トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年6月9日

電波新聞拾い読み 2017年6月9日

日本オーディオ協会 通常総会

 日本オーディオ協会(JAS)は8日、東京都内で17年度通常総会を開いた。16年度事業と決算報告、17年度の事業計画と収支予算、役員交代が審議され、いずれも承認された。
 17年度の事業計画説明で校條会長は「JASは今年で65周年を迎える。ハイレゾ・オーディオ導入を機に会員数は倍増し、正会員は72社8団体になった。127社の1257製品に増加しているハイレゾ・オーディオの普及促進、国内市場活性化の、技術視点での検証と提案および情報発信の強化、活動を支える財政検証と体制整理に取り組む」と方針を述べた。
 オーディオ業界はホームシアターが復調基調にあり、ハイレゾやアナログオーディオの人気復活、若年層増加の兆しなど話題は多く、懇親会場はにぎわった。


米WD クライアント向けSSD

 米ウエスタンデジタル(WD)は、64層3D NAND技術を用いた世界初のクライアント向けSSDを発表した。低消費電力で高性能、耐久性を向上させた新SSDは「WD」と「サンディスク」の2つのブランドで提供される。
 容量はいずれも2TB/1TB/500GB/250GBの4種類。
 「WD Blue 3D NAND SATA SSD」はDIY愛好家やリセラー、システムビルダーを対象とした製品で、業界最高水準の平均故障時間(MTTF)175万時間を特徴とする。2.5インチ/7mmドライブと片面M.2 2280フォームファクタで提供する。
 一方の「サンディスク ウルトラ 3D SSD」は、PC性能を向上させたいゲーム愛好家やクリエータが対象。フォームファクタは2.5インチ/7mmドライブのみ。
 両製品ともシーケンシャル読み取り最大560MB/秒、書き込み530MB/秒。3年間の製品保証付き。第3四半期(7-9月)から世界市場で発売の予定。米国での価格は99.99ドルから。


米、ソニー製品を調査

 米政府機関の国際貿易委員会(ITC)は7日、ソニーが製造するテレビなどの電子製品が米メーカーの特許を侵害している可能性があるとして調査すると発表した。
 侵害が認定されれば、ソニーは米国で製品販売停止などの是正措置を命じられる。


電波新聞拾い読み 2017年6月9日