トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年4月6日

電波新聞拾い読み 2017年4月6日

米インテル 新生マカフィー発足

 米インテルのセキュリティ部門が4日、独立したサイバーセキュリティ専業企業として発足し、事業を開始した。社名は「マカフィー」。
 インテル・セキュリティ部門は11年に同社が77億ドルで買収したセキュリティソフト・サービスの米マカフィーがベースとなっている。
 インテルは昨年9月、同部門の株式過半数をプライベートエクイティ(PE)投資会社の米TPGに売却し、独立した企業を設立する計画を発表した。
 新会社の企業価値は約42億ドルと、セキュリティ専業としては世界最大規模。インテルは新生マカフィーの49%の株式を保有。
 マカフィーは7500人を超えるサイバーセキュリティの専門家を擁し、1200件以上の特許を保有する。
 ヤングCEOは「あらゆるモノがネット接続される現代において、サイバーセキュリティは最大の課題であり、多くの人にとって大きな負荷となっている。明確な目標を持った独立企業として、マカフィーは世界共通の脅威に対して人材、技術、組織一体となって取り組み、技術が導く未来の安全を実現するよう努める」と抱負を述べた。


四国総合通信局 地域BWA高度化方式の無線局免許

 四国総合通信局は、徳島県のケーブルテレビ「ひのき」に対し、2.5GHz帯を使用する地域広帯域移動無線アクセス(地域BWA)高度化方式の無線局の免許を交付した。
 ひのきは、すでに対象区域でWiMAX方式による地域BWAサービスを提供しているが、地域BWAシステムの伝送速度を向上させるサービスを新たに提供する。
 四国管内では愛媛CATV、今治シーエーティーブィが高度化方式を導入している。全国では17事業者が同方式を導入している。
 免許の概要
                  
申請者ひのき
サービス内容一般向け モバイルブロードバンドサービス
自治体向け 災害、防災用の通信回線
基地局数14局
技術方式AXGP方式
電波の型式20MOX7W
周波数2585MHz
出力40W
対象区域徳島県北島町、松茂町、上板町
伝送速度下り最大110Mbps(ベストエフォート)
サービス提供
開始時期
4月


電波新聞拾い読み 2017年4月6日