トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年12月27日

電波新聞拾い読み 2016年12月27日

11月の民生用電子機器国内出荷 4Kテレビ73%増

 JEITAが26日発表した11月の民生用電子機器国内出荷額は前年同月比3.1%増の1200億円、4Kテレビの伸びが目立っている。
 11月単月の4Kテレビの出荷台数は14万3000台で前年同月比73%増。 薄型テレビ全体に占める4Kテレビの比率も11月は33.4%となり、4Kテレビの統計開始以来、初めて30%を超えた。
 インターネットとの融合でテレビが楽しめるハイブリッドキャスト対応テレビの出荷台数は前年同月比5%増の18万6000台、薄型テレビ全体に占める比率は43.6%。初の40%突破になる。
 製品別では、薄型テレビ全体で42万7000台(前年同月比12.7%減)、50型以上は7万9000台となり前年同月比6.1%増。


サンワサプライ ACプラグ付きモバイルバッテリ

 サンワサプライは、充電機器の充電とバッテリへの蓄電を一度にできる追っかけ充電機能付きのACプラグ付きモバイルはバッテリ「700-BTL028W」を発売した。税別価格は3685円。
 2ポート合計最大2.1A出力で、1ポート使用でiPadなどタブレットを充電できる。1万mAhのバッテリを内蔵しており、iPhone7なら約3回分、XperiaXZなら約2回分、9.7インチiPadProなら約1回分を満充電できる。
 ACプラグを内蔵しているため、バッテリ蓄電の際は、コンセントに挿すだけで蓄電できる。2台を別々で充電する必要がなく、手間なく一度に行える。本体を振ることでバッテリ残量を確認できるシェイク機能を搭載した。


携帯キャリア3社 山陽新幹線全トンネルで携帯電話通話可能

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、山陽新幹線の峠山トンネル(新山口駅−厚狭駅間)から厚狭駅(山口県山陽小野田市)と、厚狭駅から小倉駅(北九州市)間で、トンネル内の携帯電話不感地帯を解消した。
 これに伴い、山陽新幹線の全トンネル内でのサービス提供が可能になった。
 22日の始発列車からサービスを開始。Y!mobileの携帯電話も利用できる。


電波新聞拾い読み 2016年12月27日