トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年9月16日

電波新聞拾い読み 2015年9月16日

シャープ 東京メトロでシースルーディスプレイの実証実験

 シャープは東京メトロと共同で、シャープが試作したシースルーディスプレイを有楽町線豊洲駅の透過型ホームドアに設置し、19日から実証実験を開始する。
 同ディスプレイは、カラーフィルタを用いることなく、R(赤)、G(緑)、B(青)の光源の点灯に合わせて画面を切り替えることで、シースルーのカラー映像を表示する。またIGZO液晶ディスプレイ技術の採用により、画面の高速切り替えによる滑らかな画面表示と、透過率の飛躍的な向上を実現している。
 今回、国内で初めて同ディスプレイを東京メトロ豊洲駅の透過型ホームドアに設置。透過型ホームドアで表現している駅空間の広がりを損なうことなく、駅の案内や広告などの映像コンテンツを表示できる。実証実験では、地下鉄の環境に適した映像や技術的課題などを、半年程度かけて検証する。


京セラTCL 鳥取県米子市にメガソーラー

 京セラTCLソーラーは11日から、鳥取県米子市に「鳥取・米子メガソーラー発電所」の建設を開始した。建設地は閉鎖されたゴルフ場跡地を含む遊休地で、土地の有効活用を図る。
 同発電所は出力規模約29.2MW、年間予想発電量は約3608万kWh(一般家庭約1万1000世帯分の年間電力消費量に相当)の見込みで、18年3月の完成を予定している。


電波新聞拾い読み 2015年9月16日