トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年6月10日

電波新聞拾い読み 2015年6月10日

「ケーブルコンベンション/ケーブル技術ショー」開催

 ケーブル業界最大のイベント、「ケーブルコンベンション/ケーブル技術ショー」が10日から始まる。会場は東京・千代田区の東京国際フォーラム、会期は2日間。
 今年はケーブルテレビ開始60周年、東京オリンピック・パラリンピック開催まであと5年の節目になる。4K放送はCSで昨年の試験放送から今年は実用放送へと移り、ケーブルでも年内の実用放送が予定されている。さらにケーブル業界は従来の有線に加え、無線を融合した新しい時代を迎えている。
 こうした状況を踏まえケーブルコンベンションでは主催者やゲストによる各種講習講演やパネル討論を含め、多彩なプログラムが2日間予定されている。
 昨年2日間で9512人が来場した機器展示のケーブル技術ショーでは、4K/8K放送に向けた機器メーカーの取り組み、重要インフラになってきたケーブルテレビ設備の信頼性向上や強靱化、インターネットの高速化に向けた各社の最新製品やソリューションが展示される。


米アップル 30日から音楽聞き放題の新サービス開始

 米アップルは8日、ストリーミング(逐次再生)方式の定額制音楽配信サービス「アップルミュージック」を世界100カ国以上で30日から開始すると発表した。日本でも提供するとみられる。
 新サービスは月額9.99ドル(約1250円)で、3000曲以上が聞き放題となる。スマホ「iPhone」などに保存して再生することも可能。最初の3カ月は無料で試聴できる。
 秋から米グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末でも利用できるようにする。
 新サービスでは、視聴履歴などに応じて利用者の好みにあった楽曲リストを表示。iPhoneなどの音声認識機能を使い、音声入力で曲を探すこともできる。


国内移動電話出荷 4カ月ぶりマイナス

 JEITAとCIAJは9日、4月の国内移動電話(携帯電話と公衆用PHS)出荷実績を発表した。出荷台数は前年同月比7.2%減の100万9000台。冬春モデルの出荷が一段落したことで、4カ月ぶりに前年同月実績を下回った。
 このうち、スマホの出荷台数は40万2000台。消費増税後の需要減などで大幅に落ち込んだ前年同月の4.5倍となった。前年比プラスはこれで4カ月連続。移動電話出荷全体に占めるスマホの比率は39.8%。


用語解説 リジッド・フレックス基板

 リジッド・フレックス基板は、硬質のリジッド基板と曲げられるフレキシブル基板(FPC)を一体化した配線板。
 ガラスエポキシ銅張積層板などの硬い材質のリジッド部と曲げ、ねじれなどが可能な部分にはポリイミドフィルムなどを使用したフレキシブル基板を用い、スルーホールで、リジッド部とフレキシブル部の電気的的導通を行う構造。
 リジッド部は一般的なリジッド基板と同等の剛性を持っており、ICや受動部品を実装。フレキシブル部はFPCと同様の屈曲性を持ち、コネクタの役割を果たすことから、電子機器の内部に3次元的に組み込むことができる。
 特徴は、柔軟なフレキシブル部を利用して狭い箇所でも組み込めるほか、コネクタを使用しなくて済むため、軽量になる − など。
 用途はスマホ、デジカメ、ビデオカメラ、HDDなど、特に小型、薄型の携帯機器内部に効率良く組み込まれる。例えば、折り畳み式携帯電話では、液晶パネル部とスイッチ部にリジッド基板、2つを接続するヒンジ部にFPCを使う。


電波新聞拾い読み 2015年6月10日