電波新聞拾い読み 1999年6月

郵政省研究会 NTTの地域通信料金 上限価格方式運用案を発表

 NTTの地域通信料金について上限価格制を設けることを検討している郵政省は31日、上限価格方式の具体的運用について研究会の報告書案を発表した。
 3年後の通話料からはじき出した収入額に、消費者物価指数変動率や生産性向上率を勘案した指数を掛け合わせたものと、3年後の費用プラス報酬が釣り合うように指数を設定。そこから毎年10月1日の段階で適用される上限価格を割り出す。生産性向上率は、3年ごとにNTT自身の費用情報に基づいて算定されることになっており、NTT自身の合理化努力が利益拡大につながる仕組み。
 昨年の電気通信事業法の改正で、電話料金は原則届出制となったが、事実上の独占であるNTTの地域通信は競争が不十分なことから、上限価格制を導入して、料金値下げを促すことになっていた。

1999年6月1日



NTTドコモ 「いちねん割引」申請

 NTTドコモは5月31日、携帯・自動車電話およびPHSの契約時などに1年間の契約を約束することで、基本使用料を割引する「いちねん割引」の導入について、認可申請を行った。
認可後、全国一斉に提供する予定。
 同サービスは、主に携帯・自動車電話終日プラン契約およびPHSプラン270契約の契約者を対象。ファミリー割引と併用可能。
割引率は
携帯・自動車電話
1年まで7%
1年超、4年まで10%
4年超、5年まで12%
5年超15%
PHS
1年まで15%
1年超、3年まで16%
3年超17%
なお、1年経過後は1年単位で自動更新。契約期間内に中途解約の場合、割引開始時における回線契約の継続利用期間に応じて解約金を支払う。

1999年6月1日



市販ソフトをホームページに掲載 宮城県警が著作権法違反容疑で捜索

 宮城県警生活保安課と仙台南署は5月31日までに、市販のコンピューターのソフトウエアを無断でインターネットのホームページに載せたとして、著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで東京都世田谷区に住む私立高校2年の少年(16)の自宅などを家宅捜索し、パソコンやフロッピーディスクなどを押収した。
 少年は昨年12月5日ごろ米マイクロソフト製のゲームなどを作成するためのソフトを、千葉県鎌ヶ谷市の男性会社員が無料で開放していたホームページに送信。インターネットを通じて、利用者が無料で同ソフトを取り込めるようにし、著作権者の権利を侵害した疑い。

1999年6月1日



アイコム SS無線LANカード、液晶モニターなど来月にかけて発売

 アイコムは5月31日、SS無線LAN用のLANカード、ワイヤレスアクセスポイント、パソコン、パソコン用液晶モニター、同セレクターを6月末から7月にかけて発売すると発表した。
同社が新事業として強化しているSS無線LAN「WAVEMASTER」システムと、参入したパソコン「COMCHAMP」の強化が狙い。
SS無線LANカード
SL-200(29,800円)データ伝送速度2Mbps
SL-100(24,800円)データ伝送速度1Mbps
PCMCIAタイプII準拠

ワイヤレスアクセスポイント
AP-2(59,800円)
無線LANと有線LANのブリッジ機能を持つ
無線LANカード1枚付属
WWWブラウザにより動作状態を管理、設定できる
ルーティング、セキュリティ、ローミング機能内蔵

フルタワーパソコンFS500WS(オープン価格)
ペンティアムIII 500MHz
440BXチップセット
Ultra2 SCSIコントローラ オンボード搭載
デュアルCPUに対応
メタルケース、二重化電源採用

18型TFT液晶モニターLD-T18(オープン価格)
解像度1280×1024ドット、1670万色表示
1Wステレオ出力のアンプ、スピーカーを内蔵

パソコンセレクター「デュオリアII」PU-200(オープン価格)
ディスプレイ、キーボード、マウスを2台のPC/AT機同士、PC/AT機とマッキントッシュ、
 USB対応機同士の3モードの切替
電源はパソコン本体から供給

1999年6月1日



アートディンク 「A列車で行こう6」”プレステ2”で発売

 アートディンクは、同社の看板タイトル「A列車で行こう」シリーズの最新作「A6〜A列車で行こう6」を次世代ゲーム機「プレイステーション2(仮称)」で発売する。
 「A6」では、プレーヤーの求めている情報を自動的に判断、手前のビルの透明化やビルの種類による色分けなどが実行されるなど、ビジュアルで情報を直感的に把握できる。また、2D、斜めからのパース、3D各表示をモードレス表示することでストレスのないプレイが可能になる。
 投入次期は、今年末にも登場するプレステ2本体と同時発売を予定している。

1999年6月1日



ケーズデンキ 長野に初出店

ケーズデンキ 佐久小諸パワフル館(長野県小諸市大字御影新田字池の上2291-1)5月27日オープン
敷地面積 1960平方メートル
店舗面積 1634平方メートル
スタッフ 20人

1999年6月1日



ネットワークアソシエイツ ウイルス新型トロイの木馬発見

 ネットワークアソシエイツは、ハッカーがインターねっを介してユーザーのパソコンにアクセスし、自由に操ることができるようにする新型トロイの木馬(不正プログラム)「BackDoor-G」を発見。
 日本での被害はまだ報告されていないが、危険性が高く、ユーザーに対して即座にウイルス情報を更新することを呼びかけている。
BackDoor-Gは、新しいタイプのハイブリッド型プログラムで、パソコンに侵入する際のハッキングツールとして使われる。
 一度実行されると、ユーザーシステムはインターネットを通じて自由にリモートアクセス可能なオープンクライアントになる。

1999年6月2日



ソニー 「ウォークマン」20周年記念モデル

 ソニーはヘッドホンステレオ「ウォークマン」発売20周年記念モデルとして、WM-WE01(23,500円)など3機種を7月1日から発売する。
 WE01は、本体、リモコン、ヘッドホンを完全に独立させ、コードの煩わしさからユーザーを解放。イヤーレシーバーの右耳側は受信回路部、左耳側は小型ニッケル水素電池を搭載しながら、ワイヤレスとしては従来にない小型化を達成した。
 ワイヤレス送受信には、電波障害を受けにくい230MHzを使用し、また安定性の高い円偏波方式を採用することで、コード付きとほぼ変わらない音質を実現。
 本体はアルカリ単三乾電池と付属バッテリー併用で30時間の連続再生、またレシーバー部は付属バッテリーで約5時間の連続使用ができ、レシーバー用バッテリーは2つ付属しているので充電と使用が交互に使える。
本体カラーは1号機と同じシックなブルー。

