トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年5月11日

電波新聞拾い読み 2017年5月11日

パナソニック 4K有機ELテレビ投入

 パナソニックは、欧州に続き日本市場に有機ELテレビを投入し、今後拡大が見込まれる国内テレビ市場をけん引していく。ビエラ史上最高画質を実現した大画面有機ELテレビ”4Kビエラ”TH-65EZ1000ほか、TH-65EZ950/55EZ950の2ラインを6月16日から発売する。
 プレミアムモデル「TH-65EZ1000」は、豊かな黒階調とキメ細やかな色彩を実現するや有機ELパネルと、同じく自発光であるプラズマパネルの画質処理技術で培った技術を投入。有機ELパネルの性能を最大限に引き出す新・画質処理エンジンを組み合わせた「ヘキサクロマドライブPLUS」により、ビエラ史上最高画質を実現している。
 有機ELパネルは、4Kの829万画素を1画素単位で映像制御できる自発光方式により、完全な黒が実現できる。その明るさをコントロールすることにより、キメ細やかな色彩と高コントラストな映像を実現できる。
 暗部から明部まで階調性隆に再現。プラズマテレビで自発光方式を知り尽くした同社ならではの巧みなチューニングにより、暗いシーンでも滑らかな階調表現を実現した。
 市場想定価格はフラグシップモデルのTH-65EZ1000(65V型)が税別90万円前後、同65EZ950(65V型)が80万円前後、同55EZ950(55V型)が50万円前後。


「Japan IT Week 2017 春」開幕

 クラウドコンピューティングやビッグデータ、情報セキュリティ、IoT、組込みシステムなど、最新のITソリューションを展示する日本最大の展示会「Japan IT Week 2017 春」が10日、東京ビッグサイトで開幕した。会場では13展示会が併催されており今年は1600社が出展している。会場は初日から多数の来場があり、にぎわいをみせている。会期は12日までで、9万人の来場を見込む。
 展示会ではIoTやAI(人工知能)といった最新のデジタル技術を活用し企業のデジタル変革を支援する製品サービスをはじめ、IoT時代に対応した情報セキュリティなどが注目されている。


電波新聞拾い読み 2017年5月11日