トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年7月14日

電波新聞拾い読み 2015年7月14日

ミツミ電機 ミリ波レーダー系を強化

 ミツミ電機は開発本部における今後の研究開発の重点テーマの一つにミリ波レーダー系を掲げる。アンテナ技術などをベースに、今後の市場立ち上がりが期待されている79GHz帯ミリ波レーダーの開発を進め、新たな事業の創出を目指す。
 79GHz帯ミリ波レーダーは車の衝突防止用レーダーの新仕様として規格が策定され、既存の77GHz帯ミリ波レーダーを補完するシステムとして、数年後の実用化が予想されている。
 79GHz帯ミリ波レーダーは周波数の帯域幅が4GHz(77GHz−81GHz)と広いため、車の近傍のセンシング能力に優れ、77GHz帯システムでは検知が難しかった細い物体(歩行者や自転車など)の捕捉が可能となる。ADAS(先進運転支援システム)の高度化をさせる技術として、今後の普及が期待されている。
 ミリ波レーダーは、車の衝突防止用途のほか、監視カメラなどの非車載用途にも展開していく方針。


総務省 スマホの「つながりやすさ」共同で計測へ

 総務省は13日、スマホのインターネット接続の「つながりやすさ」について、携帯電話各社が共同で外部業者に委託し、公平に計測するよう求める報告書を固めた。自社に有利な調査を基に、各社の宣伝競争が過熱している状況を改め、統一基準を設ける。
 報告書は14日の有識者会議で了承される見通し。


NEC LTE対応ルーター

 NECとNECプラットフォームズは、SIMロックフリーのモバイルルーターにおいて国内で初めてLTE-Advancedに対応したモバイルルーター「Aterm MR04LN」を16日から発売する。
 新商品は、「OCNモバイルONE」「BIGLOBE LTE・3G」「ぷららモバイルLTE」「IIJmio高速モバイル/Dサービス」「楽天モバイル」などの通信サービスに対応している。
 次世代通信方式LTE-Advancedへの対応に加え、受信最大300Mbpsの高速通信を可能にした。また、自宅の固定回線を別売のクレードルに有線接続すれば、新商品をホームルーターとして使用することができる。
 SIMロックフリーと、microSIMカードを2枚挿入可能なデュアルSIM対応により、「国内と海外」「ビジネスとプライベート」「従量制の高速サービスと低価格のサービス」などの使い分けができる。


ヤマダ電機 テックランドNew寒河江店オープン

 ヤマダ電機は10日、テックランドNew寒河江店をオープンした。
 出店地はJRフルーツライン左沢線「寒河江駅」の東約1.3km、国道112号線沿いに位置している。周辺にはスーパーマーケット、ホームセンター、紳士衣料量販店なども隣接しており、相乗効果が期待される。
 売場面積は1980平方メートル、スタッフは約20人体制。駐車場は193台が利用可能。


中国総合通信局 山口放送のFM補完中継局に予備免許

 中国総合通信局は、山口放送から申請のあったFM補完中継局に対して、予備免許を付与した。
 同中継局は、山口県の県庁所在地およびその周辺で発生している都市型難聴や外国波混信を解消するとともに災害対策を目的に設置する。
 予備免許した中継局の概要は次の通り。
局名 KRY山口FM
設置場所 山口県防府市
周波数 92.3MHz
空中線電力 1kW


14年度末のCATV加入、2918万世帯

 総務省がまとめた14年度末の全国ケーブルテレビ加入世帯はRF、IPマルチキャストの両方式合計で2918万世帯となり、前年度末より54万世帯増加した。国内全体の普及率は52.2%となり、前年度より0.7ポイント増えている。
 ケーブルテレビやIPTVで4K放送が今後本格化するものとみられ、有線テレビの加入に弾みがつくと関係者は期待している。
 ケーブル網利用のインターネット接続契約者数も増加基調。14年度末の643万加入は前年度末より41万の増加。直近の5年間で最大の増加数になっている。
 14年度末のケーブル事業者による光ファイバの総敷設距離は24万9000km。1年間で8864kmも光ファイバが延伸した。
 この結果、全幹線路に占める光ファイバ敷設の割合は64.5%になった。


電波新聞拾い読み 2015年7月14日