トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年9月1日

電波新聞拾い読み 2016年9月1日

米インテル 第7世代Coreプロセッサ発表

 米インテルは8月30日、「第7世代Coreプロセッサ(開発コード名Kaby Lake)」ファミリを発表した。ノートPC/タブレット向けで、前世代に比べ4K動画対応機能を強化した。
 新プロセッサはビデオエンジンが改良され、新たに「4K HEVC 10ビット」のデコード/エンコード、「VP9 10ビット」のデコードに対応。これを搭載したPCは超高精細4Kコンテンツの視聴はもとより、4K、360度動画の作成・編集・共有も高速で行うことが可能。
 また、グラフィック性能は5年前のPCに比べて3倍向上した。
 第7世代Coreは14ナノメートル+プロセスの採用で、第6世代Coreプロセッサと比較して性能が最大12%向上。Web性能は19%高速化した。
 今回発表したのは、ノートPC向けUシリーズ3製品とYシリーズ3製品の計6製品。Uシリーズ最上位の「Core i7-7500U」はベースクロック2.7GHz、ターボブースト時最大3.5GHz。価格は1000個ロット時393ドル。


NHK 放送センターの建替え計画発表

 NHKは8月30日、放送センター(東京都渋谷区)建て替えの基本計画を発表した。現在地に建て替える。工期は16年間で、建設費(放送設備除く)は総額1700億円を見込む。
 現在の放送センターは1965年に完成。建物の劣化と新しい時代にふさわしい放送体制確立、防災・減災報道の拠点として環境整備が必要なため、建て替えを検討してきた。
 計画によると、設計は18年開始、工事着工は20年秋。25年に第1期工事完了、全体の竣工は36年を計画している。
 新しい放送センターは情報棟、制作事務棟、公開棟の3棟で構成され、NHKホールは継続使用する。


JEITA 7月のPC国内出荷31%増

 JEITAは8月31日、7月の国内PC出荷実績を発表した。出荷台数は前年同月比30.7%増の59万3000台、出荷金額は同24.3%増508億円といずれも2桁伸長した。
 出荷台数の内訳は、デスクトップが同15.2%増の14万4000台、ノート型は同36.5%増の44万9000台。デスクトップは2カ月連続プラス。ノート型は6ヵ月ぶりで前年を上回った。
 ノート型の出荷比率は75.7%で前月より0.6ポイント縮小。


トレンドマイクロ 「ウイルスバスター」最新版

 トレンドマイクロは1日、総合セキュリティソフト「ウイルスバスター」シリーズの最新版を発売する。ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)への対応を強化したほか、コミュニケーションツール「LINE」などに対応する機能も搭載した。
 国内16年上半期のランサムウエアの検出件数が前年同期比で約7.2倍を記録している背景からランサムウエア対策機能を強化し、新製品に不正暗号化の監視と自動バックアップ機能を搭載。
 指定したフォルダへのアクセスを監視し、正規プログラム以外のアクセスを防止する「フォルダシールド」を搭載。ランサムウエアがデータを暗号化することを防げるようにしたほか、正規プログラムを偽装するプログラムを検知する機能も付けている。
 モバイル向けセキュリティも強化した。モバイル版ではアンドロイドOS向けに、不正なURLの送受信を防ぐ「メッセンジャーセキュリティ」機能を搭載した。
 無料Wi-Fiスポットの拡大からWi-Fiチェック可能も搭載し、通信内容が盗み見される危険のあるネットワークの接続を警告する。
 税込み価格はウイルスバスタークラウド1年版が5380円、デジタルライフサポートプレミアム1年版付きが7980円、モバイル1年版が3065円となる。


大阪駅北口に「ヨドバシ梅田タワー」

 ヨドバシカメラは8月31日、大阪駅北口の2期計画用地に予定していたホテルと商業施設「ヨドバシ梅田タワー(仮称)」の建設着手を決定したと発表した。来年夏の着工、19年秋の竣工を予定している。
 同タワーは延べ床面積約10万5200平方メートル、地上34階、地下4階。9階から34階までの高層部はホテルで、大阪市内では最大級の約1000室の客室を予定。
 地下1階から8階までは商業施設だが、ヨドバシカメラ関連が入居するかは未定という。地下4階から地下2階までは駐車場となる。


電波新聞拾い読み 2016年9月1日