1999年6月2日



KDD 関東・東海地区CATV事業者7社とIP電話の実証実験開始

 KDDは1日、関東・東海地区のCATV事業者7社と共同で、CATV網を利用した双方向インターネット電話の実証実験を開始した。
 同実験は、同社がゲートウエイシステムなどを用意し、CATV各事業社がそれぞれのユーザー宅にインターネット電話用セットトップボックスを設置し、各事業社のCATV網を接続。
 これにより、KDDと参加CATV事業者は、システム構成上のセキュリティなどに関する技術的検証を行うとともに、CATV網を利用したインターネット電話に関する運用ノウハウの取得を図る。

1999年6月2日



FBIとの”戦闘激化” ハッカーが捜査中止要求

 米連邦捜査局(FBI)による捜査に反発したハッカーが5月31日、新たに内務省など2カ所の連邦政府関連のホームページに侵入し「今度はこちらの番だ。捜査をやめないと連邦政府のコンピューターを1台ずつ攻撃していく」とのメッセージを残すなど、両社の”戦闘”が激化している。
 AP通信によると、この事件は2つのハッカー・グループの犯行。メッセージは、ホワイトハウスのホームページに侵入したハッカーに対するFBIの捜査への報復であることを示唆している。
 FBIは先週、事件に絡んでテキサス州で4回に渡りハッカー容疑者の自宅などを家宅捜索したが、捜査と前後し、米上院とFBIのホームページも被害に遭い、FBIのホームページは現在も閉鎖されたままだ。
 ハッカーの一人は、コンピューターを通じたAP通信のインタービューで「FBIが逮捕を中止しないなら、連邦政府のコンピューターは動かなくなるかもしれない」と警告している。

1999年6月2日



セガ 「ドリームキャスト」値下げ

 セガ・エンタープライゼスは1日、家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」の価格を29,800円から19,900円に値下げすると発表した。24日から実施する。
昨年11月の発売以来、ソニーや任天堂などライバルのゲーム機に比べ販売苦戦が続いており、1万円もの破格の値下げで一気に追い上げる構え。

1999年6月2日



HDTV・720P方式 ITUが却下

 関係筋によると、2日までジュネーブで開かれていた国際電気通信連合(ITU)の作業部会で、デジタルテレビ放送の高精細度テレビ(HDTV)の規格として、コンピューターの画像表示方式と同じ「720プログレッシブ(P)」と呼ばれる方式が却下された。却下理由は不明。
 720Pは、郵政省がハイビジョンテレビに加えて、HDTVの規格として採用する制度整備を進めているほか、デジタル放送導入の際に採用を検討している民放テレビ局もあり、国際標準としての採用が見送られた影響が広がりそうだ。
 720Pは、電気通信技術審議会が技術的にはHDTVとして適当と答申したばかり。郵政省はこれを受けて、ハイビジョンと同じ横の走査線が1125本の方式をHDTVと定めていた政令を改正する作業に入っていた。

1999年6月3日



ワシントン連邦地裁 マイクロソフト裁判を再開

 ワシントン連邦地裁は1日、米マイクロソフトに対する米反トラスト法違反訴訟の証人調べを再開した。
同訴訟は、原告の司法省側と被告マイクロソフト側の証人調べを行った後、約3ヶ月間休廷し、水面下で和解交渉が進められていた。

1999年6月3日



メルコ 17GB外付けHDD

 メルコは業界初の17GB外付けUltraSCSIハードディスクDSC-U17GTR(53,500円)を今月上旬から発売する。
またマルチコネクトUltraSCSIインターフェイスボードIFC-USP-M2(15,800円)を今月上旬から発売する。

1999年6月3日



パイオニアDVD/CD-Rフェア 秋葉原で17日から4日間

 パイオニアは、今月17日から20日までの4日間、東京・秋葉原電器街の第5電波ビルで「'99夏パイオニアDVD/CD-Rフェア」を実施する。
 フェア期間中、秋葉原地区でパイオニアのポータブルDVDプレヤーを購入した人にはもれなくポータブルDVDプレヤーを収納できるハードケースを、またCD-R/CD-RWレコーダーPDR-D7を購入した人にはもれなくCDソフトケースをプレゼント。
また来場者全員を対象とする空くじ無しの抽選会も実施し、オリンパス「アイトレック」やパイオニアのスケルトンヘッドホンなど豪華景品をプレゼントする。

1999年6月3日



郵政省 夏から全国10カ所で地上波デジタル放送サービスの開発実験

 地上デジタル放送への円滑かつ早期の移行を実現するため、郵政省は、今夏から全国10カ所の地上デジタル放送研究開発用共同利用施設で、地域に根ざしたさまざまな放送サービスの開発実験を開始することを明らかにした。
 同省は、東京パイロット実験実施協議会と、昨年11月から東京で地上デジタル放送パイロット実験を開始し、これまで高精細度映像伝送(HDTV)多チャンネル映像伝送(標準映像SDTV3番組伝送可能)移動体向け映像伝送サービス実験などを行っている。6月から電子番組ガイド(EPG)機能の確認、カーナビ向けデータ放送サービス、双方向データ放送などの開発実験を実施する。
 東京での実験に引き続き今年度中には、北海道、東北、東海、近畿、中国、四国、九州、信越、北陸、沖縄の10カ所で実用規模の地上デジタル放送のサービス開発実験が開始される。

1999年6月4日



東芝 企業向け/家庭向けノートパソコン

 東芝は、企業向けオールインワンタイプのA4サイズノートパソコン「ダイナブックサテライト」シリーズ4機種24モデルを商品化、3日から販売開始した。
また、家庭向けA4サイズのノートパソコンと、企業・家庭の両方に向けたB5サイズのスリムノートパソコンの新製品を6月12日から販売開始する。
企業向けダイナブックサテライトシリーズ(238,000円-418,000円)
「Satelite2550X」「Satelite2550S」「Satelite2060」「Satelite2540」
・モバイルセレロン366MHz
・14.1型TFT液晶ディスプレイ
・100BASE-TX/10BASE-T LANインターフェイス
・ウインドウズ98、NT4.0などOS3種類

