トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年9月7日

電波新聞拾い読み 2017年9月7日

7月の世界半導体売上げ 24%増 336億ドル

 米半導体工業会(SIA)は5日、17年7月の世界の半導体売上高は前年同月比24%増の336億ドルだったと発表した。全ての主要地域および製品分野が伸び、単月ベースの過去最高を更新。前年同期を上回るのは、これで12カ月連続となる。前期比ベースでは3.1%増加した。
 地域別で見ると、米州が前年同月比36.1%増の69億ドル、中国は同24.1%増の107億ドルと力強い伸びを見せたほか、日本、欧州、アジア太平洋地域いずれも2桁伸長。前月比でも全地域でプラス。
 SIAのジョン・ニューファーCEOは「半導体業界は通年での売上高最高記録更新へ順調に進んでいる」と述べた。


米Tモバイル LTEサービス初の600MHz帯を開始

 米Tモバイルは8月中旬から下旬にかけ、世界で初めて600MHz帯を使ったLTE(4G)サービスを米国の一部で開始した。
 600MHzは米国で地デジ放送事業者に割り当てられたが、モバイルブロードバンド向けに転用された周波数帯。Tモバイルが4月に80億ドルでFCC(米連邦通信委員会)のオークションで落札している。
 Tモバイルによると、600MHzは電波の伝搬特性上、広い距離をカバーするほか、屋内での受信環境改善につながるという特徴がある。
 同社が600MHz帯のLTEサービスを開始した地域は先月中旬のワイオミング州シャイアンを皮切りに、同月末にはメイン州スカボロでも始めた。
 年末にかけてオレゴン・テキサス、カンザスなどの各州へもエリアを拡大する計画。
 Tモバイルは600MHz帯を利用し5Gサービス開始も検討している。


電波新聞拾い読み 2017年9月7日