トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年8月24日

電波新聞拾い読み 2016年8月24日

4-6月国内クライアントPC出荷 ビジネス市場2桁増

 IDC Japanが23日発表した第2四半期(4-6月)の国内クライアントPC出荷台数は、ビジネス市場が前年同期比10.7%増の145万台、家庭市場が同14.1%減の104万台となり、市場全体は同1.2%減の約250万台だった。
 家庭市場の減少が続いているものの、ビジネス市場の2桁成長が寄与し、全体では前年同期並みに戻ってきた。
 ベンダー別にみると、NECレノボグループはビジネス市場で同15.6%増、家庭市場で同20.7%減と、全体では同3.2%減になった。富士通はビジネスで同21.0%増、家庭で同21.5%減で、全体は同1.6%増だった。
 デルはビジネスが同13.8%増、家庭で同74.9%増で、全体は同29.5%増と好調に推移。特に家庭市場では家電量販店向け出荷が順調に伸びた。ヒューレット・パッカード(HP)もビジネスで同10.1%増、家庭も同10.6%増、全体で同10.1%増と好調に推移した。
 東芝はビジネスが同10.4%増、家庭が同18.3%減となり、全体では同5.8%減だった。


東芝 ステレオSP搭載AM/FMラジオ

 東芝エルイートレーディングはAM/FMラジオの新製品として、ステレオ放送をステレオスピーカならではの高音質で楽しめるシンセチューナタイプの「TY-SR55」と、アナログチューナタイプの「TY-AR55」を今月下旬から発売する。
 新製品は、8cm口径の大型スピーカを左右に廃したステレオスピーカと、出力500mW×2chのアンプで、FM補完放送などのステレオ放送を高音質で聴くことができる。
 TY-SR55の電池持続時間は最大160時間。AM/FMの各6放送をボタンに登録して選びやすくした「お好み選局」機能を搭載している。さらに、周波数を見やすく表示する「バックライト付きデジタル大型液晶」、ステレオ放送を受信すると点灯する「ステレオランプ」が付いている。
 TY-AR55の電池持続時間は最大180時間。見やすい「大型のダイヤル目盛」と、選局を確認しやすい「同調ランプ」が付いている。
 市場想定価格はTY-SR55が6000円前後、TY-AR55が5000円前後。


電波新聞拾い読み 2016年8月24日