トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年8月26日

電波新聞拾い読み 2015年8月28日

カスタム 簡易型PM2.5チェッカー

 環境・ヘルスケア計測器メーカー、カスタム(東京都千代田区)は手のひらサイズの簡易型PM2.5チェッカ「PM-2.5C」(1万9800円)を開発し、発売した。
 PM-2.5Cは環境省の環境基準に基づいて設計されており、大気中のPM2.5濃度(質量濃度)を常時検出し、3色9段階のLEDによって濃度レベルを直感的に表示するとともに、2通りのブザーでアラームを出すことができる。
 外形サイズは幅140×高さ32×厚さ32mm、重さ約270gと手のひらに収まる小型軽量ながら高度な信頼性、安定性、再現性を備えた優れたコストパフォーマンスを実現している。


キヤノン 家庭用インクジェットプリンタ5モデル

 キヤノンは、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新製品として、「PIXUS MG7730」など5機種を9月3日から発売、ラインアップを刷新する。
 新製品は、豊富なカラーバリエーションを用意し、様々なインテリアスタイルに調和するインクジェットプリンタ。新アプリや各種クラウドサービスとの連携により、スマホから簡単・楽しくプリントできる「スマフォトプリント」を実現する。


ウインドウズ10導入端末 7500万台突破

 米マイクロソフトは26日、7月末に無償提供を始めた最新基本ソフト(OS)「ウインドウズ10」を導入した端末が世界で7500万台を超えたと発表した。
 マイクロソフトは日本など世界190カ国で「7」や「8.1」をパソコンやタブレット型端末で使っているユーザーを対象に「10」への無償アップグレードを実施。「ウインドウズ」シリーズは現在世界で15億台の端末に搭載されているが、マイクロソフトは3年以内に10億台の端末を「10」に移行させたい考え。


UQとKDDIバリューが合併

 UQコミュニケーションズとKDDIバリューイネイブラーのKDDI参加2社が10月1日付で合併することが27日決まった。UQはWiMAX(高速モバイルデータ通信サービス)、KDDIバリューイネイブラーはMVNO(仮想移動通信事業者)事業者。
 合併後はUQコミュニケーションズの社名が存続、両社のサービスを継承する。現在両社が提供中のサービスは継続される。


電波新聞拾い読み 2015年8月28日