トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年7月7日

電波新聞拾い読み 2017年7月7日

日立製作所 消防指令センター業務支援パッケージソフト

 日立製作所は全国の消防局・消防本部向けに、119番通報の受付や通報場所の特定、出動隊の編成や出動指令といった一連の消防指令センター業務を支援するパッケージソフトウエア「日立高機能消防指令システム」を製品化、7日から販売を開始する。
 タブレット端末などのスマートデバイスを活用することにより、画像や動画を用いて現場状況を迅速に伝達できるなど、現場と消防指令センター間、および現場間のリアルタイムな情報共有を可能にする各種機能を装備。正確な現場状況の把握のほか、増援要請などへの迅速な判断をサポートする。
 また、通報地点から視認可能な建物などを3点入力することで住所を絞り込める目標物3点検索機能で、携帯端末からの通報でも短時間で通報地点の特定が可能。
 さらには、増加傾向にある外国語による通報にも、通訳者を交えた3社通話を実現し、スムーズな通報内容の聞き取りと、より正確な状況把握を可能にする。
 これらの機能により、出動指令の迅速化と現場への到着時間の短縮化を支援する。


中国ファーウェイ 初の13インチノートPC発売

 世界第3位のスマホメーカー、中国のファーウェイ(華為技術)が、同社初となる13インチのクラムシェル型ノートPC「HUAWEI MateBook X」を7日から発売、日本のPC市場に本格参入する。市場想定価格14万4800円(税別)から。
 インテルの第7世代「Core U」プロセッサを搭載し、OSは「ウインドウズ10ホーム64ビット」を採用。モビリティを重視するスマホメーカーならではのノウハウを生かし、13インチで画面占有率88%の大画面ながら「A4紙より小さい」コンパクトな筐体サイズを実現。厚さ12.5mm、重さ1.05kgで持ち運びにも最適。


サンワサプライ 長寿命タイプのUSB充電器

 サンワサプライは、長寿命タイプのUSB充電器「ACA-IP49BK」の販売を開始した。
 同機は、家庭用コンセントから出力に変換でAC充電器。
 USBポートを1ポート搭載し、出力は1A。約5万時間の高耐久設計により、長寿命化を実現した。USB充電機器への給電に加えて、USB扇風機、USB LEDライト、USB加湿器などUSB電源機器への常時給電用の電源としても使用可能。
 また、電源タップの差し込み口に並べて接続しやすい、スリムなストレートタイプ。絶縁キャップ付きACプラグを採用し、トラッキング火災を予防する。


四国総通局 えひめ国体に向けて無線通信妨害の対策実施本部設置

 四国総合通信局は3日、第72回国民体育大会(えひめ国体)・第17回全国障害者スポーツ大会(えひめ大会)が開催されることに伴い、局内に重要無線通信妨害対策実施本部を設置した。
 今年開催される「えひめ国体・えひめ大会」に向けて、携帯電話、放送、警察・消防無線、航空無線、鉄道無線などの重要無線通信に対する混信や電波妨害の発生に備え、即応体制を強化する。
 同本部の設置期間は3日から10月31日まで。


電波新聞拾い読み 2017年7月7日