トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年3月16日

電波新聞拾い読み 2016年3月16日

CS/BSペイテレビ視聴数 2月、999万世帯2910万人

 衛星放送協会の付属組織、衛星テレビ広告協議会(CAB-J)が先月実施した2月の機械式ペイテレビ接触率共同調査によると、同月のCS/BSペイテレビ視聴数は約999万世帯、視聴者数は約2910万人だった。今回の調査期間は2月8日から21日までの2週間、地域は東京から30km圏と関西2府3県の主要地域。


バッファロー 高速Wi-Fi規格対応中継機

 バッファローは、Wi-Fi(無線LAN)中継機「WEX-1166DHP」(税別8900円)を3月下旬から発売する。
 高速Wi-Fi規格「IEEE802.11ac」2×2に対応。中継先からPC、スマホ、タブレットなどの子機を複数接続する際に安定した高速通信を実現する。
 また、5GHzと2.4GHzのデュアルバンドにより、多くのWi-Fi機器に対応。デュアルバンド同時接続にも対応し、一つの帯域のみを中継するタイプの中継機で見られる通信速度が半減する減少が発生しない。
 そのほか、可動式アンテナ、有線LAN対応機器を高速無線化できるGiga対応LAN端子を搭載。親機、子機との通信状況がスマホで確認できる「中継機設置ガイド」に対応。コンセント直挿し設計で場所を選ばず設置できる。
 中継先で自分専用のネットワークをつくれる「パーソナルモード機能」や、中継機専用SSIDが使用できる。


JEMA 11月1日「IHクッキングヒーターの日」

 日本電機工業会(JEMA)は、日本の食文化を豊にすることを目的に、「IH」の文字にちなんで11月1日を「IHクッキングヒーターの日」と定めた。また、IHクッキングヒーターの累計国内出荷台数が1月で1101万台を突破したことも記念、今後も「安全」「クリーン」「便利」なITクッキングヒーターの啓発活動を実施していく。
 IH(電磁誘導加熱)を利用したIHクッキングヒーターは、磁力線の働きで発熱させ、高い熱効率で高火力を実現する。火を使わない安全設計で、また燃焼ガスが発生しないため、室内空気がクリーンに保てるのが特徴。1974年に登場以来、累計出荷台数を伸ばし、1月で累計1101万台を記録した。
 同工業会では「電力自由化に向け、安全、クリーンで便利なIHクッキングヒーターの啓蒙活動に力を入れていく」として「IHクッキングヒーターの日」を制定するとともに、各種のイベント、量販店の店頭などで訴求していく。


電波新聞拾い読み 2016年3月16日