企業・家庭向けB5サイズ「ダイナブックSS3330」(オープン価格)
・セレロン333MHz
・11.3型TFT液晶ディスプレイ
・最大56KbpsFAXモデム
・厚さ19.8mm

企業・家庭向けA4サイズ「ダイナブック2540」(オープン価格)
・AMD-K6-2 333MHz
・12.1型TFT液晶ディスプレイ
1999年6月4日



武藤工業 A4サイズのモノクロ・イメージスキャナー

 武藤工業は、A1サイズのモノクロ・イメージスキャナー「SW-101W」を16日から発売する。手書き図面のデジタル・データ化などの用途に向ける。
価格は1,080,00円。
 新製品は、最高解像度800dpiで、微細な図面にも対応する。4mの長尺読み取りが可能。

1999年6月4日



いせや流通グループ 「プラグシティ坂戸店」オープン

 いせや流通グループの家電部門・プラグシティ(群馬県伊勢崎市下道寺町510)は、5月29日に同社26店舗目の坂戸店(埼玉県坂戸市片柳2201)を開店した。
同地は、同グループのホームセンター「カインズ」カー用品の「オートアールズ」が営業しており、新しく加わった同店の売場し1300平方メートルになる。
従業員はパートを含め15日、駐車スペースは約250台分を確保。

1999年6月4日



九十九電機 ツクモカード会員募集キャンペーンスタート

 東京・秋葉原を中心に店舗展開をする九十九電機は、NICOS提携の自社カード「ツクモカード」の新規入会促進として、特典付きの「'99夏の会員募集キャンペーン」をスタートした。期間は6月1日から7月31日まで。

1999年6月4日



ITUデジタルHDTV勧告案 走査線1125本へ

 郵政省は4日、国際電気通信連合(ITU)無線通信部門の放送関係会合の結果をまとめ、デジタル放送方式の国際標準化の動向について発表した。
 デジタルHDTVの映像表示方式については、走査線数1125本への規格統一が勧告案として採択された。
 720Pについては、コンピューターとの親和性のある新概念のテレビジョンサービスとして位置付け、新しい研究課題として継続検討することになった。

1999年6月5日



メルコ ノートPC向けポータブル外付けHDD

 メルコはノートPCの携帯に最適なポータブル外付けハードディスクDVN-P4.3G(59,800円)を今月中旬から発売する。
・重さ165g
・大きさ幅76×高さ17×奥行き138mm

1999年6月5日



iMacカラー花盛り

 マッキントッシュのパソコン「iMac」の大ヒットで、パソコン周辺機器やOAサプライ商品、モバイル端末機器などでファッション性が高いカラー/スケルトンモデルが一気に花開いている。iMac5色のカラーバージョンのプリンターやスケルトンタイプのターミナルアダプターの限定モデル、またOAサプライ分野ではキーボードやマウスからテーブルタップまで、あらゆる分野でiMacカラー製品が登場。5色のマイクロドライプリンターを発売するアルプス電気では「売れ筋はブルーベリーだが、ストロベリーが予想以上。女性ユーザーの増大がうかがえる」としている。
 iMacカラーはブルーベリー、グレープ、タンジェリン、ライム、ストロベリーの5色。アルプス電気はMacユーザーに圧倒的な支持を得たMD-5000の5色モデルを限定販売。
またセイコーエプソンもPM-7700のスペシャルカラーバージョンで発売中。価格はオープンながら、一般モデルよりも5,000円近い高値で販売されている。
 日本ヒューレット・パッカードもキャンペーン企画で、iMac5色に合わせたトップカバーを15,000人限定でプレゼント中。
 OAサプライ業界も、iMacカラー5色に対応した製品が目白押し。最大手のサンワサプライでは十数種類のカラーモデルを発売。
サプライ商品のトレンドはUSB対応とiMacカラーと見られており、販売サイドも「買い換えが加速しており新たなビジネスチャンス」と好評。
 なお女性ユーザーをメインとするモバイル端末、NTTドコモのポケットボード・ピュアやシャープのコミュニケーションパルなどはカラー/スケルトンモデルが常識となっている。

1999年6月5日



コンピューターウイルス被害 5月も最悪状態続く

 情報処理振興事業協会(IPA)は、5月におけるコンピューターウイルスの被害状況は前年同期比33%増の360件、1月からの累計では1551件と発表した。
 それによると、5月は前月の341件よりは減少したものの、3月から連続で300件を越えており、最悪状況が続いている。5月に減少した要因としては、W32/Ska(Happy99)やWord97Macro/Melissaなどがマスコミで取り上げられたことで、ワクチンを使用するユーザーが増え、被害が減少したことが上げられる。届出ウイルスは22種類。いちばん多かったのはExcelMacro/Larouxの81件、初めて届出があったのはWord97Macro/Jediの1件。
 最も被害が大きかったのは、自宅から持ち込んだフロッピーディスクから会社の120台のパソコンにExcelMacro/Larouxが感染したケース。

1999年6月7日



ツインバード ポータブル電子冷温ボックス

 ツインバード工業は、2電源式ポータブル電子冷温ボックス・デュオカーゴi・o「HR-D201GY」(30,000円)の発売を開始した。
 デュオカーゴi・oは、ペルチェ素子による冷却システム採用で、冷媒フロンを使わず、環境にもやさしい冷温ボックス。
 容量は13リットルサイズで500mlペットボトルなら10本入る。縦にも横にも使える2WAYレイアウト。背の高いビンビールやフルボトルのワインも立てたまま入る。
 保冷は周囲温度マイナス22度Cまで冷やす。例えば周囲温度が30度Cの時、庫内温度は約8度C。保温は周囲温度20度Cの時、庫内の温度は約55度C。
 家庭でも使えるAC/DCの2電源対応。運転量は27dB、リビングルームや勉強部屋に置いても気にならない静穏設計。製品寸法は幅280×奥行き340×高さ525mm、重さ5.5Kg。

