トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年8月26日

電波新聞拾い読み 2016年8月26日

カシオ計算機 超広角19mmレンズ採用のデジカメ

 カシオ計算機はデジタルカメラ「エクシリム」の新製品として、遠近感を生かしたダイナミックな写真が撮れる超広角19mmレンズを採用した「EX-ZR4000」を9月9日から発売する。
 「EX-ZR4000」は、旅先で出会った雄大な景色や壮麗な建築物を、ダイナミックな印象そのままに、美しく残すことができる。広い画角を生かして、自分撮り・みんな撮りのスタイルでも背景をしっかり入れられるので、見る人との想像を膨らませる魅力的な写真に仕上げることができる。
 また、新しく搭載した「ワイドビューフォト」モードでは、一度決めた画角を静止画(ズーム)に加え、そこから引いた広い画角の静止画(ワイド)と、ズームからワイドへと移り変わるアニメーション動画を一度に保存できる。
 CMOSセンサーは、受光面積が広くも暗くなりがちな室内での撮影や高速連写に適した1/1.7が裏面照射型を採用し、レンズは超広角ながら光学5倍ズームを実現している。子どもやペットなど動きの速い被写体、夜景もきれいに撮影できる。
 画像を確認しながら自分好みの肌の色やなめらかさを調整できるメーキャップ機能は、繊細な表現力で女性の美しさを丁寧に描写し、なめらかで健康的な美肌に仕上げられる。
 市場想定価格(税別)は5万2000円前後。


米IT大手 「拡張現実」に本腰

 スマホ向けゲーム「ポケモンGO」の大ヒットで、現実空間にコンピュータ映像を重ね合わせる「拡張現実(AR)」技術が注目を集めている。アップルやマイクロソフトなど米IT大手も今後の成長分野と位置付けており、関連サービスが続々と登場しそうだ。
 ポケモンGOでは、スマホのカメラと位置情報機能を使ったAR技術により、街中に出現するキャラクタを捕まえるという斬新な手法が利用者の心を捉えた。
 アップルのクック最高経営責任者(CEO)は、ポケモンGOのヒットに関し「ARの大きな可能性を示している」と、この分野の投資を強化する方針を表明。フェイスブックのザッカーバーグCEOも、ARや仮想現実(VR)を「今後10年の成長分野」と重視する。
 マイクロソフトは今年3月、AR技術を応用したメガネ型端末「ホロレンズ」を企業向けに発売。
 日本航空は旅客機の操縦席やエンジン部分をホロレンズで再現し、パイロットや整備士の訓練に活用する計画。


電波新聞拾い読み 2016年8月26日