トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年4月19日

電波新聞拾い読み 2017年4月19日

アイコム 国際VHFトランシーバ「IC-M73J」

 アイコムは4月下旬、国際VHFトランシーバ「IC-M73J」を発売する。
 船舶共通通信システムとして普及が進む国際VHF無線機の携帯型。サイズや国籍に関わらず、全ての船舶間で通信できることから安全航行用に需要が増えている。
 IC-M73Jは送信出力5W/3W/1W、受信感度0.22マイクロV(typ)12dB SINAD時など、従来機「IC-M72J」の基本機能を引き継ぎながら、キーボタンの配置を見直し操作性を高めた。
 液晶ディスプレイもワイドな角度から見やすい高性能仕様のパネルに変更。エンジン音などの騒音の中でも聞き取りやすい700mW大音量サウンドを実現した。
 付属の大容量リチウムイオンバッテリパック使用時で従来機比約3割増となる約16時間の長時間運用を可能にした。防水性能も最高水準のIPX8対応。外形サイズ52.5×125×30mm、重さ約325gと小型・薄型、軽量。


アイホン 配線工事不要、ワイヤレステレビドアホン

 アイホンは、玄関子機と室内親機間の配線工事を不要としたワイヤレステレビドアホンを20日発売する。
 ワイヤレステレビドアホンは、煩わしい配線工事をすることなく、テレビドアホンの設置を可能とした。
 室内のモニター付きワイヤレス親機は充電式で、充電台をコンセントに挿すだけで簡単に設置できる。玄関子機から電波が届く範囲(約100m)であれば、建物内のどこでも利用できる。留守中でも、来訪者をあとから確認できる自動録画が可能。
 カメラ付きワイヤレス玄関子機は、乾電池を6本使用。広角カメラを採用することで、玄関周りの様子を左右画角約110度の範囲で広く捉えることができる。
 新製品は、チャイムからの取り換えやインターホンが設置されていない戸建て、アパートなどでの防犯に役立つ。


東芝 CDラジオ

 東芝エルイートレーディングは、SDカードやUSBメモリーに録音できるワイドFM(FM補完放送)、ブルートゥースのワイヤレス再生対応のSD/USB/CDラジオ「TY-CWX90」を4月中旬から発売する。市場想定価格は1万4000円前後。
 新製品は音楽・語学・録音と様々な用途で使用できるよう、2つの録音機能や2つの再生機能、光るLEDレベルメーターに、漢字に対応した大型液晶画面など、従来機種比で14個の機能を新たに搭載した。また、本体幅も従来機比で約5.4cmコンパクトになった。
 主な特徴は、最大10件までカレンダーの曜日を指定できるラジオのタイマー予約録音が可能。時計用電池が不要な、停電時バックアップ・自動補正の付いたデジタル時計内蔵。ブルートゥース対応のスマホなどをワンタッチで接続できる「NFC対応」。SDカードからUSBメモリーへ、USBメモリーからSDカードへ録音可能。マイクの音量調整付きの「外部マイク端子」、カラオケが楽しめる「ボーカルダウン」。11段階で速度調整できる「スピードコントロール」搭載。


電波新聞拾い読み 2017年4月19日