トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年11月6日

電波新聞拾い読み 2015年11月6日

ヤマダ電機4-9月連結 営業益3.6倍

 ヤマダ電機の16年3月期第2四半期(15年4-9月)連結決算は、売上高が前年同期比3.4%減の8047億4600万円ながら、構造改革による販売や人員配置の見直しなどにより売上総利益率が大幅に改善。また、販売・管理削減効果も出て営業利益が同3.6倍の207億8100万円、純利益は同3.2倍の126億6200万円となった。
 商品別では、単価の高い4Kテレビや大型テレビ販売が好調に推移。また冷蔵庫、洗濯機などの白身の家電、エアコンなどの季節商品、外国人観光客向け商品も伸びた。
 期末の店舗数は海外も含め950店舗。非連結子会社およびフランチャイズ総加盟店を含めたグループ総店舗数は1万1721店舗で、3カ月前より87店舗減少した。


ケーズデンキ4-9月連結 営業益27%増

 ケーズホールディングスの16年3月期第2四半期(15年4-9月)連結決算は、高画質・大画面テレビや高付加価値家電製品の販売の伸びが寄与して、営業利益が前年同期比26.5%増の98億900万円となった。売上高は同0.6%増の3193億900万円、純利益は減損損失の拡大などにより、同12.7%減の65億9400万円。
 品目別では、テレビの売上げが同13.6%増加したほか、調理家電、クリーナー、理美容・健康器具が好調に推移。7月から8月半ばの猛暑の影響により、エアコンも同6.7%増と堅調だった。
 一方、PC・情報機器は前年4月の「ウインドウズXP」サポート終了に伴う買い替え需要の反動減や、今年7月からの新OS「ウインドウズ10」の無償提供が影響し、売上げは同28.4%減少した。
 同期は直営店11店を開設、4店を閉鎖。期末店舗数は(直営店451店、フランチャイズ店4店)455店となった。


VAIO Windows10搭載のノートパソコン

 VAIOは、「ウインドウズ10」をプリインストールした「Fit15E-mk2」の予約を開始した。
 カスタマイズモデル「VJF1521シリーズ」は4日から先行受注、最速納期は13日、VAIOオーナーメードモデルの市場想定価格は税別5万6800円から、法人向けは同6万1800円から。
 個人向け標準仕様モデル「VJF1529UAP1B」(市場想定価格税別14万4800円)、「同VAP1W」(同14万4800円)、「RCP1B」(同8万4800円)、「SCP1W」(同8万4800円)、「TCP1P」(同8万4800円)の5機種は13日発売開始。


乾電池「エボルタ」 ギネス認定、鉄道車両で最長距離走行

 パナソニックは3日、秋田県由利本荘市の由利高原鉄道鳥海山ろく線で乾電池「エボルタ」を使った車両を走行、乾電池車両が線路を走った最長記録としてギネス世界記録に認定された。
 車両は幅1.5m、高さ2.9m、長さ4m。車体は鉄、木材などの材料で制作、車両重量は約1.1トン。川越工業高校電気科「電車班」の生徒らが製作。この日の走行では「電車班」の生徒8、9人が車両に乗り込み、総重量約2トンを、エボルタ単1形乾電池600本を搭載、動力源にした。走行距離は前郷駅から矢島駅折り返しの22.615km。
 沿道には多くの市民や関係者が訪れ、エボルタ電池電車の鉄道走行ギネスチャレンジを見守った。午後3時20分頃には前郷駅に戻り、ギネス世界記録に認定され、乾電池エボルタの優れた長持ち性能とパワーを実証した。


電波新聞拾い読み 2015年11月6日