トップページ > 電波新聞拾い読み > 2018年5月24日

電波新聞拾い読み 2018年5月24日

CIAJ新会長に東原・日立社長

 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は23日の定時社員総会と理事会で、新会長に東原敏昭氏(日立製作所)を選んだ。任期は1年。
 就任あいさつで、東原新会長は「世界経済は不透明だが、政府の経済政策と歩調を合わせ各企業が成長力を高め、収益拡大と雇用の拡大に努め、消費と投資拡大の好循環に結びつけていく」と述べた。


ワイヤレスジャパン開幕

 国内最大級の無線技術とソリューションの専門展示会/イベント「ワイヤレスジャパン/ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018」が東京国際展示場(東京都江東区)で23日に開幕した。会期は25日まで。
 今年で23回目となる同展示会では、20年の商用サービスを控えて技術開発やトライアルが活発化している第5世代移動通信技術(5G)を中心に、ワイヤレス技術を用いた多彩なソリューション、サービスが公開されている。
 WTPでは、NTTドコモの企画協力のもと、5Gに関する特設パビリオン「5G Tokyo Bay Summit2018」が開催。通信事業者や世界の主要ベンダーの5Gへの取り組みに加え、5Gの特性である高速大容量も低遅延通信を活用したユースケースなどが紹介されている。


4月の民生用電子機器国内出荷 4Kテレビが好調推移

 JEITAが23日発表した4月の民生用電子機器の国内出荷金額は前年同月比0.4%減の984億円だった。
 分野別では、映像機器が同5%減の450億円、オーディオ関連機器は70億円で同6.8%減、カーAVC機器は464億円で同5.7%増となった。
 製品別では、薄型テレビの出荷台数が30万8000台で、同8.7%増。
 4K(対応)テレビは12万7000台で同14.6%増と、4Kテレビの薄型テレビ全体に占める比率は41.2%となった。


JBL 防水対応ポータブルブルートゥースSP

 ハーマンインターナショナルは、米JBLブランドの防水対応ポータブルブルートゥーススピーカ「GO2(ゴー2)」を25日から発売する。公式通販サイト価格は税別3880円。
 同機は「GO」シリーズの最新モデル。IPX7防水対応でアウトドアにも最適。
 手のひらサイズで184gと持ち運びに便利なコンパクト設計。独自のφ40mmフルレンジスピーカとパッシブラジエータを装備。
 エコーキャンセリング機能を搭載し、クリアな音質のスピーカホンで、ハンズフリー通話や電話会議に快適に使用できる。


SBエナジー 鹿児島でメガソーラー運転

 ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジーは、「ソフトバンク鹿児島入来ソーラーパーク」の営業運転を開始した。
 同パークは鹿児島県薩摩川内市にあり、敷地面積は約1.9ヘクタール、出力規模は約1.2MW。年間予想発電量は一般家庭392世帯分の年間電力消費量に相当する約141万2000kWhを見込むメガソーラー発電所。


電波新聞拾い読み 2018年5月24日