1999年6月7日



フジカラーサービス 現像済み8mmフィルムをDVDディスクに記録するサービス

 富士写真フィルムグループのフジカラーサービスは、現像済み8mmフィルムの画像・音声をDVDディスクに記録するサービスを8月中旬から開始する。
 同社では以前から8mmフィルムをビデオテープに記録するサービスを行ってきたが、今後急速に普及が見込まれているDVDプレヤーに対応して、DVDディスク「F-Disk(エフディスク)」にデジタル記録するサービスも開始することにした。
 受付窓口は全国のカメラ店、DPE専門店。価格は30分15,000円。
 「エフディスク」は、放送局で使われる最高級テレシネ装置を使用し、追記型DVD光ディスク(DVD-R)にDVDビデオ規格(MPEG2方式)でデジタル記録。このため、デジタルならではの鮮明な画像の再生が得られ、記録後の劣化が無く、長期保存に適している。

1999年6月7日



富士フィルムバッテリー アルカリ乾電池のライト付き多本数パック

 富士フィルムバッテリーは、アルカリ乾電池の数量限定多本数パック商品として、本格派ハンディライト付き単三形20パック(3,200円)とミニライト付き単四形10本パック(1,600えん)を発売した。
 新製品は、同社の夏のキャンペーンパックとして、恒例となっているライト付きパックの'99バージョン。本格派ハンディライトはブラック、イエローの2色、ミニライトはミニカーライトとスケルトンライトの2種類をラインアップした。

1999年6月7日



シャープ 世界最小・最軽量のDVDテレビ

 シャープは7日、7型ワイド液晶モニターを持つ世界最小・最軽量の液晶DVDテレビDV-L70TV(158,000円)を28日に発売すると発表した。
 新製品は、幅188×奥行き141×高さ25.4mm、重さ620g。U/Vテレビチューナーを内蔵。電源はAC、DC、カーの3電源。
 液晶はアンチグレア・ローリフレクション偏光板を採用し、外光反射を低減した約33万7000画素のTFTパネルを採用。
 電池(別売)は幅188×奥行き134.5×厚さ14.5mm、重さ650gのリチウムイオン二次電池を本体下部に装着できる。
 液晶モニターの下部左右に直径28mmのスピーカーを内蔵し、0.8W+0.8Wのステレオ音声を出力。電池寿命は約4時間のDVDソフト連続再生が可能。
 GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)機能を持ち、本体操作のみで字幕、音声などの切替が可能。リモコン、アンテナイヤホンも付属。
 バッテリーパックVR-100BTが7月中旬、カーアダプターVR-D100CCが8月に発売される予定。

1999年6月8日



松下電送システムが「IP BOX」 既存のFAX、電話をIP接続

 松下電送システムは、米シスコシステムズからネットワーク技術の提供を受け、既存のFAX、電話をインターネット網(IP網)に接続する「IP-Voice/IP-FAXユニット”IPBOX”」を開発したと7日発表。
IPBOXはITUのIPテレフォニー規格のH.323、IETFのインターネットFAX標準RFC2305に準拠、IP網を利用して高品質の音声/FAX通信を可能にするもの。商品化は2000年度以降、市場動向に沿って実施の考え。目標価格は5万円以下。
まずオフィスユースを見込めるが、将来的にはケーブルテレビ加入者を含む一般鑑定にも普及を図りたい意向である。

1999年6月8日



シマンテック 新種のコンピューター・ワーム発見

 シマンテックは、新種のコンピューター・ワーム「プリティパーク」を発見し、同社のウイルス対策ソフト「ノートン・アンチウイルス」ユーザーに対して、ワクチンの提供を開始した。
 プリティパークはフランスのスパムメールで配信されていたと報告されているワーム。メールに添付されているファイル名はPrettypark.EXEで、実行するとウインドウズ標準の「3Dパイプ」スクリーンセーバーを表示し、30秒ごとに自分を添付したメールをアドレス帳に登録されているアドレスに勝手に送信する。また、30秒ごとにIRC(インターネット・リレー・チャット)チャンネルに接続しようとする。

1999年6月8日



音楽ゲーム機で特許侵害 コナミが仮処分申請

 ボタンやバー操作などで音楽を演出、ディスクジョッキー感覚が楽しめると人気の音楽ゲーム機をめぐり、仕組みをまねたゲーム機の製造・販売で特許を侵害されたとして、大手ゲームソフトメーカー「コナミ」が7日、大手ゲームメーカーの「ジャレコ」に製造や販売の禁止を求める仮処分を東京地裁に申請した。
 申立書によると、コナミは1997年12月から「ビートマニア」と名付けた音楽シュミレーションゲーム機を6種類製造し、ゲームセンターを中心に計6000台が売れて大ヒットし、今年4月には特許を取得した。
 一方、ジャレコは今年から「VJ」と言う音楽シミュレーションゲーム機を発売。コナミは「操作方法などでビートマニアを模倣」と販売中止を求めたがジャレコが応じないため仮処分に踏み切ったという。
コナミは週内にも損害賠償などを求めて訴訟も起こす方針。

1999年6月8日



「MP3」 いぜん違法ページ多くJASRACが警告メール

 音楽などを高音質のままインターネットを通じて送受信できる先進のデジタル音声圧縮技術「MP3」。ヒット曲をほぼ無料で聴けるため、若者を中心に利用者が急増したが、最近MP3を使っていたホームページの閉鎖が相次いでいる。
 愛知県警が5月末に、MP3を使いヒット曲を無断でホームページに載せたとして著作権法違反容疑で札幌市の会社員の自宅を家宅捜索、全国で初めて摘発した。
 その直後から閉鎖ページが続出し始めた。だが同様のホームページは依然多く、開設者に警告メールを送るなどしてきた日本音楽著作権協会(JASRAC)は「全体数の把握は不可能。利用者の両親と著作権意識の高まりに期待するしかない」と話している。

