トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年10月14日

電波新聞拾い読み 2016年10月14日

米IDC 7-9月の世界PC出荷、3.9%減6799万台

 米IDCは11日、16年7-9月期の世界のパソコン(PC)出荷台数が前年同期比3.9%減の6799万台となったと発表した。減少幅は4-6月期の同4.5%からやや縮小した。過去1年にわたる在庫調整などにより、「市場は若干の改善がみられる」という。
 7-9月期のメーカー別シェアは中国レノボが21.3%で首位を維持したが、2位の米ヒューレット・パッカードが21.2%と肉薄した。3位は米デルで15.8%、4位の米アップルは7.4%だった。


HIOKI 電源品質アナライザ発売

 HIOKIは電源品質アナライザ「PQ3100」(税別28万円)を発売する。
 電源品質アナライザは電源障害による電子機器の誤動作や故障といった障害の原因を探るため、電源品質の監視と解析に用いる。
 パワーエレクトロニクス機器の増加や多様化により、障害への有効な対策としてその原因を詳細に知るには調査項目が多岐にわたり、高度な専門知識が要求される。電源品質アナライザを使用すれば、障害の原因を正確かつ効率的に見つけ出すことができる。
 電源が瞬間的に途切れる停電や、電圧が異常に上昇する「スウェル」などが発生すると、最長で異常発生前1秒間と発生後10秒間の波形を記録できる。


ブラザー 家庭向けラベルライター

 ブラザー工業はラベルライター「ピータッチ」の新製品として、製品本体にキーボードがなく、スマホアプリでラベルを編集する家庭向けラベルライター「PT-P300BT」を10月下旬から発売する。
 「PT-P300BT」は、使い慣れたスマホの画面操作で、いつでもどこでもラベルを編集できる。製品本体にはキーボードがなく、ラベルの編集は全てスマホで行うため、空いた時間や外出先でもラベルの編集ができる。
 製品本体は、使わないときでもインテリアの一部として置いておきたくなるようなスマートなデザイン。専用のスマホアプリは、主なラベリング用途である「整理収納」「書類整理」「名前付け」「ギフト・ラッピング」ごとに、テンプレートをはじめとするラベル活用法を多数用意した。
 市場想定価格(税別)は6000円。


中国総合通信局 岡山で不法無線局の取り締まり

 中国総合通信局は、岡山県備前警察署と共同で、消防・救急無線の通信、携帯電話、テレビ・ラジオの受信などへの妨害原因となる不法無線局の取り締まりを実施した。
 取り締まりの結果では、不法無線局(総務大臣の免許を受けていない無線局)を、トラックに開設していた運転手1人を電波法違反容疑で摘発した。
 不法無線局の種別は不法アマチュア無線。


電波新聞拾い読み 2016年10月14日