トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年8月22日

電波新聞拾い読み 2017年8月22日

総務省 5月の国内インターネットDL総通信量 39%増9.6Tbps

 総務省がまとめた日本のインターネットにおいて、データを引き出す5月の総ダウンロードトラフィック(通信量)は推定約9.6Tbpsとなり、前年同月比39%増加した。また、サーバーへデータを送り込む総アップロードトラフィックは推定1.8Tbpsとなり同35.9%増。
 ブロードバンド(BB)加入者がデータだけでなくトラフィックを多く必要とする画像の送受信が増えていることが、こうした数字から分かる。
 インターネットサービスプロバイダ(ISP)5社の集計によるもので、5社はIIJ、NTTコミュニケーションズ、ケイ・オプティコム、KDDI、ソフトバンク。
 ここ数年、CATVの加入者数の増加ペースが一段落しており、代わってFTTH(光ファイバ)網に加入する世帯が増えているのもトラフィック増加の要因になっている。全国のBB契約数は5月末で3864万8000と推定される。
 ユーザーの1契約当たりのトラフィックは約247.3kbpsとなり前年同月比37%増、アップロードトラフィックは推定で約46.6kbps、同33.9%の伸び。


韓国・サムスン電子 ポータブルSSD新製品

 韓国のサムスン電子は16日、ポータブルSSD新製品「T5」を発表した。同社独自の64層3D NAND型フラッシュメモリー「V-NAND」ベースのSSDを内蔵した高速外付けメモリーストレージデバイス。
 USB3.1Gen2(10Gビット/秒)インターフェイス対応で、データ転送速度は最大で外付けHDDの4.9倍となる540MB/秒。サイズは74×57.3×10.5mm、重さ51g。
 アルミケースと耐衝撃性に優れた内部フレームの採用により、最高2mの高さからの落下にも耐えられる。
 AES256ビット対応暗号化機能搭載。様々なデバイスとの互換性を高めるため、両端USBタイプCのケーブルと、片端USBタイプAのケーブルを同梱する。OSはウインドウズ7、MacOS X10.9、アンドロイド4.4以上をサポート。
 容量は250/500GB、1/2TBの4種類。3年保証付き。


キヤノン プリンタのインクカートリッジ値上げ

 キヤノンマーケティングジャパンは、家庭用インクジェットプリンタの一部インクカートリッジの出荷価格を10月1日から改定する。
 これまでインクカートリッジの出荷価格の維持に最大限努めてきたが、企業努力による対応のみでは当該出荷価格を維持することが困難な状況に至ったとしている。平均約6%の増額を実施する。対象商品はインクカートリッジ(家庭用インクジェットプリンタ用)94商品。


電波新聞拾い読み 2017年8月22日