1999年6月8日



新日エレクトロニクス 「ORBドライブ」今月末からら順次発売

 親日エレクトロニクス(東京都文京区湯島3-1-2)は、米国キャッスルウッドシステムズの大容量リムーバブルハードディスクドライブ「ORB(オーブ)ドライブ」を30日から順次発売開始する。
 同製品は、HDDと同様のMRヘッド(磁気抵抗センサー読み出し型ヘッド)技術を用いたリムーバブルドライブ。2.2GBの大容量とデータ転送レート12.1MB/秒(IDE/SCSI)というHDD並みのスペックを実現しながら、リムーバブル方式によりメディアの交換が可能となっている。
 30日に発売するのはIDE内蔵タイプとパラレルポート接続の外付けタイプ。7月末にはSCSI(内蔵/外付け)タイプ、8月末にはUSB接続タイプも順次発売する予定。
 価格はすべてオープンプライス。同社ホームページ上での直販価格は、内蔵タイプが29,800円、外付けタイプが32,800円、2.2GBのORBメディアが4,980円。
 今夏には4.7GBモデル、来年初頭には10GBモデルをリリースする。

1999年6月9日



日本衛星電話 来年9月末メドに衛星携帯電話サービス

 日本衛星電話(東京都新宿区西新宿2-3-2)は、2000年9月をメドに衛星携帯電話サービス「ICO(アイコ)」を開始し、10年後の2010年には40万−50万契約を目指す。
衛星携帯電話サービスで先行する「イリジウム」年内にもサービス開始が予定されている「グローバルスター」に対向。普及しやすい通話料金および端末機価格を設定するとともにサービス内容を充実、端末の販売についてはNTTドコモを始め、IDO、J-Phoneグループといった出資者の携帯電話販売網を活用できるメリットを生かし、幅広い層への普及促進に注力する。
 日本衛星電話は、世界の主要通信事業者で構成する国際海事衛星機構(インマルサット)を設立母体とする事業組織であるICOグローバル・コミュニケーションズの日本でのサービス実施会社。
ICO衛星の打ち上げスケジュールは第一号を7月にウクライナ共和国のバイコヌール宇宙基地からプロトンロケットで打ち上げるのを機に、12月末までに実用衛星10機のうちの5機を打ち上げる予定。さらに2000年の1−3月に2期、4−6月に3基を予定。サービス開始目前の7−9月には予備衛星2期を打ち上げる。
 このICOは中軌道(約1万Km)の衛星システムで、運用衛星わずか10機で地球をカバー、衛星感知右シンは不要で、地球曲は世界で12カ所、衛星間性センターを英国のロンドン郊外に設置するとともにネットワーク管理センターは東京のKDDビルに配置する。

1999年6月9日



郵政省 5月末の携帯電話加入者数

 郵政省は8日、5月末の移動電話・PHSの加入者数が4896万6000台になったと発表した。普及率は38.7%。
携帯電話 4317万8000台 前月比71万9000台増加 普及率34.1%
PHS 578万8000台 前月比0.05%減 普及率4.6%

1999年6月9日



米独禁法違反裁判 マイクロソフトが圧力 IBM幹部が証言

 米マイクロソフトの独占禁止法違反に関する裁判で、米IBMの幹部は7日、IBMが他のOSの放棄などマイクロソフト側の要求を拒否したため、「ウインドウズ」のライセンス料を引き上げられたと証言した。8日付ウォールストリート・ジャーナルが報じた。
 証言によると、マイクロソフトはIBMに対して「OS/2」などのソフトの放棄など、販売や技術仕様についての要求を突きつけ、これらの要求を受け入れればウインドウズを値引きすると繰り返し持ちかけた。
 しかしIBMがこの要求を拒否したため、IBMのマイクロソフトに対する支払は995年の4000万ドルが96年には2億2000万ドルに増え、98年には4億4000万ドルに膨らんだという。
 他のパソコンメーカーは、マイクロソフトとの関係悪化を恐れて同裁判での証言に応じていない。

1999年6月9日



TVゲーム機訴訟で任天堂が米GEに勝訴

 任天堂のテレビゲーム機が米ゼネラル・エレクトリック(GE)保有の2つの特許権を侵害したとして1995年にGEが任天堂などを相手取って起こした損害賠償請求訴訟の控訴審で、ワシントンの米連邦高裁は7日までに、特許権侵害はなかったとする1997年10月の米ニュージャージー州の連邦地裁判決を支持し、GEが和の請求を退ける判決を出した。
 GEが侵害されたと主張したのは、1980年代に米RCAから取得したテレビ用電子回路に関する特許権。任天堂米国法人の米国任天堂は、これらの特許権を侵害したことはないと主張していた。

1999年6月9日



ジャストシステム Linux向けATOK7月9日発売

 ジャストシステムは7日、「Linux」向けの日本語変換ソフト「ATOK12 SE for Linux」を7月9日発売すると発表した。
 Linuxの商用配布版パッケージ「TurboLinux日本語版4.0」(9,800円)の一部として収録される。

1999年6月9日



PCカード日米統一規格を更新 来月「リリース7」を発行

 日本電子工業振興協会のPCカード技術専門委員会は、PCカード日米統一規格を6月末に更新し「PCカード・スタンダード・リリース7」として7月頃までに発行する。同リリース7では、急成長のスモールPCカード、カードバス関連、DVB(デジタル・ビデオ・ブロードキャスティング)インターフェイス、32ビット対応などの規格を追加し、モバイル機器関連や放送受信機器などパソコン以外の用途拡大にも対応。同リリース7対応製品は99年末には発売、出荷が予想される。

1999年6月10日



IDC 英C&W傘下入り トヨタと伊藤忠株式売却を決定

 トヨタ自動車と伊藤忠商事は9日、所有する国際デジタル通信(IDC)の全株式を、英C&Wに売却することを決めたとそれぞれ発表した。
 トヨタと伊藤忠はそれぞれIDCの発行済み株式の17.69%を所有する筆頭株主。C&Wも17.69%を所有しており、C&Wは両社の株式を取得することでIDC株の過半数を握ることになる。

