トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年3月20日

電波新聞拾い読み 2017年3月20日

パナソニック デジタルチューナ搭載のラジカセとラジオ

 パナソニックは、デジタルチューナを搭載したラジオカセットレコーダ「RX-M45」と、FM/AM2バンドラジオ「RF-U155」を4月21日から発売する。
 スマホの普及によりラジオ放送の聴取スタイルが変化している。そのような中、利便性や汎用性に優れるラジオ各タイプも、ワイドFM普及などの後押しもあり、根強いニーズがある。
 新製品はAFC(自動周波数制御)によりAMラジオの受信幅が広がり、チューニングの操作が簡単になった。チューニングを厳密にしなくても、自動で最寄りの放送局に合わせる。また選局中ノイズを低減し、快適に聴取できる。
 持ち運びに便利な取っ手のついた軽量ボディー。電源は乾電池にも対応し、コンセントのない場所でも使用できる。
 市場想定価格はRX-M45が5700円前後、RF-U155が4300円前後。


BS 4K・8Kの試験放送をCATVで視聴可能に

 ケーブルテレビ(CATV)業界は17日から一部でBSで行われている4K・8K試験放送のケーブル網での再放送を開始した。
 ケーブル業界は15年12月1日から専門チャンネル「ケーブル4K」で4Kの実用放送をスタートさせている。しかし、今回はケーブル4Kで放送されているコンテンツとは別に、NHKと放送サービス高度化推進協会(A-PAB)がBS17チャンネルで放送している4K・8Kコンテンツをケーブル網で再放送することになった。
 4K・8Kをケーブルで視聴するには視聴料は無料だが、4K対応STB(CATV対応チューナ)が必要。このためケーブル各社とも対応STBのレンタルサービスを始めた。


電波新聞拾い読み 2017年3月20日