トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年3月22日

電波新聞拾い読み 2016年3月22日

総務省 昨年末の携帯電話契約数5%増、LTE契約34%増

 総務省がまとめた15年末(10月-12月)の携帯電話契約数は1億5442万件。前年同期比4.8%増、前期比で1%増。
 このうちLTEの契約数は8275万あり、前年同期比33.7%、前期比4.7%それぞれ増。
 MVNO(仮想移動体通信事業者)サービスの契約数は1155万になり、前年同期より29%増えた。格安スマホを提供するMVNO事業者が増加しているのも契約者増加の要因でもある。
 MVNO事業者で210社あり、9月末より11社、前年同期より38社増えた。
 事業者別シェアではNTTが43.3%、KDDIが28.9%、ソフトバンクグループが27.8%。しかし、ソフトバンクのみ前年同期と前期のシェアを下げた。
 固定系超高速ブロードバンド(BB)サービスの12月末契約数は3093万で前年同期比5.3%、前期比1.2%それぞれ増加。内訳はFTTH(光ファイバ)が2758万、CATVインターネット(通信速度30Mbps以上)は335万。FTTH、CATVインターネットともに契約数は前年同期比、前期比ともに増えている。


ソニー レコードをハイレゾ変換するアナログプレヤー

 ソニーはアナログレコードの高品位な再生と、世界で初めてアナログレコードの音をDSDの5.6MHzなどのハイレゾリューション・オーディオフォーマットでパソコンに録音・保存が可能なステレオレコードプレヤー「PS-HX500」を4月16日に発売する。
 新製品は新設計のストレートトーンアームの採用により、安定したトレースを実現した。ターンテーブルには、強度と重量のバランスに優れたアルミダイキャスト製のプラッター(回転盤)や、厚さ約5mmの独自開発ラバーマット、キャビネットには厚さ約30mmの音響機器に最適な高密度MDFを採用するなど、アナログレコードのより豊かで高品位な再生を追求した。
 PCと接続し、録音・編集ができる新開発の専用PCアプリケーションをPCにインストールすることで、アナログレコードの音を原音に限りなく忠実に記録できるDSDなどのハイレゾフォーマットで録音・保存することができる。
 これにより、アナログレコードのコレクションの音を、ハイレゾ再生対応のウォークマンやハードディスクオーディオプレヤーなどの機器で楽しめる。
 希望小売価格(税別)は6万1000円。


ヨドバシカメラ横浜 レストランフロアをリニューアル

 ヨドバシカメラは18日、マルチメディア横浜(横浜市西区)の地下2階レストランフロアを「ワイワイグルメ」としてリニューアルオープンした。
 ワイワイグルメには新たに19店・22業態が入居。客席も従来の840席から1000席に増やして、より多くの来店客が入れるように改装。特に約287平方メートル・150席を設け、豚肉や牛肉、鶏肉などの肉料理を提供する肉専門のフードコート酒場を展開するなどユニークな店舗展開を図った。


電波新聞拾い読み 2016年3月22日