1999年6月10日



シャープ 電子辞書「PW-7000」

 シャープは広辞苑の最新版「広辞苑第5番」を始め「ジーニアス英和・和英辞典」「学研監修漢和辞典」を収録した電子辞書「PW-7000」を35,000円で19日から発売する。
 大きさ幅140×奥行き79×厚さ20.5mm、重さ約175g。240×79ドットFSTN液晶搭載。
漢字、ひらがなで20文字×6行相当(12ドット表示時)英字、数字なら40文字×6行相当(12ドット表示時)表示が可能。単四アルカリ乾電池2本で連続70時間使用できる。

1999年6月10日



アルインコ スイッチング方式安定化電源

 アルインコは、スイッチング方式を採用した安定化電源DM-330MV(34,800円)を6月中旬に発売する。
・大きさ幅175×高さ67×奥行き165mm、重さ約2Kg
・出力電圧5-15V、連続30A、間欠最大32A
・パルスノイズを除去するノイズオフセット機能
・短絡保護回路、垂直特性自動電流制御、熱検出保護回路の3つの保護回路
・大型の電圧・電流メーター採用
・出力端子は陸軍式ターミナル、シガーライターソケット、プッシュ式を
 前面、後面に配置

1999年6月10日



電器街でリニューアル活発

 秋葉原電器街で店舗リニューアルの動きが活発化している。コジマ、ヤマダ電機などの家電量販店やヨドバシカメラ、ビックカメラなどのカメラ計量販店が周辺地域から高麗を書け、また、電器街自体においても従来家電からパソコンをはじめ情報関連のウエイトが増大傾向にあるなどが背景になっている様子。電器街の巻き返しともとれ、その成果が注目されている。
 秋葉原電器街では、メインストリートに面したヤマギワ東京本店が先月末までに全面改装。以前は6階にあったパソコンフロアを1階にノートパソコン、地下1階にデスクトップパソコンを持ってきて、1階にあったゼネラルオーディオを5階のオーディオフロアに、地階にあった電化を3階へもってきた。地下1階と地上1階のパソコン、2階の照明と3階の電化/健康フロア、4階のビジュアルと5階のオーディオといった具合に、関連商品のフロアにつながりをもたせるように工夫もした。
 同じ通りに並ぶT-ZONEミナミも近くリニューアルを予定している。2年半ぶりのリニューアルで、これまで各フロアが売れ筋を揃えようとするあまり、取扱商品が別のフロアと重複してしまったのを整理して、お客さんにわかりやすい売場とし、サポートコーナーとDIYファクトリーを拡充。半面、これまであったインターネットカフェは、インターネットがすでにポピュラーになり、当初の目的を果たしたとして「閉店」。新しい切り口を検討中。リニューアルオープンは今月25日の予定。
 このほか、電器街の南端に近い万世橋側では「ラオックス万世橋ビル」(延べ床面積5766平方メートル)が建設中。地階は駐車場、最上階は共同住宅となっており、完成は今年10月。
 ラオックスは万世橋店(仮称)の開店を機に秋葉原地区店舗の再構築を図りたい意向だが、新店舗の規模の大きさ、また、パソコン関連のウエイトが高い(平成11年3月期は全社で57.1%)同社だけに、家電総合で行くのか、ザ・コンピュータ館スタイルで行くのか、地元同業店も関心を寄せている。

1999年6月10日



KDD 東京都心部に光ファイバーケーブルを環状施設

 KDDは10日、各種企業が集中する東京都心部に総延長6Kmの大容量光ファイバーケーブルをリング状に施設して、企業向けに提供する加入者アクセスネットワーク「KDDメトロリング」を構築すると発表した。
2000年3月をメドに丸の内地区を対象にサービスを開始。随時新宿、品川、港区などのビジネスエリアにネットワーク構築を展開していく。
 「KDDメトロリング」はKDD局を起点、終点として、同社既設の光ファイバーケーブルや下水道管などに施設する光ファイバーケーブルをリング状に結んだ光ファイバーケーブルネットワーク。このリングから光ファイバーの支線をユーザーのビルに引き込んでビル内のLANやWANなどと接続するもの。

1999年6月11日



著作物にID付与検討 7月にフォーラムを結成

 インターネットで流通する写真などの著作物に、著作権者などを識別するためのIDを付ける仕組みを検討するフォーラムが今年7月に結成されることになった。
 フォーラムにはNTT、電通、松下電器産業、日立製作所、シャープの参加が決まっている。ID付与の仕組みが実現すれば、著作権を侵害する違法コピー退治に威力を発揮しそうだ。
 今回検討するシステムでは、映像上には現れない電子すかし技術などを使い、個別の著作物に著作物の種類、著作権者情報、作品番号、作成年などの「コンテンツID」を埋め込む。

1999年6月11日



リコー 6倍速書き込み/24倍速読みだしCD-R/RWドライブ

 リコーは、CD-R/RWドライブとして6倍速書き込みと24倍速読み出しを実現した「リコーMP7060シリーズ」を開発し、18日から発売する。オープン価格。
MP7060A-ED  ATAPI WIndows対応 内蔵型
MP7060S-EDL SCSI-2 WIndows対応 内蔵型
・CD-R6倍速書き込み/CD-RW4倍速書き込み/24倍速読み込み
・パケットライトソフト「DirectCD2.5」マスタリングソフト「EasyCDクリエイタデラックス版」
 を添付

1999年6月11日



AIソフト 「WXG Ver4.0 for Macintosh」

 エーアイソフトはMacintosh対応、最新日本語IM「WXG Ver4.0 for Macintosh」を7月23日から販売開始する。
価格は9,800円。

1999年6月11日



ゼンリン 「ゼンリン電子地図帳Z II全国版」

 ゼンリンはパソコン用地図ソフト「ゼンリン電子地図帳Z II全国版」(6,800円)および「首都圏版」「東日本版」「西日本版」(各6,800円)を19日から販売開始する。

1999年6月11日



NEC 家庭でのインターネット/電話利用をPHSでワイヤレス化「AtermIW50ワイヤレスセット」

 NECは10日、家庭でのインターネット/電話利用をPHSデジタルコードレス技術によりワイヤレスにできるISDNターミナルアダプター「AtermIW50ワイヤレスセット」を販売開始した。
 また、このセットを構成する親機・子機をそれぞれAtermIW50/D、AtermRS10[W]の名称で、単体での販売も実施する。
AtermIW50ワイヤレスセット 61,800円、6月下旬出荷
AtermIW50/D 41,800円、6月下旬出荷
AtermRS10[W] 24,800円、7月中旬出荷

