トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年12月22日

電波新聞拾い読み 2015年12月22日

11月の白モノ家電国内出荷 4.4%増、1674億円

 日本電機工業会(JEMA)が21日発表した民生用電気機器(白モノ)の11月国内出荷額は1674億円で前年同月比4.4%増。7カ月連続のプラスになった。
 製品別ではエアコンが同13.6%増の346億円で5カ月連続のプラス。洗濯機も同14.6%増の245億円で2カ月連続増加。冷蔵庫は7カ月ぶりのマイナスで同8.4%減の255億円。
 エアコンと洗濯機は金額で同2桁増だったが、理美容関連も好調で、白モノ全体を押し上げた。


LTE 北米、9月末で2.2億加入

 米州の通信事業者および通信機器メーカーなどが加盟する業界団体4Gアメリカズが発表した4G・LTE利用に関する最新リポートによると、北米のLTE加入者数は9月末で2億1900万件。モバイルユーザー全体の51%を構成した。


ブロードバンド契約数 9月末、3%増3739万件

 総務省によると、固定系ブロードバンド(FTTH、DSL、CATV、FWA)の9月末契約数は前年同期比3%増の3739万件だった。
 このうち最大の契約はFTTH(光ファイバ)となり、全体の73%を占める2729万件で前年同期比5%増。FTTHの事業者別シェアではNTT東西が69.7%で同1.3ポイント減。KDDIは同0.4ポイント増の12.7%、関西のケイ・オプティコムも同0.1ポイント減の5.7%のシェア。その他の電力系事業者は2%のシェアで同0.1%増加した。
 CATVインターネットは665万契約あり、前年の9月末より41万件増えた。
 通信速度下り30Mbps以上の固定系超高速BBの契約数はFTTH、CATV合計で3055万件、前年同期比5.6%増加した。FTTHの2729万件以外にCATVインターネット接続が326万あり、FTTHは同5%、CATVは同10.9%増加した。


国内PC出荷 11月、17%減43万2000台

 JEITAは21日、11月の国内PC出荷実績を発表した。出荷台数は前年同月比17%減の43万2000台、出荷金額は同7.1%減の401億円と、いずれも18カ月連続マイナスとなった。
 出荷台数愛知分けは、デスクトップが前年同月比22.5%減の11万9000台。ノート型は同14.7%減の31万3000台で、このうちモバイルノートは同7.9%減の7万1000台だった。


電波新聞拾い読み 2015年12月22日