トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年3月22日

電波新聞拾い読み 2017年3月22日

2月の白モノ家電国内出荷 3%増、1740億円

 日本電機工業会(JEMA)が21日発表した白モノ家電の17年2月の国内出荷額は1740億円で前年同月比3.3%増。消費者の省エネおよび高付加価値製品志向が強く6カ月連続のプラスとなった。
 製品別では、冷蔵庫が同1%増の298億円で3カ月ぶりのプラスに転じた。エアコンは2カ月連続のプラス。同5.6%増の456億円、洗濯機は同12.2%増の295億円で8カ月続けて前年同月を上回った。


日立製作所 マクセル株売却

 日立製作所は21日、保有する日立マクセル株の半分をSMBC日興證券に売却すると発表した。
 売却後の議決権所有割合は14.76%となり、マクセルは日立の持分法適用先から外れる。
 マクセルはこれに伴い、10月1日付で商号を「マクセルホールディングス」(仮称)に変更する予定。
 日立とマクセルは引き続き、蓄電池や自動車関連の事業や研究開発などで協力関連を維持する。日立は株売却について連結業績への影響は軽微としている。
 日立は10年にマクセルを完全子会社化。その後、14年に東証一部に再上場し、経営自立化に向けて段階的に株式売却を進めてきた。


電波新聞拾い読み 2017年3月22日