1999年6月11日



BSデジタルデータ放送 全体で5チャンネル以上、新規参入を優先

 郵政省は11日、2000年からはじまる放送衛星(BS)を使ったデジタルデータ放送について、チャンネル数を5チャンネル以上とすることや、テレビ局のような既存放送事業者以外の新規参入を優先することなどを電波監理審議会に諮問した。
 現在、データ放送については、6社の免許枠に対して、放送事業者や新聞社、メーカーなど34社から参入希望が出ており、郵政省が審査の上、決定する。
 視聴者の選択の幅を広げるため、既存のテレビ局やラジオ局などの放送事業者やこれらに支配的な資本関係を持つ事業者より、異業種からの新規参入を優先することにした。

1999年6月12日



書き換え可能なTVゲーム 任天堂とリクルートが会員制でサービス開始

 リクルートと任天堂は11日、テレビゲーム「NINTENDO64」と周辺機器を利用して、書き換えや書き足しができるゲームソフトを供給する会員制のネットワークサービスを始めると発表した。
 ソフトの「書き換え」を可能にするために新発売される「64DD」などの周辺機器を購入して会員になれば、専用ソフトの供給を受けられる。
 入会費は、周辺機器の購入費を含め12,000−13,000円になる見込み。他に数百円程度の月会費が必要。インターネットを利用できる。

1999年6月12日



音楽CDのデータ集めたホームページ MINCが14日から開設

 日本音楽著作権協会(JASRAC)など3団体で作る音楽情報ネットワーク協議会(MINC)は11日、音楽CDに関するデータを集めたホームページ「Music Forest」(http://www.minc.gr.jp/)を14日から開設すると発表した。
 同ホームページは、一般ユーザーの利便性の向上などのために開設された。過去の音楽作品120万局分と、レコード会社から発売されているCDなどのデータ13万件が掲載されている。

1999年6月12日



電子メール介した新手ウイルス 米国各地で発見

 米国各地で10日までに、電子メールを介した新手のコンピューターウイルスが見つかり、専門家は今年3月に猛威をふるった「メリッサ」以上の危険があると注意を呼びかけている。
 新型ウイルスは「ワーム・エクスプローラージップ」「W32・エクスプローラージップ ワーム」など呼ばれ、電子メールの付属ファイルとして送られてくる。
 メールの本文には「あなたのメールを受け取りました。返事をすぐ送ります。それまでの間、付属のファイルを見ておいて下さい。」と書かれ、圧縮された付属ファイルを「解凍」すると、特定の拡張子をもった文書ファイルやシステムファイルなどを破壊する。
 メリッサは電子メールを勝手に送信するが、コンピューター本体には無害であるのに比べて、新型ウイルスはコンピューター本体に障害を起こす。
 AP通信によると、米ゼネラル・エレクトリックがこのウイルスを検知して、一時的に同社の電子メールシステムを遮断するなど、各地で被害が現れ始めている。

1999年6月12日



松下電器 「Let's note comm/C33EA」

 松下電器は、モバイルコミュニケートパソコン「Let'snotecomm/C33EA」CF-C33EAJ8Cを18日から発売する。オープン価格。
・MMXペンティアム266MHz
・96MB SD-RAM
・SVGA8.4型ポリシリコンTFT液晶ディスプレイ
・4.3GB HDD
・PCカードスロット、拡張メモリースロット装備
・フラットパッド型ポインティングデバイス「スマートポインターIII」
・キーピッチ15mmキーボード
・リチウムイオン電池採用
・標準バッテリーで約2.5時間、拡張バッテリー併用で約8時間稼働
・大きさ幅225×奥行き182×高さ25.4mm、重さ1.0Kg

1999年6月12日



ソニー マイクロタワー型パソコン「バイオRシリーズ」

 ソニーは、12日からマイクロタワー型パソコン「バイオRシリーズ」の新製品を発売する。新製品はPCV-R60(オープン価格)PCV-R50(オープン価格)の2機種。
・TVチューナー内蔵MPEG2リアルタイムエンコーダーボード内蔵
・「インターネットTVガイド」の記載情報と連動した番組予約や番組情報の取得機能
・ビデオテープ上に出力した映像の管理も可能なソフトウエア「ギガ ポケット」搭載

1999年6月12日



マイクロソフト オフィス2000日本語版7月6日発売

 マイクロソフトは、新世代統合ビジネスアプリケーション「オフィス2000」日本語版を7月6日から発売する。またオフィス2000ファミリー製品単品パッケージは8月6日から発売する。価格はすべてオープン。
推定小売価格は次の通り。
オフィス2000スタンダード 54,800円
オフィス2000プロフェッショナル 64,800円
オフィス2000プレミアム 74,800円
オフィス2000デベロッパー 94,800円

Word2000ウイズIME2000/ブックシェルフベーシック日本語版 19,800円
Word2000 18,800円
Excel2000 27,800円
PowerPoint2000 19,800円
Outlook2000 11,800円
Access2000 27,800円
Publiser2000 14,800円
FrontPage2000 19,800円

1999年6月12日



米シーゲイト 7200回転/分最大28GB3.5インチHDD

 米シーゲイト・テクノロジーは11日、毎分7200回転で、最大記憶容量28GBの3.5インチハードディスクドライブ「バラクーダATA」ファミリーを7月末から量産出荷すると発表した。日本でも7月末から8月初めにかけてコンピューターメーカー向けに供給の予定。
価格はオープン価格の予定だが、同社では5400rpm機並みの価格で提供できる見込みとしている。

1999年6月12日



マイクロソフトと松下電器 今秋メドに新ポータルサイト構築へ

 マイクロソフトと松下電器は14日、今年の秋をメドに共同で新たなポータルサイト「パナソニックHi-Hoパワード・バイMSN」を構築すると発表した。
両社はすでに独自にインターネット事業を運営しているが、それぞれのコンテンツとテクノロジーを持ち寄り、共通のポータルサイトを構築し、ユーザーがより豊富なコンテンツにアクセスできる環境を提供する。

