トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年6月23日

電波新聞拾い読み 2015年6月23日

ラックスマン 真空管セパレートアンプ

 ラックスマンは創業90周年を記念して、真空管セパレートアンプの限定生産モデルのコントロールアンプ「CL-38uL」と、ステレオパワーアンプ「MQ-88uL」を7月に発売する。
 CL-38uL/MQ-88uLは、お気に入りの家具や調度品と同様、家庭のリビングやリスニングルームにおいて長期にわたって愛用できるよう、カリモク家具製木箱の採用をはじめ、外観デザインや部品の信頼性、そして音質や音色を特別に磨き上げたスペシャル・エディション。
 CL-38uLは、ミニチュア管をスロバキアJJ製の高信頼感に変更し、長期の使用における回路の安定動作性を向上。回路間を接続するカップリングコンデンサにラックスマン・オリジナル開発のオイルコンデンサを採用し、つややかでなめらかな音色を実現した。
 MQ-88uLも筐体のアルミパネル部を淡いシャンペンゴールド仕上げに変更。ミニチュア管はCL-38uLと同様に、スロバキアJJ製の高信頼管に変更している。
 価格(税別)はCL-38uLが43万円、MQ-88uLが47万円。


5月の国内PC出荷 41%減51万5000台

 JEITAが22日発表した5月の国内PC出荷台数は51万5000台で前年同月比41.2%減。金額でも同34%減の483億円となり、台数、金額ともに12カ月連続で前年同月を下回った。好調に推移した昨年の需要増の反動が出ている。
 内訳はデスクトップが11万7000台(金額で112億円)で同51.7%減、ノート型が39万8000台(同371億円)で37.2%減。ノート型の全出荷台数に占める比率は77.3%。
 新年度に入って2カ月間の出荷実績は合計で98万8000台の出荷台数。前年同期より46%減少している。


東北総合通信局 楽天のFM放送局に予備免許

 東北総合通信局は、楽天野球団から提出されていたコミュニティFM放送局開設申請に対し予備免許を付与した。
 この放送局は、仙台市宮城野区の送信所から電波を発射し、仙台市宮城野区の約3割にあたる約2万6000世帯をカバー。周波数は89.1MHzで8月から運用を開始する。東北楽天の試合中継などを放送する。


用語解説 薄膜チップ抵抗器

 チップ抵抗器は、汎用に使用されている厚膜チップ抵抗器の抵抗素子が抵抗ペーストを厚膜印刷して形成するのに対して、薄膜チップ抵抗器は、スパッタリング法で抵抗薄膜を形成するもの。
 そのため、非常に純度の高い抵抗皮膜が形成され、抵抗値精度が高く、安定性に優れている。
 抵抗値精度は、一般的に大量に使用される圧膜チップ抵抗器が±0.5−±5%であるのに対して、薄膜チップ抵抗器の場合は、±0.02−±0.5%。
 そのため、用途は高精度で低ノイズを要求する回路で使用され、計測機器や産業機器などに搭載される。また、スマホ、デジカメ、ビデオカメラなどでも、一部の高周波回路をはじめ、映像、音声などの高精度抵抗値、優れた抵抗温度係数を求める回路に用いられる。
 サイズは、定格電力、抵抗値範囲などによって、各種サイズが供給される。最小チップサイズは厚膜チップ抵抗器と同様に0603サイズ、0402サイズ。


電波新聞拾い読み 2015年6月23日