレベルでのセキュリティ強化を進めていた。
 またAMDでも「アスロンFX」と「オプテロン」に強化版ウイルス保護(EVP)技術を実装する取り組みを図っており、双方のソリューションの統合で、セキュリティレベルが一層向上されることになる。
 ASUSTeKとMSIの両社は、AMD64市場向けとしてNVIDIAが展開する、nForce搭載のマザーボード販売で、両社の取り組みに協力する。

2004年6月7日


川越狭山工業会 40周年記念式典

 埼玉県下で工業生産高がトップの狭山市と三位の川越市にまたがる川越狭山工業会は、昭和40年に川越狭山工業団地懇話会として発足し今年で40周年を迎える。2日、川越市内のホテルで上田・埼玉県知事など40人の来賓を招き40周年記念式典を開催した。
 同工業会は埼玉県内で最大規模の製造品出荷額を誇る。会員は76社で、会の活動に賛同する周辺企業が参画しているのも大きな特徴。
 記念式典では、同工業会の石田副会長が開会をつげたあと伊藤会長があいさつ。40年間の関係者の支援に謝辞を述べながら「一昨年から地域や産学官、他地域の工業団地などとのネットワーク作りなど、いろいろ模索している。工業会の発展につながればと念願している」など新たな発展を誓うとともに、協力・支援を要請していた。

2004年6月7日


5月末携帯電話・PHS契約数 0.4%増8233万100件

 電気通信事業者協会が発表した2004年5月末の国内携帯電話・PHSの契約数によると、携帯電話の契約数は前月末比0.4%増の8233万100件。携帯電話の加入者純増率は各社とも4月に比べ鈍ったが、純増数ではKDDIのauが18万7100で8ヶ月連続の首位。二位はNTTドコモの13万200,ボーダフォンは1万7700と伸び悩み。
 第三世代携帯の純増数では、NTTドコモのFOMAが43万4900で、4月に続きトップ。

2004年6月8日


バッファロー 外付けハードディスク3シリーズ

 バッファローは、7200回転&流体軸受けHDDを採用した、外付けハードディスク3シリーズ6製品を、6月中旬から順次発売する。
 「HD-HBU2シリーズ」は、手軽に接続できるUSB2.0/1.1対応。160GB(22,100円)と250GB(32,800円)の2モデル。
 「HD-HBIU2シリーズ」はUSB2.0&IEEE1394対応、ノートPCとの相性がよい。160GB(24,200円)、250GB(34,900円)。
 「HB-HBIBBU2シリーズ」は、USB2.0にIEEE1394bを加え、ハードディスクにも8MBキャッシュ搭載。160GB(32,800円)、250GB(43,400円)。

2004年6月8日


サンワサプライ リムーバブルフレームの新製品

 サンワサプライは、パソコンデータの使い分けや複数の端末間でのデータの持ち運びを実現するリムーバブルフレームの新製品「リムーバブルフレームPro」TK-RF45SS(7,280円:税別)を今月中に発売する。
 複数のOSを使いたい場合、OS別にリムーバブルフレームを設ければ、パソコンを追加購入することなく使い分けることかできる。
 個人が複数のパソコンを並行して使っている場合に、リムーバブルフレーム1台を持ち運び、自分の同じデータにいつでもアクセスできるようにする使い方も可能。
 使用中に誤ってインナーケースを着脱しないよう、鍵をかけないと電源が入らない「安心ロック機能」付き。発生した熱を逃がしやすくする熱伝導パッドも採用。静音FAN、振動を吸収するゴムワッシャを搭載し、快適な使用環境に配慮している。

2004年6月8日


キヤノン 限定1万台「IXY DIGITAL 500」ホワイトモデル

 キヤノン/キヤノン販売は「IXY DIGITAL 500」のカラーバリエーションモデルとして、「IXY DIGITAL 500 White Limited」(オープン価格:店頭予想価格5万円前後)を日本市場のみ限定1万台で今月下旬発売する。
 新商品はフロントカバーに超光沢ホワイト塗装を施したモデル。新開発の多層コーティング技術により、透明感のある白さと磁器のような滑らかさを実現。また、リアカバーの色調をゴールドに変更し、ホワイトとのダブルトーンによる新鮮さを演出する。
 5.0メガピクセルCCDと光学3倍ズームレンズを搭載。

