トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年4月24日

電波新聞拾い読み 2017年4月24日

サムスン電子 最新スマホ「S8」発売

 韓国サムスン電子は21日、最新型スマホ「ギャラクシーS8」「S8プラス」を韓国で発売した。米国、カナダ、欧州、中東諸国でも順次販売を始める。
 同社は昨年発売した「ノート7」が発火問題で製造・販売中止となったことを受け、安全性点検を大幅に強化。
 「最も安全なスマホ」を前面に打ち出し、傷ついた信頼の回復を目指す。日本での発売は未定。
 S8は表面を画面が占める新デザイン。データ処理能力を大幅に向上させ、高画質カメラを搭載した。


PC用DRAM価格の価値上昇続く

 PC用DRAM価格の上昇が続いている。台湾系調査会社DRAMエクスチェンジによると、先進プロセス技術を使用した製品に品質問題が生じたことから供給不足に拍車がかかり、予想以上に価格の上昇が進んでいるという。
 指標となる4GB DDR4型DRAMモジュールの第2四半期(4-6月)の大口需要向け平均契約価格は27ドルと、前期の24ドルから約12.5%上昇する見通し。
 リサーチディレクターのアブリル・ウー氏は「PCのOEMメーカーは当初、韓国サムスン電子や米マイクロンがそれぞれ18ナノメールと、17ナノメートル技術での生産を開始したことからDRAM供給が拡大すると予想していた。しかし、両社ともサンプリングや歩留まりに問題が生じたため、供給はタイトな状態が続いており、これが価格上昇を招いている」と指摘した。
 DRAMエクスチェンジでは、DRAM市場全体としては第2四半期も単価の上昇が続くと予想。PC向けの他、サーバー用DRAMの価格も前期比で平均10〜15%上昇。一方、モバイル用は中国スマホベンダーの出荷量の減少を受け、単価上昇率は5%以下にとどまるとみている。


エプソン 省スペースデスクトップPCの新型

 エプソンダイレクトは、省スペースデスクトップPCの新モデル「エンデバーAT10」を発表した。基本構成価格は税別5万7000円から。同社オンラインショッピングサイトおよびコールセンターを通じて受注を開始している。
 新製品は、従来機「同AY331S」より、BTO(顧客が使用を選択できる注文方法)項目を拡充。標準・有償保守サービスも他のエンデバーシリーズ同様の最長6年まで対応するなど、法人をはじめとするユーザーの要望に柔軟に対応できるようにしている。
 CPUはインテルの「セレロン」プロセッサから第6世代インテルの「Corei3/i5」プロセッサまでラインアップ。HDD/SSDは、大容量1TBのHDD、高速アクセスで業務効率化が期待できるSSDは最大256GBまで用意。
 メモリーは最大8GBまで搭載でき、一般的なオフィス業務に適したBTOオプションを取りそろえている。


電波新聞拾い読み 2017年4月24日