トップページ > 電波新聞拾い読み > 2017年2月8日

電波新聞拾い読み 2017年2月8日

16年の移動電話国内出荷台数 2年ぶりマイナス

 JEITAとCIAJが7日発表した16年12月の移動電話国内出荷台数は165万1000台で、前年同月比11.5%減となった。
 このうち、スマホは101万5000台で同5.6%減。11月に引き続き、冬春モデルの出荷が好調により、3カ月連続で出荷台数が100万台を超えた。単月のスマホ比率は61.5%となった。
 16年暦年(1-12月)の累計出荷台数は1717万4000台、前年比20.3%。このうち、スマホは966万3000台(前年比11.9%減)の出荷。13年出荷分の買い替え需要があり、プラス成長となった15年からの反動減などにより、移動電話国内出荷台数としては2年ぶりのマイナスとなった。
 なお、12月の公衆用PHSは公開されなかったが、11月までの16年度累計出荷台数は7万5000台で、前年同期比62.4%減となっている。


セイコーとソニー ウエアラブル端末コラボモデル

 セイコーウオッチとソニーはファッションウオッチで提携した。
 セイコーの若者向けファッションウオッチブランド「ワイアード」ウオッチと、ソニーのウエアラブル端末「wena wrist(ウェナ リスト)」を組み合わせたコラボ限定モデル「AGAA701」を4月21日から全国の「ワイアード」取扱店で発売する。
 「ワイアード」は、「日本発世界へ」をコンセプトに、ファッション性と機能性を融合した東京発の次世代ウオッチ。
 「ウェナ リスト」は、腕時計のバンド部分に「電子マネー機能」「通知機能」「ログ機能」の厳選された日常生活に役田ぶつ3つの機能が搭載されたウエアラブル製品。


エレコム カートリッジ用詰め替えインク

 エレコムは、エプソンとブラザーのプリンタ用インクカートリッジに対応する詰め替えインクを2月中旬から発売する。
 同社の「詰め替えインク」シリーズは、インクカートリッジにインクを補充してカートリッジを再利用し、ランニングコストを抑えて資源を節約できる。自社開発インク「耐力インク」を採用し、変色に強く美しい仕上がりを実現する。
 詰め替え作業は、図を使った分かりやすい取扱説明書が付属し、初めてでも安心できる。
 エプソン「IC69/リコーダー」ラ対応した4色セット「THE-69RDHKIT」、交換インク(ブラック)「同69RDHBK4T」とブラザー「LC211/LC213」に対応した4色セット「THB-211213KIT」、交換インク(ブラック)「同211213BK4」の4機種。
 価格はいずれも税別で4色セットが1万300円、交換インク(ブラック)が1920円。


電波新聞拾い読み 2017年2月8日