トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年11月7日

電波新聞拾い読み 2017年11月7日

ヤマハ 左右にバッテリ搭載のブルートゥースイヤホン

 ヤマハは、ケーブル一体型のブルートゥースイヤホン「EPH-W53」を12月上旬に発売する。市場想定価格は1万6800円。
 ハウジング形状と新開発のスタビライザは、イヤホンを手にとって装着するまでの”動き”そのものをデザインした。つかみやすい形状に加え、素早く簡単に装着でき、外れにくく、着けっぱなしにしても疲れない自然な着け心地を実現した。
 ケーブルの付け根部分を斜めにカットすることで、装着した時にケーブルが自然と後方に流れるようにデザインした。
 厳選した高精度・小型6.4mmドライバーを搭載。鼓膜により近い位置に装着することができ、音の濁りの原因となる外耳道内での不要な音の反射を抑える。
 また、左右それぞれにバッテリを搭載した左右同一構造のハウジングを採用するなど、ヤマハならではのアコースティックチューニングにより音を追い込んだ。通勤時など気軽に聞きたい時には、音楽を心地よく楽しむことができ、しっかりと音楽を聞き込みたい時には、音のディテール、質感までしっかり味わうことができる。


電波新聞拾い読み 2017年11月7日