トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年9月23日

電波新聞拾い読み 2015年9月23日

米アマゾン 廉価版タブレット発売

 米アマゾン・ドット・コムは17日、廉価版のタブレット端末を発売すると発表した。
 販売価格を49.99ドルと従来の自社製品の約半額に抑えた。
 日本の価格は8980円。日米とも予約注文の受け付けを開始しており、30日に発売する。
 新端末は、画面サイズが7インチ、記憶容量が8GB。
 アマゾンは同時に、画面サイズが大きい149.99ドルと229.99ドルの上位機種も発表した。


ソニー 5軸手ブレ補正機能搭載の4K対応一眼カメラ

 ソニーは、レンズ交換室デジタル一眼カメラα7シリーズ「α7S U」を10月16日に発売する。
 「α7S U」は、有効約1220万画素35mmフルサイズExmorCMOSイメージセンサーと、画像処理エンジンを搭載。静止画・動画ともに常用ISO100-102400、拡張は最高ISO409600の広い感度域を有し、高感度・低ノイズ撮影を実現したα7シリーズの中で最も感度性能が高く、ダイナミックレンジが広いモデル。
 高速シャッタを使って野生生物の動きの一瞬を止めるような暗所撮影や、三脚を使わずに手持ちでスローシャッタを使って流れる滝の動感を表現するような風景撮影など、幅広いシーンで撮影を楽しめる。
 新たに搭載した光学式5軸手ブレ補正機能により、様々なレンズを装着して手持ち撮影ができる。さらに、高感度性能により高速シャッタからスローシャッタまで撮影表現の自由度を高めている。
 動画機能は、フルサイズ領域で画素加算のない全画素読み出しによる高解像度4K動画本体内記録機能に対応した。
 市場想定価格(税別)はボディーのみ(Eマウント)42万円前後。


パナソニック 下半身をもみほぐすエアマッサージャ

 パナソニックは骨盤周りからお尻、太ももまでをもみほぐすエアマッサージャ「骨盤おしりリフレ」EW-NA75を10月21日から発売する。
 12個のエアバッグにより骨盤周りをあらゆる方向から力強く締めつけ、下半身をほぐす。
 立った姿勢、座った姿勢、横になった姿勢のいずれでも使用できるので、好きな姿勢でリラックスしながらマッサージできる。
 骨盤周りの締めつけ・もみほぐし、お尻の引き上げ、太もものもみほぐしのプロに学んだ4つのマッサージプログラムを搭載している。
 ひじで押す感覚をイメージして突起を設けた「ほぐしパッド」を2個付属。ベルトと体の間にはさむことで、おしりや太ももの外側を効果的にマッサージできる。
 市場想定価格(税別)は2万5000円前後。


京セラTCL 福島県いわき市にメガソーラーを建設開始

 京セラTCLソーラー(東京都千代田区)は、福島県いわき市で「福島・田人(たびと)メガソーラー発電所」の建設を9月16日から始めた。
 同発電所は、出力規模約27MW、年間予想発電量早く3262万kWh(一般家庭約1万世帯分の年間電力消費量)となる見込みで、19年9月の完成を予定している。


三和電気計器 海外中心に事業拡大

 三和電気計器はデジタルマルチメーターやデジタルテスターなどの電気計測器で、海外を中心に着実な事業拡大に取り組んでいる。
 同社はデジタルマルチメーター、デジタルマルチテスター、クランプメーター、絶縁抵抗計、接地抵抗計などのメーカー。直接販売は行わず、ほぼ100%販売代理店を通じて製品を供給する。
 国内外の売上比率は国内が約3分の2、海外が約3分の1で、海外の約9割が東南アジアで占められている。特にインドネシア、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポールの5カ国の売上比率が大きい。
 鈴木社長は「今から25年前、それまで幅広く手がけていた電気計測器を見直し、汎用の普及機を中心とした製品戦略に転換した。移行、収益が改善し、大きな伸びはないが、確実に収益が上がるようになった。計測器は計測精度に対する信頼性が重要であり、当社の長年にわたって培ってきたブランド力が高い信頼性の評価につながっている」と述べる。
 アナログテスター「YX360TRF」は製品化して約20年を経過したが、モデルチェンジを一度も行わず、毎年約10万台を販売するロングセラー製品。
 デジタルマルチメーターにも注力する。現場測定器として広く使われている。買い替え需要も多い。
 「マルチメーターアナログからデジタルになって、LSIさえあれば作れるようになり、特徴をですのが難しい。中国製や台湾製の数千円の製品も販売されている。当社製品は中国製よりも3-5倍高価格だが、テスター同様にブランド力で販売している」と鈴木社長はいう。
 デジタルマルチメーターは「CD771」「CD772」など、「CD700シリーズ」がサービス関係を中心に売れ筋。海外では「CD800A」が売れており、毎年10万台を出荷している。
 日本国内「PM3」が人気。厚さが8.5mmと薄型。4000カウント(小数点以下3桁表示)DC400mV-500Vなどで、周波数測定機能(9.999-60kHz)も付いている。
 鈴木社長は「当社の計測器は汎用が中心だが、季節にも計器にも影響を受けない。調整熟成品だが、サービスマン1人1台の必需品であり、需要は確実に存在する」と述べている。


電波新聞拾い読み 2015年9月23日