トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年8月12日

電波新聞拾い読み 2016年8月12日

昨年のモバイルコンテンツ関連市場 13%増4.4兆円強

 モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)がまとめた15年のモバイルコンテンツ関連市場の規模は前年比13%増の4兆4228億円だった。
 同市場はゲーム音楽などデジタルコンテンツを有料配信する「モバイルコンテンツ市場」と、物販系、サービス系、トランザクション系の3分野で構成の「モバイルコマース市場」に大別される。
 モバイルコンテンツ市場の15年市場規模は同7%増の1兆5632億円。使用される携帯端末によるビジネスモデルの違いから「フィーチャーフォン市場」と「スマートフォン等市場」に分類。
 後者はスマホの普及にともない、ゲーム・ソーシャルゲームなどがスマホ等市場全体の1兆4623億円の66%を占める。次いで電子書籍の11%、動画・映像配信の10%。
 1009億円規模のフィーチャーフォン市場は前年比34%減と縮小傾向にあり、着メロ、着うたなどが減りつつある。
 前年比17%増、2兆8596億円規模のモバイルコマース市場は物販系、サービス系、トランザクション系の3分野がそろって2桁近い伸びとなった。
 携帯電話から商品を購入する通信販売など物販系が1兆4632億円となり、モバイルコマース市場で最大の規模。
 以下、金額でサービス系、トランザクション系の順となる。


ヤマハ ワイヤレスでネットワークを手軽に楽しむ新製品群

 ヤマハは、家の中の様々な部屋や場所で手軽に音楽を楽しめるワイヤレスオーディオの新提案「MusicCast(ミュージックキャスト)」に対応した新製品4モデル(ホームシアターパッケージ「MUSICCAST-P306」、デジタルサウンドプロジェクタ「YSP-2700」、ワイヤレスストリーミングスピーカ「WX-010」、ネットワークCDレシーバ「CRX-N470」)を、9月上旬から順次発売する。
 ミュージックキャストは、家の中に設置した複数のミュージックキャスト対応音響機器の操作や、対応機器間での音楽ソースの共有などが、専用アプリ一つで行えるヤマハ独自のワイヤレスオーディオのネットワーク機能。ミュージックキャスト対応機器間同士の間で、音楽ソースの配信/受信を簡単に行うことができる。
 MUSICCAST-P306は、ミュージックキャストをすぐに楽しめる専用サウンドバー&ワイヤレススピーカのホームシアターパッケージ。市場想定価格は7万4000円。
 YSP-2700は、HDCP2.2やHDR映像伝送、4K/60p映像伝送に対応したHDMI端子(3入力/1出力)を搭載。ヤマハ独自のリアルサラウンド技術で、様々なコンテンツの臨場感と迫力をアップさせる。市場想定価格は12万円前後。
 WX-010は、ブルートゥース送受信、AirPlayなどに対応したWi-Fi内蔵ワイヤレススピーカ。場所を選ばず家の中のどこにでも気軽に設置できるコンパクト&シンプルなデザインを採用している。市場想定価格は2万5000円前後。
 CRX-N470は、充実の多機能が1台に凝縮したオールインワンシステム。CDやネットワーク上の音楽コンテンツが高音質で楽しめる独自設計と音響技術。スタイリッシュでシンプルなデザインと、シンプルな使いやすさを両立させている。税別価格は5万8000円。


電波新聞拾い読み 2016年8月12日