トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年2月17日

電波新聞拾い読み 2016年2月17日

オリンパス 5軸手ブレ補正機構コンパクトデジカメ

 オリンパスは、コンパクトデジタルカメラ「STYLUS(スタイラス)SH-3」を、2月26日から発売する。
 新製品は、広角25mmから超望遠600mmまでの光学24倍高性能ズームレンズ、静止画・ムービーいずれにも対応した光学式手ブレ補正機構を搭載している。
 夜景シーンを確実に捉える機能や様々な動画が撮れる機能など、多彩な撮影機能を装備。日常の記録から夜景、マクロ撮影まで、あらゆるシーンで高画質を提供する。
 ミラーレス一眼カメラ「PEN」の世界観を共有する上質なデザインを採用したプレミアムデザイン。総画素数は1680万画素。
 市場想定価格は税込み3万9960円。


三菱電機 電波の届かない屋内で誤差1m以内で位置検出するシステム

 三菱電機は電波が届かない屋内で、誤差1m以内で位置を検出するシステムを開発。17年4月の実用化を目指す。
 今回開発したシステムは、音波による位置を検出する装置を無線LAN基地局に搭載。位置を検出したい対象物とその周辺の複数を無線LAN基地局との間で音波を往復させ、その伝達時間から対象物の位置を特定。送受信のタイミング・計測結果は無線LANで通信、提供する。
 既に構内無線LANが設置されている場合、基地局に位置検出装置を追加するだけで、低コストでシステムが構築できる。
 スマホに専用アプリをインストールすれば、内蔵のマイクとスピーカを利用して、周辺の無線LAN基地局に搭載した位置検出装置との間で送受信した音波の伝達時間からスマホの位置を特定することができる。
 ユーザーはスマホだけで利用でき、RFID(電子タグ)などの専用機器は不要となる。


電波新聞拾い読み 2016年2月17日