トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年11月26日

電波新聞拾い読み 2015年11月26日

エリクソン ドコモ、KDDIと5G共同開発で合意

 スウェーデンのエリクソンはNTTドコモ、KDDIの両社と次世代高速無線通信5Gの共同開発で合意した。
 NTTドコモとは5G向け無線装置のプロトタイプを共同開発した。
 同プロトタイプは基地局の1セクタで同じ周波数を使う多数のユーザー端末に対応するため、送受信のアンテナ数を増やすMU-MIMO(マルチユーザーマイモ)技術を採用。さらに通常のネットワーク環境で、容量の拡大と消費エネルギー削減を実現するためのビームフォーミング技術なども応用している。外見はスーツケース状で、重さは約18kg。
 KDDIとは5G導入までのシナリオで共通の理解を深め、5Gを構成する各部分の技術の性能と適用性を評価しながら、双方が無線およびIPコア技術の研究開発に共同で取り組むことになった。利用者が協業することで進展に向けた屋内、屋外における技術基盤を強化する。


エレコム 持ち運びに便利なモバイルバッテリ

 エレコムは、モバイルバッテリ「DE-MB1L-3220」を11月下旬から発売する。同機は、外出先でもスマホやタブレットに給電できるモバイルバッテリ機能とAC充電器としても使える2in1モバイルバッテリ。
 家庭用コンセントに接続すると約2.5時間で同機の内蔵バッテリをフル充電。家庭用コンセントに接続し、さらにスマホやタブレットを接続するとAC充電器として使用可能。スマホを約2時間でフル充電できる。
 約500時間使用可能な充電式リチウムイオン電池を採用。充電や給電の状態は4段階のLED表示で確認できる。バッテリの寿命が過ぎると、自動的に充電を停止する過充電防止カウント機能を搭載した。


パナソニック LEDランタンが好調

 パナソニックは、丸いライト部分を押してON/OFFできるLEDランタン「球(たま)ランタン」(BF-AL05K)の新色(ブルー、ピンク)をラインアップに追加、12月18日から発売する。
 「球(たま)ランタン」は、球状シルエットを採用したかわいらしいデザインのLEDランタン。枕元のあかりとしてピッタリのサイズとやさしい明るさが人気。
 LEDを使用しているため本体が熱くならず、特殊なシェードで周囲をやさしく照らすことができるので、小さな子供のいる家庭でも安心して使える。
 新色のブルーとピンクは、ベビーグッズの中でも人気の2色を採用した。乾電池エボルタが付属。市場想定価格(税別)は2300円前後。


電波新聞拾い読み 2015年11月26日