トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年6月30日

電波新聞拾い読み 2017年6月30日

「センサーEXPO」賑わう

 センサー技術の専門展示会「センサーEXPO」が現地時間の28日、当地で開幕した。27日から既にカンファレンスが開始されており、最新のセンサー技術や開発トレンドなどが紹介された。展示会場でも自動車やロボット、IoTなど幅広い産業分野に応用される最先端のセンサー技術が展示され、多くの来場者が集まった。
 今回は360社を超える企業が出展。展示会の規模はそれほど大きくないが、専門技術展ということもあり、明確な目的を持った来場者が多いことが特徴。


携帯・PHSの回収実績 16年度は562万台

 電気通信事業者協会(TCA)と情報通信ネットワーク(CIAJ)がまとめた16年度の携帯電話・PHSの回収とリサイクル実績によると、携帯・PHS本体の回収台数は562万1000台で3年連続して前年を下回った。
 端末の回収台数はここ数年ほぼ横ばい。端末の高機能化・多機能化に伴い、ユーザーがデータ保管として手元に置く傾向が強く、同時に中古品としての売却が一般化しているためと、TCAは分析している。
 端末に含まれる主な金属は、鉄、アルミ、マグネシウム、金、銀、銅など。これらの金属は素材に戻し再利用、プラスチックなど金属以外の素材はリサイクル処理されている。
 TCAなどはリサイクルで自主的な数値目標を設定している。材料リサイクル率は目標70%に対して、16年度実績75.8%、台数回収率は同30%に対し、実績17.4%でいずれも前年を上回った。


フェイスブック 利用者20億人突破

 米フェイスブックは27日、サービスの月間利用者数が20億人を突破したと発表した。世界の総人口(約76億人)の4分の1以上が利用している計算。1日平均で8億人以上が投稿に「いいね!」ボタンを押しているという。
 フェイスブックは、友人や家族などつながりのある人々が日常の出来事を報告し合う場。04年に米ハーバード大学の学生向けの交流サイトとしてサービスを始めた。利用者は12年10月に10億人を超えた後、わずか5年弱で倍増した。
 ただ、最近ではテロリストが過激思想の宣伝に悪用しているとの批判もある。


電波新聞拾い読み 2017年6月30日