トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年7月21日

電波新聞拾い読み 2015年7月21日

スパコンのビッグデータ解析性能 日本の「京」が首位

 ビッグデータ処理に関するスパコンの国際的な性能ランキング「Graph500」最新版で、理化学研究所に設置されている「京」(富士通製)が世界首位を奪還した。
 Graph500は、大規模かつ複雑なデータ処理が求められるビッグデータ解析において重要となる。グラフ(節と枝によるデータ間の関連性を示したもの)解析の性能を示す。スパコンの実行性能を競う「TOP500」とともに、年2回更新される。
 京がトップに立つのは、14年6月以来、2度目。
 Graph500はグラフの幅の優先探索(1秒間にたどった枝の数=TEPS)という複雑な計算を行う速度で評価される。今回の測定では京の8万8128台のノードのうち8万2944台が使用され、約1兆個の頂点を持ち、16兆個の枝からなるプログラムスケールの大規模グラフに対する幅優先探索問題を0.45秒で解くことに成功。ベンチマークスコア38621ギガTEPSを達成し、米IBM性スパコンを抑え1位となった。
 これにより、京はグラフ解析分野での高い能力とともに、幅広い分野のアプリケーションに対応する汎用性の高さを実証。同時に、高いハードウエアの性能を最大限活用できる研究チームの高度なソフトウエア技術も示した。
 2位は米エネルギー省(DOE)国家核安全保障局ローレンス・リバモア研究所の「Sequoia」、3位はDOE科学局アルゴンヌ研究所の「Mira」で、2位から5位まではIBM製スパコンが占めた。TOP500で5回連続首位となった中国の「天河2号」は、Graphランキングでは6位だった。


米サンディスク 小型でワイヤレス対応のフラッシュドライブ

 米サンディスクはモバイル用ストレージの新製品として、小型のワイヤレス対応フラッシュドライブ「コネクト・ワイヤレス・スティック」を発表した。
 USBポートに接続してPCでの利用もできる。持ち運びに便利なスティックタイプの製品で、スマホやタブレット、PCなど好みのデバイス間で写真や動画ファイルを簡単にワイヤレス転送し、共有できる。
 最大5台の端末に無線で同時接続でき、スティックに保存したHD(高精細)動画や音楽は、一度に最大3台の端末にストリーミング可能。1回の充電で、最長4.5時間の連続ストリーミングを提供する。
 容量は16/32/64/128GBの4タイプ。価格は29.99-99.99ドル。アマゾン、ベストバイ・コム、サンディスクのサイトから購入できる。


田淵電機 ポータブル蓄電システム

 田淵電機は、ポータブル蓄電システムを7月から発売した。
 国産リチウムイオン蓄電池を搭載したスタンドアロン型の容量2.5kWhと5.0kWhの2モデルを取りそろえた。ともに環境共創イニシアチブ(SII)による定置用リチウムイオン蓄電池の補助金対象として、量産型登録蓄電システムの登録済み。
 新製品のポータブル蓄電システムは災害などにより停電時に情報機器や家電製品に長時間給電できる。2.5kWhモデルで約7時間、5.0kWhモデルで約13時間の給電が可能。
 また、独自技術による常時インバータ方式の無停電電源装置(UPS)を搭載し、停電時のバックアップ運転への切り替え時に瞬断が発生せず、サーバーのデータは損や損失を防ぐことができる。


電波新聞拾い読み 2015年7月21日