1999年6月15日



NTTドコモと3Com 無線データ通信とPalmOS搭載端末利用の新商品、新サービス開発へ

 NTTドコモは14日、米3Comと無線データ通信とPalmOS搭載端末を利用した新商品、新サービスを開発することで基本的に合意し、覚書を締結したと発表した。
 これによって、両社はNTTドコモの無線データ通信技術と3ComのPalmOSを搭載した携帯端末およびワイヤレスアプリケーションの技術について情報交換を行う。また、両社はPalmOS搭載端末のための無線データ通信サービスの提供やソリューションビジネスへの展開を共同で検討するという。

1999年6月15日



NEC 最大500m伝送可能なIEEE1394ネットワークアダプター

 NECは、最大500mの長距離伝送を実現するIEEE1394(動画像・音声などのデータをリアルタイムでやりとりできる次世代シリアルバス規格)ネットワークアダプター「MXシリーズ」を14日販売開始した。
出荷開始は今年9月以降、価格はオープン。
 パソコンを用いた企業ネットワーク構築が進み、高画質映像情報や音楽情報などマルチメディア情報を取り込むニーズが増加。これに応えるネットワークが求められている。このような中、IEEE1394はパソコン、カメラなど各種デジタル機器への搭載が進んでいる。だが従来、IEEE1394は最大4.5mまでしか伝送できず用途は限られていた。このネックを解消したのがMXシリーズ。
 プラスチック光ファイバー用MX/PF2(伝送速度200Mbps、距離50m)マルチモードガラスファイバー用MX/GF4(400Mbps、500m)ツイストペア用MX/TP1(100Mbps、100m)の3機種。
 プラスチック光ファイバー用赤色LEDトランシーバー、遅延時間LSIの開発、電磁妨害を抑制する回路・筐体構造の採用などで、IEEE1394を用いたネットでの長距離伝送を実現した。

1999年6月15日



TDK 記憶容量700MB追記型光ディスクCD-R80

 TDKは、記憶容量700MBの追記型光ディスクCD-R80を7月21日から世界同時発売する。
 同社では、すでにCD-R80の開発は完了していたが、今回、オレンジブック規格に沿った大容量化のガイドライン文書が正式に発行されたため、発表するもの。

1999年6月15日



ケンウッド エマージェンシー機能搭載の携帯型簡易/一般業務用無線機3機種

 ケンウッドは、万一の事態に備え、エマージェンシー機能を搭載させた携帯型簡易/一般業務用無線機3機種を7月中旬から8月上旬にかけて発売すると14日発表した。
価格はいずれもオープン
 新製品は、VHF帯簡易/一般業務用無線機、UHF帯簡易/一般業務用無線機、UHF帯小エリア無線の携帯タイプ。
 回路技術をはじめ、同社の独自技術を活用し、147.1cc、259gのコンパクト化を達成した。
 ボタン一つで自局のIDとともにエマージェンシー信号を送出し、緊急時に力を発揮するエマージェンシー機能のほか、多彩なセレコール機能、堅牢設計なども特徴。

1999年6月15日



大宇電子福岡研究所 家庭用テレビに接続するだけのインターネット端末「DBox」

 大宇電子福岡研究所(福岡市早良区百道浜2-2-22AITビル6F)は、インターネット端末「DBox」のサンプル出荷を開始した。
 「DBox」は家庭用テレビに接続するだけで、簡単にインターネットが楽しめるインターネット端末。ホームページの閲覧、電子メールの利用などが可能で、本体は幅290×高さ40×奥行き210mm、1.2Kgと軽量・省スペース設計になっている。
 商品構成は本体、キーボード、ビデオ/音声ケーブル、ACアダプター、DHCPクライアント機能にも対応しており、既存LAN内部やCATVインターネット網にも簡単に設置できる。
 「DBox」にはモデム内蔵型とLAN対応型の2種類があり、モデム内蔵型は一般回線を通し、ユーザーがプロバイダーを選択できるもの。LAN対応型はインターネットマンションやホテルなどに向けたもので、専用線を設置すれば常時高速インターネット環境が利用可能になる。

1999年6月15日



スタンダード 144/430MHzデュアルバンドトランシーバー「FT-90H」

 スタンダードは14日、コンパクトサイズのアマチュア無線用144/430MHzデュアルバンドモービルトランシーバー「FT-90」(59,900円)を7月上旬発売すると発表した。同機は144MHz帯50W/430MHz帯35Wのハイパワーながら、20Wタイプと同じサイズ(幅100×高さ30×奥行き138mm)を実現。重さも644gと軽量を達成した。製造は八重洲無線。
 高出力、コンパクト、高操作性を厳しく追及したのが同製品。既発売の20W機FT-90の上位機種的存在で、上級資格を所有するユーザーからの要望に応え商品化された。
 コンパクト化は、最新の高密度技術をフルに活用。本体ヒートシンクを一段と冷却効果の高い形状とし、内蔵クーリングファンとあいまって放熱効果を高めたこともコンパクト化、性能向上に貢献。高効率パワーモジュールによって、144MHz、430MHzアマチュアバンドを、ハイパワーでも安定した送信出力でカバーすることを可能にしている。
 ほかに180chのメモリー、スマートサーチ、ARTS、DSCなどの多くの機能、フロントパネルセパレートによるモービル取付の容易さ、などの特徴を備えている。

1999年6月15日



コダック 撮影時にGPSによる位置情報を記録できるGPSデジカメシステム

 コダックは、撮影時にGPSによる位置情報を取得し画像に写し込んだり、タグ情報として保存することができるコダックGPSデジタルカメラシステム「GPS-260」を、今月下旬から発売する。価格は460,000円。
 新製品は、普及型デジタルカメラの上位機種「DC260Zoom」と米ガーミン製ハンディタイプGPS「GPS III」を組み合わせ、撮影した場所の位置情報をデジタルカメラの画像データに記録できるシステム。GPS−260で撮影した画像には、GPS位置情報(グリニッジ標準時、緯度、経度)を写し込むことができる。

1999年6月15日



電波新聞拾い読み トップページへ