トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年9月4日

電波新聞拾い読み 2017年9月4日

ハムフェア 盛況

 アマチュア無線家の祭典「ハムフェア2017」が東京ビッグサイトで2、3日に行われた。初日から盛況で、午前10時の開幕時には展示場前の踊り場が来場者で埋まり、昼頃まで列が残った。
 今回はドイツ、米国、インドネシア、タイ、中国などのブースが増えて国際色が一層強まった。
 アマチュア無線機器の世界シェアは日本が独壇場。国内外のアマ無線家が並んで新製品のデモを熱心に見学していた。
 未来のエンジニアとなる子供たちへの訴求も盛んで、ラジオ製作コーナーは満席。モールス符号に挑戦する催しも小中学生には新鮮なようで、初通信を楽しんでいた。
 クラブ展エリアでは、戦後のアマ無線再開時期のベテランから中高生の組織まで軒を並べ、日頃の活動を披露して交流を深めていた。
 出展メーカーも盛況ぶりに「手応えを感じた」と話していた。


リコー 4K解像度対応360度カメラの新型

 リコー、リコーイメージングは、360度カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」シリーズの最上位機種として、高画質な4K解像度の360度動画撮影や臨場感あふれる空間音声記録、高速転送などに対応した「RICOH THETA V」を9月下旬に発売する。
 「リコー・シータ」は、13年に世界初のワンショットで360度撮影ができるカメラとして発売され、全天球イメージということから、様々な映像分野で利用されてきた。
 新製品は、4K解像度に相当する高画質な360度動画撮影や、360度空間音声記録に対応した高音質録音、大容量データを快適に閲覧できる高速転送を実現する。また、スマホ、タブレットの接続方式をブルートゥースと無線LANの両方式から選択できるなど、ユーザーの使用状況に応じてフレキシブルな操作を可能にしている。


総務省情報通信国際戦略局 名称を国際戦略局に変更

 総務省は9月1日付で「情報通信国際戦略局」の名称を「国際戦略局」に変更する。


電波新聞拾い読み 2017年9月4日