トップページ > 電波新聞拾い読み > 20016年11月16日

電波新聞拾い読み 2016年11月16日

エレコム 長寿命のAC充電器

 エレコムは、高耐久ケーブルを採用した長寿命AC充電器「MPA-ACMBC156Sシリーズ」「同ACMCC156Sシリーズ」と、キューブ型コンパクト長寿命AC充電器「AVS-ACUAN007シリーズ」を11月中旬から発売する。
 価格はそれぞれ税別3180円、3520円、1750円。
 「ACMBC156Sシリーズ」「ACMCC156Sシリーズ」は、USB充電対応機器で使用できる。両シリーズとも充電器本体とケーブル一体型。ケーブルを新設計し、通常の10倍以上の耐久力を実現した。
 「ACMCC156Sシリーズ」は、USBポートを1ポート装備。別途、充電用USBケーブルを用意すればアイフォーンなども充電できる。
 「AVS-ACUAN007シリーズ」は、ウォークマン、アイポッドなどのデジタルオーディオプレヤー向けのAC充電器。未使用時や持ち運び時はプラグ部分を折り畳んで本体に収納することができる。10年の長寿命設計。


京セラ IoT向け通信サービスを提供

 京セラの子会社である情報通信事業を担当する京セラコミュニケーションシステムは、欧米など24カ国で展開する仏通信ベンチャー、シグフォックス(SIGFOX)と組み、17年2月からIoT向け低価格、低消費電力な通信サービスを提供開始する。18年3月までに全国36都市へ拡大するほか、日本のIoTの全世界展開も視野に入れる。
 IoT市場は、20年にインターネットへつながるデバイスの計は約530億個まで増加するといわれている。
 一方で、データ量が小さいセンサーなどで、通信料金の高さや消費電力が大きく、商用電源がないところでは使えないなどの課題がある。
 その中で低価格、省電力で広域をカバーするLPWA(ローパワーワイドエリア」が注目されている。
 シグフォックスのLPWAは、通信に使用する周波数帯は920MHz帯を使用するため、特別な許可を必要としない。データ通信速度は100bps(上りのみ)と通常の携帯電話などより遅いが、最大で数十kmと長距離通信が可能で消費電力も少なく、価格が100円前後と安いことから、既に24カ国で展開。18年までに60カ国に増加する見込み。


電波新聞拾い読み 2016年11月16日