トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年6月19日

電波新聞拾い読み 2015年6月19日

5月白モノ国内出荷額 8カ月ぶりプラス

 日本電機工業会(JEMA)が18日に発表した白モノ家電の5月の国内出荷金額は、前年同月比3.8%像の1754億円と8カ月ぶりのプラスとなった。全国的に気温が高かったことでエアコンや冷蔵庫などが好調に推移した。
 製品別の出荷金額は、エアコンが同7.7%増の670億円と13カ月ぶりのプラス、冷蔵庫は同6.2%像の330億円と8カ月ぶりのプラス。洗濯機は同6.1%減の193億円とマイナス傾向が続いている。


アイオーデータ BD/DVD/CDドライブ

 アイオーデータ機器は、BD/DVD/CDドライブ「BDR-S16PX」(1万5400円)を6月下旬から発売する。
 「BDR-S16PX」は、光ディスクドライブの開発メーカーとして定評あるパイオニア製ドライブを採用。高速駆動に対応した高精度なメカニズムや、共振を抑えるためのスタビライザーを搭載しているため、高レベルの読み取り精度と静音性、記録面への最適な書き込みなどを実現している。
 「オーバースピード書き込み機能」とSATA接続により、1層BD-Rで最大16倍速の書き込み速度を実現。ハイビジョン映像などの大容量データも1層BD-Rなら約9分で書き込みできる。
 「AVCHD」または「HDV」規格対応のハイビジョンビデオカメラで撮影した映像を、ハイビジョンのままブルーレイにたっぷりと残せる。


ヤマハ ドルビーアトモス、ハイレゾ、4K対応のAVアンプ

 ヤマハは、ドルビーアトモス再生やハイレゾ再生、4K映像に対応し、さらに高音質と臨場感のための基本性能を追求したWi-Fi&ブルートゥース内蔵の7.1chネットワークAVアンプ「RX-A850」を8月上旬から、また「RX-V779」を7月中旬から発売する。
 「RX-A850」は、最新の3次元サラウンドフォーマット「ドルビーアトモス」対応デコーダ、新たにDSD5.6MHzとAIFF192kHz/24ビットにも対応したハイレゾ再生機能、HDCP2.2 4K/60p映像対応HDMI端子などの充実した機能を装備。新世代ヤマハオリジナル・ネットワークモジュールなどを採用した高音質設計により、デジタル音源の基本再生能力も向上させた。
 さらに、5.1chスピーカ構成で最大9.1ch相当のシネマDSP再生を可能にするバーチャル・サラウンドバックスピーカ機能など、立体的なサラウンド音場をあらゆるプログラムソースと設置環境で楽しめる。
 価格(税別)はRX-A850が11万円、RX-V779が9万6000円。


電波新聞拾い読み 2015年6月19日