トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年12月22日

電波新聞拾い読み 2016年12月22日

11月のPC国内出荷台数 2カ月連続の増加

 電子情報技術産業協会(JEITA)が21日発表したPCの11月国内出荷台数と金額は、金額で前年同月を若干下回ったものの、台数では2カ月連続で前年を上回った。
 11月の出荷台数43万6000台は前年並み。うちデスクトップは12万台で前年同月比1.1%増、ノート型は31万6000台で同0.2%減。ノート型の比率は72.5%だった。PC全体出荷の7割がノート型というパターンは定着してきた。


東芝 青梅事業所を売却

 東芝は青梅事業所の土地に関する売買契約を野村不動産と締結した。
 青梅事業所は17年3月末に閉鎖し、青梅事業所に勤務する同社および、同社グループ従業員は、移転した先で勤務を継続する。
 青梅事業所は1968年に創立。大型電算機から始まり、ワープロ、PC、HDDなどの開発製造の拠点として、48年にわたり創業してきた。


タイガー魔法瓶 ヨーグルトメーカー

 タイガー魔法瓶は、ヨーグルトメーカー「CHF-A100」(市場想定価格税別8000円前後)を来年1月21日から発売する。温度と時間を簡単設定で、わが家好みの自家製ヨーグルトが楽しめる。
 新製品は1時間から48時間まで、1時間単位のタイマー機能で「まろやか」から「酸っぱい」まで好みの味が自在に作れる。
 また、20度から60度まで1度刻みで温度設定ができることから、カスピ海ヨーグルトや豆乳ヨーグルト、塩こうじ、甘酒など幅広い発酵食品が楽しめる。
 パック牛乳をそのままヨーグルトメーカーにセットして作れるため、手軽で簡単、衛生的。
 本体は幅11.5×奥行き14.9×高さ26.5cmのコンパクト設計を採用した。


VR機器世界出荷 16年291万台

 台湾系調査会社トレンドフォースが16年のVR(仮想現実)機器世界出荷数291万台、17年は510万台と前年比75%増加するとの予想を発表した。VR機器市場は立ち上がったばかりだが、16年の販売数はクリスマス用ギフトが大半を占め、今月ピークに達する見通しという。
 ベンダー別の出荷数では、ソニー「PS VR」が16年150万台の予想で首位。有機ELパネルの不足や歩留まり率の低さなどが原因で、需要の伸びに対応しきれなかったものの、競合する12社に比べて圧倒的強さを見せた。17年はサードパーティが開発したより限定的な製品が登場する予定で、出荷数は前年比67%増の250万台になる見込み。


電波新聞拾い読み 2016年12月22日