トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年6月19日

電波新聞拾い読み 2017年6月19日

23日から秋葉原電気街まつり

 秋葉原電気街各店が協力し、80年から実施している催事「秋葉原電気街まつり」の2017SUMMERが、23日から7月31日まで開催される。16日、秋葉原電気街振興会事務局で概要が発表された。
 今回のテーマは”公式キャラクター「AKIBeAr(アキベア)とオフィシャルサポーター「妄想キャリブレーション」が盛り上げる”。
 期間中、5000円以上の買い物をすると「1万円のお買い物券が当たる応募はがき」「オリジナルノート」がプレゼントされる特典やセール情報が満載されている。
 小野一志会長は「安心してお買い物していただける世界の秋葉原に、多くのお客さまに来ていただきたい」とあいさつした。
 中阿地実行委員長は「公式キャラクタのAKIBeArを前面に訴求。オフィシャルサポーターの妄想キャリブレーションも打ち出し、新しい特典も用意して電気街まつりを盛り上げたい」と意気込みを語った。


内閣府と三菱電機 「みちびき3号機」を公開

 内閣府と三菱電機は15日、8月11日に鹿児島県種子島宇宙センター大型ロケット発射上からH-2Aロケット35号機で打ち上げられる「みちびき3号機」(準天頂衛星システム静止軌道衛星)を、三菱電機鎌倉製作所(神奈川県鎌倉市)で報道陣に公開した。
 今回公開された3号機は、10年9月に打ち上げられた初号機、今年6月の2号機、10月打ち上げが予定されている4号機とともに18年度初から4機体制でのサービスを開始、23年度をメドに衛星7号機体制を確立する。
 みちびきの軌道は地上から常に同じ位置に見える「静止軌道」と静止軌道を約40度傾けた「準天頂軌道」がある。地上から8の時を描くように見える準天頂軌道は1、2、4号機。今回公開の3号機静止軌道衛星の役割を持つ。
 現在米国のGPS衛星を利用しているところから「GPS」と呼ばれているが、日本製GPSのみちびきは、位置精度が他国のシステムの数十mに対して数cmと高いことが特徴。「補強信号」といわれる技術を使って実現した。


シャープ ペン型スキャナ辞書「ナゾル」

 シャープは、ペン型スキャナ辞書「ナゾル」の新モデルとして、和英モデル「BN-NZ1N」を7月13日から発売する。
 同機は、分からない言葉があった時に本体スイッチを押して紙面をなぞるだけで、簡単にその意味を知ることができる電子文具。昨年12月発売の国語モデル、英和モデルに続く和英モデル。
 和英モデルでは、日常生活のあらゆる分野から法律、経済など社会系、動物、植物、医学など科学系の各種専門語やビジネス用語、スポーツ用語、固有名詞、慣用表現などを収録した「グラントコンサイス和英辞典」を搭載し、収録項目は約21万項目。
 受験対策として、英作文や日本語を英訳する機会が多い人、日本語を学習中の外国人など、日本語を英語で表現・理解したい人向け。
 表示は2.6型モノクロ液晶(2行表示、15文字/業)。電源は単4形アルカリ乾電池×2または単4型Ni-MH×2。重さ86g(電池含む)と軽量で、持ち運びやすいサイズ。


ヤマダ電機 テックランドフォレオ青梅店 オープン

 ヤマダ電機は圏央道・青梅ICの近くに新設された複合商業施設の2階に「テックランドフォレオ青梅店」(東京都青梅市)を新規オープンした。
 同店は、ドラッグストアやスーパーが出店する「フォレオ」の2階に1フロア構成で出店。売場面接は3258平方メートル。約25人の体制で運営する。地上と屋上と合わせて共用駐車場は322台。


電波新聞拾い読み 2017年6月19日