トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年4月30日

電波新聞拾い読み 2015年4月30日

NTTドコモ 15年3月期連結決算

 NTTドコモの15年3月期連結決算は、端末機器の販売や「dビデオ」などの新しいサービス「スマートライフ事業」が好調だったものの、割引料金プランの影響で売上高は前年比1.7%減の4兆3884億円となった。
 営業利益は営業費用がかさばり同22%減の6390億7100万円、税引前純利益は同22.7%減の6438億8300万円、最終純利益は同11.8%減の4100億9300万円。2期連続の減収減益。


LG 曲面有機ELテレビを日本市場に初投入

 LGエレクトロニクス・ジャパンは、55型の曲面型有機ELテレビ「55EG9600」を5月8日に発売する。市場想定価格(税別)は62万8800円前後。
 国内初投入となる新製品はバックライトを使用せず、自発光する有機EL素材を使用したディスプレイを搭載した。無色無光による完全な「黒」の再現、再現できなかった色域をカバー、映像応答速度の大幅な向上などが特徴となる。
 隅々まで映像の魅力が伝わるように、自由に形状を変えられる有機ELの特性を生かした曲面ディスプレイを採用した。


ASUS ブルーライト軽減液晶ディスプレイ

 ASUSはフレームレスデザインの27型フルHD液晶ディスプレイ「VX279H-J」と、23型フルHD液晶ディスプレイ「VX239H-J」の2製品を、日本市場向けに30日から販売を開始する。
 2製品とも画面を長時間見続けていても目が疲れにくい「ASUSEyeCare」技術を搭載。同技術はブルーライトを軽減する機能と、フリッカー(チラツキ)をなくすフリッカーフリー技術を統合した。
 目の疲れや肩こりの原因になるといわれているブルーライトを大幅に抑えることができ、目の疲労の原因になるといわれているフリッカーをなくすことができる。
 独自のコントラスト拡張技術を搭載することで、液晶パネル自体のスペックを超える高いコントラスト表現を可能にした。


用語解説 Android(アンドロイド)

 スマホやタブレットなどのモバイル端末向けのOS(基本ソフト)やミドルウエアをまとめたプラットフォームのこと。07年にグーグルが発表した。無償で誰でも利用できるオープンソースソフトウエア(OSS)でLinuxをベースに作られている。
 これまで携帯電話などのOSには、マイクロソフトのウインドウズモバイルや、フィンランド・ノキアのシンビアンOS、アップルのiOS、米クアルコムのBREWなど、端末やソフトのベンダーが開発したものを使っていた。
 アンドロイドは、グーグルやクアルコム、T-モバイルなどが中心となり設立したOHAという規格団体により発表された。現在は欧米をはじめ、日本メーカー、韓国メーカーなど30社以上が加盟している。
 オープンソースであることから、誰もが開発に携わりプログラムの開発などができるため、開発と機能強化のスピードが速まるうえ、開発コストも抑えられる。現在はアンドロイドOSを搭載した端末が多数発売されている。


電波新聞拾い読み 2015年4月30日