トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年7月31日

電波新聞拾い読み 2015年7月31日

ダイニチ工業 電気ファンヒーターに参入

 ダイニチ工業が電気ファンヒーターを今年秋から発売し、同市場に新規参入する。
 主力の石油ファンヒーターは人口減少が続く国内市場が中心であるため、市場拡大が見込みにくい。既存事業との相乗効果が高い電気暖房事業に新規参入することで事業基盤の強化を図る構え。


米インテルとマイクロン 新型不揮発メモリー開発

 米インテルとマイクロン・テクノロジーは28日、処理速度が従来のNAND型フラッシュメモリーの1000倍という新型不揮発メモリーを開発したと発表した。
 新メモリーは「3D Xポイント」というプロセス技術を採用。1989年にNANDフラッシュが開発されて以来、四半世紀ぶりに新しいカテゴリを形成する技術であり、不揮発性、高性能、耐久性、高密度、低コストとあらゆるニーズを満たすメモリーの実現を目指し、インテルとマイクロンがゼロから開発したという。
 今回、両社が発表した3D Xポイントメモリーは、NANDフラッシュに比べて処理速度および耐久性が1000倍。また、記録密度はDRAMの10倍に達する。


世界スカウトジャンボリーに使用するアマチュア局に免許状

 中国総合通信局は28日、山口市きらら浜で8月8日まで開催されている「第23回世界スカウトジャンボリー」を記念した特別なコールサインを使用するアマチュア局の変更検査を実施し、免許状を交付した。
 このアマチュア局は、会場で多数の周波数帯で運用され、青少年に科学技術に対する理解と関心を持たせるとともに、世界中のアマチュア局と交信してアマチュア無線の健全な普及、発展に寄与することを目的としている。大会期間中に国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士との交信も予定されている。
コールサイン 8N23WSJ
空中線電力 1kW
運用期間 7月28日-8月8日


電波新聞拾い読み 2015年7月31日