トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年11月30日

電波新聞拾い読み 2015年11月30日

エレコム プリンタ各社の詰め替えインク21製品

 エレコムはキヤノン、エプソン、ブラザー各社のインクジェットプリンタ用インクカートリッジ対応の「詰め替えインク」(セット・単色モデル)など21製品を今月下旬から発売。
 セット付属の「専用リセッター」は、カートリッジのICチップ端子とリセッターのピンを接触させるだけで、簡単にICチップに記録されたインク残量情報をリセットできる。
 リセッターの電源は、プリンタ用のUSBケーブル(A-Bタイプ)を利用できるUSB電源に対応し、電池切れの心配がない。
 耐光性・耐オゾン性能に優れた自社開発インク「耐力インク」を採用。変色に強く美しい仕上がりを実現している。
 簡単に注入口の穴あけができる専用工具や、ポリ手袋などの付属品と図を使った分かりやすい取扱説明書が同梱。カートリッジ再利用で、ごみを減らせて環境にも優しい。


次世代放送推進フォーラム 来年3月で4K試験放送を終了

 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は27日、昨年6月に始めた4K試験放送「Channel-4K」を来年3月31日午前0時で終了すると発表した。番組終了は同21日午後10時。
 4Kの実用放送が始まり、同フォーラムが担ってきた試験放送の役割を果たしたため、と同フォーラムでは説明している。


NOTTV 来年6月終了

 NTTドコモは27日、子会社のmmbiが運営するスマホ向け有料放送サービス「NOTTV」を16年6月30日で終了すると発表した。
 12年4月に国内初のスマホ向け放送を開始したが、インターネット経由の動画配信サービスの普及などに押されて会員数が伸び悩み、事業の継続は困難と判断した。
 NOTTVが対応する米グーグルのOS搭載スマホの販売低調も響いた。契約数は3月末の175マンガピークで、10月末は147万に減少した。


ヨドバシAkiba レストランフロア リニューアル

 ヨドバシAkibaが8回のレストランフロア「ワイワイグルメ」の第2期改装工事を完了し、リニューアルオープンした。第1期として10月2日オープンした13店に加え、新たに17店が追加オープンした。
 1階の自由通路の店舗も一新し、ベルギーワッフルの店やテラスセキでやお酒が飲める店など新業態の店が出店。新たな客層の取り込みも目指す。


政府 蛍光灯製造が実質不可能に

 政府は蛍光灯の省エネルギー性能に関する基準について、厳格化することを決めた。消費電力が小さい発光ダイオード(LED)照明への切り替えを促進し、二酸化炭素排出量の削減につなげる。16年度中に経済産業省の有識者会議で詳細を決める予定。
 経産省によると、LED照明の普及率は12年度時点で9%にとどまる。同省は30年度に、LEDなど高性能照明の普及率をほぼ100%にする計画で、基準厳格化で達成を後押しする。
 家電量販店の販売価格は60W相当の電球形蛍光灯が700円前後に対し、LEDは2000円程度。また蛍光灯をLEDにするには、電球型以外では器具を交換しなければならず、オフィスや商業施設などでは工事が必要だ。
 ただ、LEDは耐用年数が長く、消費電力も白熱灯の8分の1程度と少ない。政府は「官民対話」で示した省エネ対策に、LED化の促進を盛り込んだ。


電波新聞拾い読み 2015年11月30日