2004年6月9日


米マイクロソフト EU制裁金決定の無効求めて提訴

 米マイクロソフトは8日、独占禁止法違反として約5億ユーロ(約675億円)の制裁金を科した欧州連合(EU)欧州委員会の決定の無効を求めて欧州司法裁判所に提訴した。

2004年6月9日


第50回秋葉原電気まつり 6月19日〜8月1日

 秋葉原電気街振興会は6月19日〜8月1日の期間、「秋葉原電気まつり」を開催する。
 期間中、購入金額5,000円ごとにその場で当たりがわかるスクラッチカードを1枚進呈。削ると
A賞 1,000円のアキバ共通お買い物券 1000本
B賞 300円のアキバ共通お買い物券  13万本
が当たる。賞金総額4,000万円。買い物券の有効期限は8月31日まで。
 統一キャラクタは冬に続いて「KONISHIKI」を起用する。

2004年6月9日


コンピュータソフトウェア著作権協会が通常総会

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、8日に都内で平成16年度第1回通常総会を開き、15年度の事業報告と収支決算報告審議、新役員選任を行った。
 15年度は著作権啓蒙活動として250回を超えるセミナーの実施、台湾・中国との共同活動、不正コピー摘発協力やファイル交換ソフトの実態調査などが行われた。
 刑事事件支援は26件。ヤフーオークションを悪用した海賊版ソフト販売が14件と最も多かった。ファイル交換を主としたインターネット悪用の違法者に対する警告通知書送付件数は13199件、企業内不正使用への警告件数は370に上り、和解は82件。平成10年以降の和解金累計は39億円に達した。

2004年6月9日


日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会 通常総会

 日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA)は、第19回通常総会を9日開催し、平成16年度新理事・役員および活動方針、JPSAアライアンス大賞を決めた。
 新会長には、淺田・ウッドランド会長が就任した。
 第1回JPSAアライアンス大賞は、奨励賞に高速屋、ターボデータラボラトリー、クオリティ・アンド・バリューコンサルティングの3社、特別賞にソフトクリエイトを選出した。

2004年6月10日


松下のDVDレコーダに不具合

 松下電器パナソニックマーケティング本部は、DVDレコーダ「DIGA」DMR-E85Hの一部製品について不具合が発生する可能性があることを明らかにした。専用ディスクによる制御ソフトのアップデートまたはサービス窓口を通じての修理対応(いずれも無償)を行う。
 対象となる製品は、製造番号の先頭から3ケタ目と4ケタ目が4Cおよび4Dのすべてと、4Eの末尾6ケタが000001から007217までの約6万8000台。制御ソフトのバグにより、HDDに録画した番組(タイトル)の編集で「タイトル分割」を繰り返し行っている時に、本体表示窓に「U99」が表示され、操作できなくなることがあるという。

2004年6月10日


バッファロー UltraATA/133対応、RAID機能搭載IDE I/Fボード

 バッファローは、UltraATA/133対応インターフェースボード、RAID機能搭載のIFC-AT133RAID-S(5,300円)を今月下旬発売する。
 同ボードは、IDE接続の内蔵ハードディスクを最大4台まで手軽に増設できる。137GB以上のハードディスクにも対応。
 3種類のRAID機能に加え、2台以上のハードディスクを仮想的に1台のハードディスクとして使用を可能にする「スパニング(JBOD、Just Bunch Of Disks)」機能を追加。手持ちの余ったハードディスクを組み合わせて大容量ドライブとして運用できる。

2004年6月11日


総務省 NHK2局と北日本放送に地上デジタル予備免許

 総務省は9日、NHKと北日本放送から申請のあった地上デジタルテレビ放送局について、予備免許を15日に公布すると発表した。NHKは水戸と富山の2局で、北日本放送とともに今年10月1日の開局を予定する。
 NHK水戸放送局の「みとデジタルテレビジョン」(JOEP-DTV)は、当初空中線電力30Wで開始。周波数は総合が20ch、教育が13ch。来年10月には300Wに増力の見込み。
 NHK富山放送局の「とやまデジタルテレビジョン」(JOIG-DTV)は、当初、空中線電力10Wで開始。周波数は総合が27ch、教育が24ch。来年10月をメドに1kWに増力の見込み。
 北日本放送のデジタルテレビジョン(JOLR-DTV)は周波数28ch。空中線電力と放送区域の拡大整備はNHK富山放送局と共同で進めることにしている。

2004年6月11日


総務省 地上デジタルTV中継局の周波数割当を完了

 総務省は地上デジタルテレビ放送の開始に向けた環境整備を進め、三大広域圏以外の中継局でデジタル放送用に使用する周波数と、アナログ周波数変更対策に必要となる周波数の割当を完了した。今月末をメドに告示する。

