トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年6月29日

電波新聞拾い読み 2017年6月29日

東芝 米WDを「東芝メモリ」売却の妨害行為で提訴

 東芝は28日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却を米ウエスタンデジタル(WD)が妨害しているとして、不正競争防止法違反で東京地裁に提訴したと発表した。東芝メモリの売却で、WDが看過できない妨害行為を継続的に行っていると主張。不正競争行為差し止めの仮処分と総額12300億円の支払いを求めた。


米WD 次世代3D NAND開発 メモリーセル96層実現

 米ウエスタンデジタル(WD)は27日、メモリーセル96層積層した次世代3次元(3D)NAND型フラッシュメモリー「BiCS4」の開発に成功したと発表した。17年下期にOEN顧客向けにサンプル出荷を開始、18年に量産に着手する予定。
 3D NANDは現行では64層積層製品が最新で、96層積層は世界初となる。WDはNANDフラッシュのパートナー企業である東芝と共同でBiCS4を開発。
 今後、3ビット/セルおよび4ビット/セル技術を採用した製品を提供する予定で、当初は256ギガビットのチップを発売する。
 WDと東芝は、NANDフラッシュの合弁事業売却をめぐり意見対立が続いており、事業の先行きが懸念されている。しかしWDは今回、四日市工場の事業継続を協調。17年には同工場での3D NAND生産における64層「BiCS3」の割合を75%以上に高める考えをあらためて示した。


NHK検討委 ネット同時配信に受信料

 NHKの検討委員会は27日、テレビとインターネットで放送番組の同時配信を実現した場合の新たな受信料制度に関する答申案をまとめた。
 テレビを持たず、受信料契約を結んでいない視聴者がネット同時配信だけで番組を視聴する場合、世帯単位で受信料を徴収する方針を示した。
 既に受信料契約を結ぶ世帯がネット同時配信を利用する場合には追加負担は求めない。ネット配信のみを利用する視聴者に対し、スマホやPCを設置しただけでは受信料を求めないが、アプリのダウンロードなどでネット配信が利用可能となった時点で課金する。
 放送法は現在、NHKがネット同時配信を常に行うことを認めていない。このため検討委は法律が改正され、同時配信が実現した場合の対応を議論してきた。
 検討委は今後、一般視聴者の意見を募ったうえで7月中に最終答申をまとめる。


全電商連 新会長に峯田 山形電商組理事長

 全国電機商業組合連合会は21日、東京・湯島の全国家電会館で「第55回通常総会」を開催した。昨年度の事業報告や今年度の事業計画に加え、役員改選も実施。新しい理事の下、新会長には峯田李志・山形県電機商業組合理事長が選ばれた。
 北原國人会長はあいさつで「(昨年度は)全国青年部サミットを開催した。若い皆が『街の電器屋』をブランド化しようと強く思い、各単組で青年部をつくるスピード感も上がった」と述べた。
 新会長に選任された峯田氏は懇親会で「宿命、運命と思い、使命感を盛って2年間を全うしたい」と決意を述べた。


掃除機の需要堅調 各社、コートレススティック型に注力

 清潔・快適志向の高まりを背景に、掃除機の需要は堅調で、中でも手軽にサッと掃除でき、掃除の負担を減らせるコードレススティック掃除機やロボット掃除機への関心が高まっている。各社の新製品戦略も加速し、ボーナス商戦での盛り上がりに期待がかかる。
 掃除機はユーザーの多様な清潔ニーズに対応して、国内外の多くのメーカーから多彩なタイプの商品がそろい、買い替え需要や2台目需要などで商戦は活発に展開している。
 市場では高齢化や共働き世帯の増加で家事負担の軽減がテーマとなるなか、掃除性能に加え軽量・コンパクトな商品が好評だ。
 このためコードレススティック掃除機やロボット掃除機への関心が高く、コードレススティック掃除機の需要は今期2桁伸長が見込まれており、各社新製品戦略も強化している。
 コードレススティック掃除機では、より軽量化されて手軽に掃除できるほか、十分なごみ取れ性能を実現、電池寿命も長くなり、メーンの掃除機として活用する人も増えている。
 また、コードレススティック掃除機ではサイクロン式が主流のなか、紙パック式をそろえる動きもあり、より充実したラインアップとなっている。空気清浄機能搭載も含め、多彩な商品陣容で各社需要喚起に力を入れている。


電波新聞拾い読み 2017年6月29日