トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年11月10日

電波新聞拾い読み 2015年11月10日

NTT 全面的に固定電話網をIP回線に

 NTTは全国の固定電話網を全面的にIP(インターネット)回線に移行する。6日同社が明らかにした。中継機や信号交換機が維持の限界を迎える25年頃をメドにIP網への切り替えを行う。正式な移行時期についてはNTT網を利用している他の事業者と検討しながら決める。
 IP網への移行では中継・信号交換機をIP化するほか、従来の固定回線に使用されているメタル(銅)電話回線も継続利用してIP網に接続する。他の事業者とはIPで接続する。
 固定電話サービスについてもNTTでは「ユーザーにできる限り負担をかけないよう固定電話は維持する」考え。このため現行の基本的な音声サービスは継続する。加入者宅での工事は不要で、電話機もそのまま使用できるようにする。基本料金は可能な限り現状維持に努める。


HIOKI DMMの品ぞろえ充実

 HIOKIはデジタルマルチメーターの品ぞろえを充実させている。
 ビルや工場における電気設備の保守点検の現場のほか、インバータや太陽光発電の研究開発・保守点検など、幅広い機種を市場に投入している。
 今年「DT4254/4255/4256」の3新製品を発売。販売を強化している。
 DT4254はPV、電力設備の保守メンテに最適化した。ソーラーパネルの開放電圧点検にDC1700Vまで測定が可能。価格は2万円(税別)。
 DT4255は電圧測定端子にヒューズを搭載。ワンランク上の安全設計の電工モデル。現場作業を安全に行える限流抵抗と遮断ヒューズで短絡事故を防止する。価格は2万円(同)。
 DT4256はシリーズ最多機能を搭載し、活躍の場が広がる多機能モデル。価格は2万2000円(同)。
 3製品共通でDC V基本確度プラスマイナス0.3%rdg。AC電圧測定ではローパスフィルタで高調波カット(インバータの基本波成分を正確に測定)。
 PC計測に対応するUSB通信機能(オプション使用)。-25〜+65度と使用温度範囲は広い。コンクリート上1mからの落下に耐える頑丈設計で、安全性の測定カテゴリCATW 600V。


電波新聞拾い読み 2015年11月10日