トップページ > 電波新聞拾い読み > 2016年1月21日

電波新聞拾い読み 2016年1月21日

太陽光発電買取価格 16年も引き下げ方向

 経済産業省は19日、有識者委員会を開き、太陽光や風力など再生可能エネルギーで作る電気を電力会社が買い取る「固定価格買い取り制度」(FIT)に基づき、2016年度の買い取り価格を決める議論を始めた。再生エネの9割を占める太陽光の現行の1kW時当たり27円から、最大20台前半に、4年連続で引き下げられる方向。


民放連が啓発スポット放送

 日本民間放送連盟(民放連)は18日から、「放送番組の違法配信撲滅キャンペーン」の一環として啓発スポットの放送とコンテンツ配信を行っている。期間は3月31日まで。
 18日からのスポット放送には人気俳優の遠藤憲一さんを起用し、全国139の民放局で集中的に放映。コンテンツ配信は視聴動画の視聴前・中・後で動画広告配信を行うインストリーム配信を実施中。
 民放連ではネット上で放送番組の違法配信が横行しているため、14年から「それ、違法です。〜放送番組の違法配信撲滅キャンペーン」実施している。


電波新聞拾い読み 2016年1月21日