トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年12月28日

電波新聞拾い読み 2017年12月28日

9月末の固定BB契約数2%増

 総務省によると、9月末(17年度第2四半期)の国内固定系ブロードバンド(BB)サービスの契約は数は3915万で、前年同期比1.7%増。固定系BBにはFTTH、DSL、CATV、FWAの4サービスが含まれている。
 内訳はFTTHが2992万で同4.3%増。事業者別シェアではNTT東西で34.2%を占めたが、前年同期比では10.4ポイント減った。ただし、回線の他社への貸与分ではある卸電気通信サービスを含めるとシェアは68.1%となり、FTTH契約全体の約70%弱を占めることになる。
 KDDIのシェアは7%で前年同期並み。卸サービスを含めたシェアは12.9%。関西系のケイ・オプティコムは5.4%で同0.2ポイントのダウン。
 FTTH契約のうち卸サービス利用の契約は1244万あり、約40%を占める。
 CATVインターネットの計約数は690万で、前年同期より7万増となった。


電波新聞拾い読み 2017年12月28日