2004年6月12日


JCSSAが総会

 日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)は11日、都内で平成16年度通常総会を開催し、平成15年度の事業と収支決算、平成16年度の事業計画と収支予算が審議された。
 また役員選出が行われ、会長に梅崎・丸紅インフォテック社長、副会長に大塚・大塚商会社長、鈴木・九十九電機社長、高橋・リコーテクノシステムズ専務が選出された。

2004年6月12日


三菱電機 高精度GPS測位サービスを全国展開

 三菱電機は、高精度GPS測位サービス「PAS(パス)」を6月から全国展開する。
 同社は、2003年9月からFKP方式による高精度GPS測位サービス「PAS」を関東と近畿の一部地域で開始してきたが、5月末にほぼ日本全国に拡大、6月から全国サービスを開始する。
 FKP方式は、ヨーロッパ諸国で標準インフラとして運用されている。また、国土地理院公共測量マニュアルに採用予定。

2004年6月15日


関東総合通信局 BB接続「ラスト・ワンマイル克服」で報告書

 関東総合通信局は、過疎地など条件不利地域におけるブロードバンド環境整備および加入者回線の整備促進に向けた「ラスト・ワンマイル克服」について、研究会に調査を委託してきたが、同研究会が15日に報告書をまとめる。
 「ラスト・ワンマイル克服のための最適アクセスシステムの在り方とセキュリティに関する調査研究会」は、昨年7月から調査研究を進め、千葉県館山市にモデルシステムを構築。住民参加による実用環境で実証実験を行ってきた。
 報告書では
1)ネットワーク管理センターからアクセスポイント(中継所)までのエントランス回線は18GHz帯無線アクセスシステムが最適
2)一般家庭・SOHOなどの固定用途では5GHz帯(IEEE802.11a)が最適
3)ホテルなどオープンな利用形態が予測される公衆エリア用途では2.4GHz帯(IEEE802.11g)
と提言している。

2004年6月15日


三洋電機 DVDレコーダ市場に参入

 三洋電機は15日、高さ79mmを実現しVHS一体型DVDレコーダ「W CRUISER(ダブルクルーザー)」DZR-DV90(オープン価格)を7月1日から発売し、DVDレコーダ市場に参入すると発表した。実売価格は税込63,000円前後のもよう。
 これにより、国内映像大手10社(松下、東芝、日立、三洋、シャープ、三菱、ソニー、ビクター、パイオニア、船井)の製品が揃うことになり、今後DVDレコーダの普及が一層加速するものと見られる。

2004年6月16日


一般加入電話、2年連続契約増

 総務省が15日発表した電気通信サービスの2003年度末の種類別契約数によると、一般加入電話の契約数が、前年度末比0.8%増の5159万回線と、2年連続でプラスになった。
 ADSLの利用には従来の電話線が必要となるため、新規に契約したケースが増えたとみられる。
 一方、ISDNは、10.2%減の863万回線と2年連続で減少した。

2004年6月16日


福井の男性を著作権法違反で逮捕 オークションで複製ビジネスソフト販売

 静岡県警生活環境課と浜松中央署は14日、「ヤフーオークション」を悪用して、権利者に無許諾で複製したコンピュータソフトを販売していた福井県敦賀市の塾経営者男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。
 容疑は03年10月にヤフーオークションで募った5人の客に対して、CD-Rに複製したビジネスソフトを、1セット当たり2,800円で無許諾販売していたこと。
 この男性は、03年半ばから11月初旬までの約2ヶ月で約350人に対して海賊版ソフトを販売し、約100万円の利益を上げていたと見られている。
 ヤフーオークションへの海賊版の出品をネットパトロールで発見した同署が内偵捜査を進め、5月11日に男性宅の家宅捜索を行いパソコン1台、CD-R約70枚などを押収している。

2004年6月16日


NTTドコモ 完全自立電源方式のFOMA用基地局を7月から運用

 NTTドコモは、地球環境に配慮した商用資源を使用しない完全自立電源方式のFOMA用基地局「DoCoMoエコタワー」の運用を7月1日から開始する。
 NTTドコモグループは環境保全活動の一環として、太陽光発電や風力発電を利用したmova用基地局を、すでに16カ所で運用しているが、FOMA用基地局としては初の運用となる。
 特徴は
1)太陽光発電および風力発電による完全自立電源方式
2)基地局建設に際し、リサイクル可能な資材および廃棄物を出さない材料を採用

2004年6月16日



電波新聞拾い読み トップページへ